【要確認】アメックスの審査はどれくらい厳しいのかイメージしてみる

カードを活用するための知識
この記事は約6分で読めます。

クレジットカードの中でもちょっとハードルが高いイメージのアメックス。

「アメックスは審査も厳しいのかな?」と身構えてしまいそうですが、実際のところはどうなんでしょうか。


アメックスの審査基準は「非公開」なので詳しい内容を知ることはできません。

しかし、ある程度の予想といいますか、カードを作るならクリアしておくべき前提条件はあります。


今回はアメックスを申し込む前にチェックしておきたい「前提条件」をいくつか示しておきたいと思います。


アメックスの審査基準は外部の人間にはわかりません。


この記事に書いてある「前提条件」は一般的な銀行カードローンの審査基準に近い内容です。

アメックスの審査基準はわかりませんが、銀行カードローンは信販系よりも審査が厳しめと言われています。


なので銀行カードローンの審査基準を参考にしておけば、アメックスの審査を通過できるかどうかをイメージしやすくなりますよね!

では、さっそく審査基準を確認してみましょう。

スポンサーリンク

年齢や年収に関する基準

カードを申し込む際には年齢や年収が一定の水準に達している必要があります。

未達の場合は申し込んでも「門前払い」になってしまうことが想定されます。


アメックス申込時の年齢に関する基準

年齢に関しては、未成年者は申込不可になっています。

未成年者が行った契約行為は親権者により取消されることもあるため、ローン契約は不可になっていることがほとんどです。


一部のクレジットカードでは親の同意を得ることや親を保証人とすることでカード発行してくれることもあります。


「申込可能な年齢」は公式HPに明確にされている場合がほとんどなので、確認してみましょう。


アメックスの場合は20歳以上と明記されています。


アメックス申込時の年収に関する基準

銀行カードローンなら年収基準について「年収150万円以上」とか「安定した収入がある」など表示がされていることが多いですね。


年収が少なければ少ないほど、審査は難しくなる傾向です。

では、どうして年収が低いと審査が難しくなるのでしょうか。


それは、返済金や分割払いなどの支払が年収に対して高額になりがちで審査基準をオーバーしてしまうからです。


一般的に年収に対して返済金が占める割合は少ないほうがいいと考えられます。

毎月10万円の支払いがある場合、年収1000万円なら年収に対する返済金の割合は12%です。

年収200万円なら年収に対する返済金の割合は60%です。


返済金の負担が大きいと日常生活に必要なお金が不足してしまう恐れがあります。

また、お金がうまく回らなくなると返済や支払が遅れる可能性が高くなりそうですよね。


返済中のローンや高額なカード利用がない状態なら問題ないかもしれません。

しかし、安定収入があったとしても年収200万円程度では「少しリスクが高そう」と判定される可能性が高いと思われます。


アメックス公式HPには年収基準を明記していませんが、他のクレジットカードや銀行ローンの利用を考慮すれば少なくとも300万円から400万円の年収が必要と思われます。


スポンサーリンク

アメックスはブラックでも通るのか

アメックスをどうしても作りたいって人もいると思います。

もしかしたら、返済が遅れてしまって「ブラック」になっている人もいるかもしれませんね。


過去に返済日を忘れてしまったり、入金のお願いを無視してしまうと「ブラック」になってしまいます。

自分ではわかっていなくても、知らないうちに「ブラック」になっていることもありますから十分注意が必要です。


一部のサイトでは「アメックスはブラックでも作りやすいカード」であるかのような情報も流れています。

実際のところはどうなのでしょう。


わたしの感覚では「アメックスはブラックでも作りやすいカード」だとは思いません。

返済能力に自信がない状態で申し込むべきではないと思います。


一般的な銀行カードローンは「ブラック」の人に融資枠を用意したりしません。

もし銀行カードローンの審査に通過したとしても、「利用可能な限度額が少ない」とか「金利が高い」などの違いが生じます。


審査に通るかどうかは申込した人の信用度合いによって決まります。

信用度合いが大事だというのは銀行カードローンでもクレジットカードでも基本的に同じ事ですから、「ブラックの人=信用度が低い」と見なされて厳しい審査となることは確実です。


ブラックになっている人は「正常にお金を支払うことができなかった人」と認識されているので、基本的にローンを利用できないと考えておくほうがいいでしょう。


約束を守らなかった人は一定期間はお金を借りれなかったり、クレジットカードを作れなかったりするのは仕方のないことです。

たとえブラックではなくても「毎月のように返済が遅れている人」も望みは薄いでしょうね。


たまたま審査に通過する人もいるかもしれませんが、それは幸運だと思います。

基本的に審査に通る可能性は低いと想定しておくことをオススメします。


アメックスの審査が特別に厳しいと考えるのは間違い

アメックスのカードは付帯サービスが充実しているかわりに年会費も高額です。

使い方によって大きなメリットを生み出してくれる可能性も高いので、作ってみたいと考える人も多い人気カードです。


ブランドイメージのせいか「アメックスはハードルが高い」と思っている人もいます。

しかし、実際のところアメックスは「普段使いに最適なカード」です。


ある程度の年収と正常な返済履歴があれば十分審査に通過できるカードと考えておいて問題ありません。

正社員として勤続して安定した年収(400万円程度)がある人なら、手が届くカードなのです。


一方で、「安定収入があれば返済が遅れてたことがあっても楽勝で審査に通る」と考えるのは間違いです。


自分のお金を誰かに貸すことを想像してみてください。

お金を貸す相手の収入は多いほうが安心ですよね。

お金を貸す相手の職業は手堅いほうが安心ですよね。

お金を貸す相手は支払いが遅れたことがないほうが安心ですよね。


逆に収入が少なく支払の遅れが目立つ人は安心できませんよね。


わりと単純です。

ちゃんと支払ができる人だと証明できる属性や取引の履歴があればいいのです。


アメックスの審査が特別難しいわけでもありませんし、特別易しいわけでもありません。

「この人は約束を守って支払ができる人」と思ってもらえるかどうかです。


アメックスの審査基準が表に出ることはありません。

他の人が審査に通過したから大丈夫ということも言えませんが、他の人が審査に落ちたからダメということも言えません。


自分自身の属性や取引履歴を他の人と完全に比較することなんてできないですよね。


今回のお話で取り上げた「年齢・年収・返済履歴」はとても大事な要素であることを理解しておくことをオススメします。


クレジットカードも「融資の審査」とあまり変わらない基準で審査されていると想定しておくと合否のラインも見えてきますよ。