【解説】 アメックス・ゴールドの基本スペックと利用価値の判断ポイント

カードを活用するための知識
この記事は約10分で読めます。

どうもこんにちは、ラボCreです!

前回はアメックス・グリーンのメリット・デメリットを簡単に解説しましたが、今回はアメックス・ゴールドのメリットとデメリットを「非常に省略して」書かせていただこうと思います。


アメリカンエキスプレスといえば輝くゴールドカードをイメージする人も多いと思いますが、年会費と付帯特典のバランスも知っておきたいところです。

アメックス・グリーンよりもワンランク上のカードという位置づけですが、実際の利用価値について検証してみます。

ではでは、よろしくお願い致します!

スポンサーリンク

アメックス・ゴールドの基本スペック

まず簡単にアメックス・ゴールドのスペックを確認しておきましょう。

カードブランド: アメリカンエキスプレス

ポイント還元:100円で1ポイント

年会費:31,900円(税込)


アメックス・ゴールド、実は日本で「初めて」発行されたゴールドカードです。

バブル期には大人気なカードだったようで、アメックス・ゴールドを持っているだけでステータスでした。

かつてのステータスを強調したCM戦略のためか、今でも人気のあるカードです。


クレジットカードが好きな人やアメリカンエキスプレスに憧れを持っている人なら、アメックス・ゴールドを持ちたいと考える人が多いと思います。

ちなみに、日本で初めてクレジットカードを発行したのはダイナースクラブ です。


アメックス・ゴールドには多くの特典が付帯されていますが年会費も高額。

利用価値があるのか気になるところです。

ここからはアメックス・ゴールドの特典の中で「私が強く勧めたい代表的な特典」をピックアップしていきます。


正直な所、「ほぼアメックス・グリーンと変わらない」というのが本音です。


①同伴者1名を含めて利用できる空港ラウンジ

空港ラウンジを利用する際の特典はアメックス・グリーンにも付帯されているアメリカンエキスプレスの基本的な特典です。

カード会員本人だけでなく同伴者1名も無料で空港ラウンジにアクセスできます。


アメックス・ゴールドの場合、家族カード会員も同伴者1名無料となります。

本人会員と家族カード会員がそれぞれ1名ずつ同伴者を伴ってラウンジを利用できるので、4人家族なら全員がラウンジに入れるということです。


通常なら1人あたり1,000円から3,000円程度の使用料が必要な空港ラウンジ。

それが無料なので利用価値が高い特典です。


②手荷物宅配サービス

海外旅行に出発時と帰国時に無料でスーツケース1個を送ることができます。

対象空港は次の4つです。

  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 羽田空港(第3ターミナル)

