【参考】こんな人はアメックスを持ってはいけない【長く愛用するために】

カードを活用するための知識
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、じゅの(@platinum_2015)です。

アメックスを愛用しております。

年会費を払いつつ、十分な恩恵を受けているので維持。

何枚もカードを使いこなすのは大変なので、無難なアメックスプロパーがいいです。


アメックスのサービスを維持向上していくためには、正しくカードを利用する優良な顧客が増えていくことが望ましいと常々感じています。

なにもわたしが心配することないんですが、最近はその時だけ得すればいいという発想の人も多いのであえてアメックスを持ってはいけない人のイメージを書いておこうと思います。


完全に自分が使っているアメックスのサービスを守っていくための記事です。


お金にルーズな人はアメックスを持ってはいけない

アメックスがお金持ちカードというのは完全に幻想です。

しかし、お金にルーズな人にオススメするようカードではありません。

ローンをたくさん抱えていたり、返済が遅れたり、いつもお金がギリギリな暮らしをしているならアメックスを持とうと考えないほうがいいでしょう。


支払い能力がない人はアメックスを持ってはいけない

一部のサイトではアメックスが過去の返済異常を重視しないとか、紹介なら審査も優遇されるという情報が出回っています。

それは事実なのかもしれませんし、恩恵を受けている人もいるかも。

しかし、わたしは「過去の返済に異常があった人」や「入会審査で優遇を受けないと難しい状態の人」にアメックスを持ってほしいとは思っていません。


アメックスもカード会社としての経営があるわけですから、場合によっては返済能力が乏しい人にもカードを発行するかもしれません。

しかし、原則は「ちゃんと返済できる人」でないとカード発行されませんし、発行すべきではありません。

返済が遅れたことのある人やブラックの人でも審査に通過することがあるかもしれませんが、それはあくまで特例です。


「特例」はリスクです。

特例を乱発してカード発行すれば、アメックスの利用者にリスクの高い人が増えていきます。


リスクの高い人が増えれば、また返済が遅れるかもしれません。

リスクの高い人は破綻することだってあります。


そういう人ならリボ払いも限度額ギリギリまで使ってくれそうですが、いつまで経っても返せるはずがありません。短期的には高金利を払ってくれるかもしれませんが、いずれ行き詰まることが明らかです。

顧客の支払いが息詰まれば代位弁済などの手続きで回収するでしょう。

しかし、代位弁済になった場合は回収に無駄なコストを費やすことになりますし保証収支も悪化するでしょう。


そうした事態が積み重なれば、アメックスを長く愛用している人たちへの十分なサービスも維持できなくなるおそれだってあります。

「アメックスホルダーになったけど、返済日に残高不足でした。」ってなる人は違うカードを持っていただいて、アメックスがリスクの高い顧客を抱えることがないようにしたいものです。


すぐ解約する人はアメックスを持ってはいけない

カードをいつ解約しても利用者の自由ですが、年会費無料の期間が終わると即解約って人も多いみたいです。

まぁそれぞれの自由なので、どうしようもないですが。

それってアメックスにとってはうれしくないですよね。ということは、既存利用者にとっても好ましくないはず。


アメックスは「ポイント発生装置」じゃない

入会した時はボーナスポイントが大量にもらえるので、とてもお得なアメックス。

しかし、ポイントだけ稼いで解約する人も多いようです。


アメックスって年会費高いし、ポイント還元も改悪されてるしって思われてるかもしれません。

その通りだと思います。

しかし、わたしはこう思います。

  • アメックスは年会費が高いので何年も継続することが難しい
  • ポイント還元率はどんなカードでも改悪との戦い

日本は先進国なので、わりと年収が低い世帯でも国際標準で考えればお金持ちです。

新入社員でもアメックスが作れるのは、日本が豊かな国だからです。

でも、日本人の暮らしが豊かなのかというと疑問です。

生活費もそれなりに高いのでアメックスの年会費を払い続けるのは割と大変です。


不景気に慣れている日本人は節約志向が強いので、ポイント集めることに一生懸命になる人もいます。

そして還元率が悪化すれば不満がでます。

わたしも改悪は嫌ですが、カード会社も損してまで還元してくれるとは思っていません。

カード会社が赤字垂れ流しで還元して、つぶれてしまったら意味がありませんよね。


この辺りをよく理解したうえで、アメックスの提供するサービスに魅力を感じて長く利用し続けることができる人が優良な顧客といえる気がします。

瞬間的にポイントを稼いですぐ解約する人が増えてしまうと、長く利用している人も寂しい気持ちになっちゃいます。

なので、アメックスのキャンペーンを利用して入会したらある程度じっくりとアメックスを持ち続けてくれたほうがいいのです。


「アメックス=お金持ちカード」ではない

たまにアメックスのステータスのみを語る人がいます。

しかし、アメックスは誰でも持てるカードです。

プラチナ・カードやセンチュリオン・カードになると一定の財力がないと持つことができませんが、ゴールドまでなら基本的に大丈夫です。


「アメックス=お金持ちカード」というブランド戦略

アメックスがお金持ちカードと思われているのは、アメックスが昔からそういうブランディングをしてきたからです。

付帯サービスも世界を旅する人にとって魅力的な内容が多く、キラキラと輝いて見えます。


アメックスがあればストレスフリーな生活が待っているように思うかもしれませんが、実際はアメックスを持っても生活は何一つ変わりません。

海外旅行に出かけない人にとっては、アメックスの付帯サービスが「無駄」に感じることもあります。


海外での優雅な旅行の想像をかきたてられると、そんな生活に憧れを持つでしょう。

わたしはアメックスに特別なイメージをもっていました。

しかし、日常生活で使うだけなら「普通のカード」です。

アメックスで支払っても厚遇されるわけもなく、毎日特別扱いされるわけでもありません。


アメックスは「使いこなせる人」が長く愛用するべきカード

アメックスは日常生活では至って普通のカードですが、それなりにお金を使って旅行する場合には威力を発揮します。


デスクに依頼して旅を手配してもらえば、要望に沿って最善策を教えてくれます。

デスクへの要望や対応の履歴はしっかり記録されているので、長く愛用していれば好みを把握してくれて意思疎通もスムーズになります。

さらにアメックスの優待を駆使してプランを組み立ててくれるので内容は優れています。

しかし、それなりに高額な旅費が必要になります。


問題は、高額な旅費を払えるかどうかです。

アメックスのサービスを使い倒すには、キャッシュをわりと贅沢に使える状態でないと厳しいのです。


アメックスは基本的に旅行に特化したカードが中心。

まったくお金を使わずに贅沢できるカードではないので、お金の使い方がアメックスの世界観とマッチする人でないと愛用するのは難しいでしょう。

もし、ライフスタイルがマッチしないなら最初からアメックスを持たないほうがいいと思います。


返済力もあり、アメックスの特性がライフスタイルにマッチし、長く愛用できるカードだと思えるなら申し込んでみるといいでしょう。

審査はそんなに恐れるほどのものではありません。

審査基準については詳しく書いた記事を参考するとわかりやすいと思います。

特別にお金持ちでなくてもOKですが、なんでもOKではありません。

お金にルーズでなければ、おそらく通過するレベルの審査だと思います。


アメックスが良いサービスを提供し続けることができるよう、数多くの特典や素晴らしい顧客対応に満足を感じながら末永く利用する会員が増えてほしいと願っています。