海外旅行時の荷物は大きくなりがちですが、スーツケース1個を無料で宅配できるならストレスも軽減できます。

ここ最近は宅配料金も上昇傾向なので、利用価値は十分にある特典です。


③充実な旅行保険

国内外の旅行で最大1億円の保険が付帯されます。

アメリカンエキスプレスでの決済が必要な「利用付帯」ですが、旅行・エンターテインメントに重点を置いたカードらしく補償額は高めに設定されています。


ここまでの3つはアメックス・グリーンの特典とほぼ同じですが、以後はアメックス・ゴールドから付帯されている特典を挙げていきます。


④プライオリティパス

アメックス・グリーンでも一応プライオリティパスは付いています。

しかし、アメックス・グリーンの場合は利用する度に約3,000円円程度の使用料金が必要なタイプなので、お得度が高いとは言えません。


アメックス・ゴールドなら年2回まで無料で利用するタイプのプライオリティパスが付帯されています。

年1回の海外旅行ならアメックス・ゴールドに付帯されたプライオリティパスで十分です。


⑤京都特別観光ラウンジ

こちらは京都に存在する高台寺にあるアメリカンエキスプレスのラウンジです。

現在は新型コロナ感染対策で制限がありますが、休憩をするにはとても良い場所です。 


⑥ゴールド・ダイニングby 招待日和

国内外の提携レストランを2名以上で利用すれば1名分の料金が無料になります。

コースはあらかじめ決められているので、個別に要望することはできません。


2名で利用すれば通常価格の半額程度で食事ができるので、とてもお得に思えます。

しかし、コースの内容次第ではあまりお得度を感じないこともあるようなので過度な期待は禁物です。

また、事前予約のルールもありますから利用時には注意が必要です。


⑦家族カード1枚が無料発行できる

アメックス・グリーンの場合でも家族カードを発行することができますが、家族カードの年会費が別途必要です。

一般的に家族カードは本会員の半額程度の年会費が必要なので、地味に大きな負担になります。


ところが、アメックス・ゴールドなら家族カードを1枚のみ年会費無料で発行可能。

家族カード会員は付帯特典の多くを本会員と同様に利用できるので、かなりお得と言えます。


アメックス・ゴールドを保有する「デメリット」

アメックス・ゴールドは豪華な特典を備えたカードとして認知されていますが、完璧なカードではありません。

ここからはアメックス・ゴールドのメリットとデメリットを確認しておきたいと思います。


まずはデメリットです。


①活用するには年間維持費は35,200円必要

アメックス・ゴールドのポイント還元を最大限活用するためにはアメックス・グリーンと同様に、メンバーシップ・リワード・プラスに加入する必要があります。

通常、 アメックス・ゴールドのポイント還元100円で1ポイントです。


ポイントの有効期限は3年です。

ポイントの有効期限は無期限化することも可能。

1度でもポイントを何かに交換すれば有効期限は無期限になります。

また、リワード・プラスに加入するとポイント有効期限は無くなり、ポイントの還元率などが上がります。


ポイントを最大限活用するためには、メンバーシップ・リワード・プラスの加入は必要不可欠です。


私も強く加入をオススメしますが、メンバーシップ・リワード・プラスに加入する場合は年間3,300円必要となる為・・・結局年間維持費は35,200円となってしまいます。


②ANAマイルへの移行は手数料必要で移行上限あり

アメリカンエキスプレスのポイントを上手に使うには「ANAマイルへの移行」が最適と言われています。

ここにもリワード・プラスが絡んでくるのですが、見ての通りです。


移行手数料を先ほどの年会費に加えると・・・年間維持費は40,700円になります。


メンバーシップ・リワード・プラスやメンバーシップ・リワード・ANAコースはポイントを移行するときに加入していれば問題ありません。

数年かけて40,000ポイントを貯めてマイルに移行する予定であれば、移行する年だけ加入しておけばランニングコストを大きく抑制することができます。


③使っても損が多いかもしれない

初めてのカードがアメックス・ゴールドというのは良い選択肢ですし、憧れを持つ人も多いカードです。

 しかし、ポイント・リワードプラスやANAマイルへの移行手数料やマイルの移行上限を考えると・・・


正直なところ、「年会費分を取り戻せるかなぁ?」と疑問に思ってしまうカードですね。 


アメックス・グリーンとの単純比較では「年会費」が大きく違うだけで、アメックス・ゴールドのコスパが悪く見えてしまうのも仕方ありません。


さて、ここまでがデメリットとして紹介しましたが・・・ 

今回は本当にデメリットなんです。 


スポンサーリンク

アメックス・ゴールドを保有する「メリット」

アメックス・グリーンの場合はデメリットの部分も「カードを使いこなせれば非常にお得なカードになる」のですが、アメックス・ゴールドに関しては「トントン」ぐらいかもしれません。


なので、このデメリットも頭に入れて今度はメリットを読んでみてください。


①Amazon、Yahooなどでポイント3倍

先ほどのデメリットで説明したリワード・プラス。加入をすれば以下のサイトでの購入でポイントは100円が3ポイントになります。



赤文字になっていますが、Amazonでもポイントは3倍になります。


昨今は自粛自粛でオンラインショッピングが更に盛んになっていますね。AmazonやYahooにお世話になっている方は結構いらっしゃるのではないかと思います。

多用される方にはオススメなサービスだと思います。


②ポイントを駆使すれば「タダ旅行」も可能

先ほども書いたようにリワード・プラスに加入すればポイントの還元率は上がります。



その中でも特に還元率が良くなるものを見ていただきたいのですが、航空会社(ANAやJAL)から直接チケットを買った場合と「アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン」でも1ポイントが1円で使えます。


リワード・プラスを活用すればアメリカンエキスプレスのポイントは高速で貯まります。

ANAマイルを意識して40,000ポイントまで頑張って貯めなくても活用次第では良いホテルにポイントだけで泊まれます。


もし、仮に40,000マイルを超えた場合はANAマイルに変えて特典航空券に変更し、残ったポイントでホテルに宿泊するというのを使えばタダで泊まれますよね。

「そこまでのポイントなんて貯められないよ!」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、新規入会ポイントなどがありますので結構簡単に手が届きます。

(ここまではアメックス・グリーンと同じです。)


ですが、アメックス・グリーンにはなくてアメックス・ゴールドにあるもの、それは家族カードを1枚年会費無料で持つことが出来るということです。


夫婦でアメックス・ゴールドの本会員と家族カード会員になり、日常の決済に活用することで効率的にポイントを集めることができますよね!


③グルメ特典を活用して年会費回収

ゴールド・ダイニング by 招待日和は2名以上で1名分の食事代が無料になる特典です。

1名1万円のお料理を2名で予約すれば、会計は1名分の1万円で済むという太っ腹なサービス。

上手に使えば半額でおいしい料理を楽しめるという夢のような特典です。


レストランで食事を楽しむ機会が多ければ、お得額はどんどん膨らんでいきます。

1万円のお得を4回繰り返せば、アメックス・ゴールドの年会費とメンバーシップ・リワード・プラス、そしてメンバーシップ・リワード・ANAコースの費用をすべてまかなうことができます。


地方では利用可能な店舗が少ないので使い倒すのは難しいかもしれませんが、お出かけのついでに利用するのもアリです。


アメックス・グリーンには付帯されていない特典なので、機会を見つけて積極的に利用したいですね。


④クレカ好き、クレカを知らない人でも心惹かれるカード

アメックス・ゴールドは伝統と歴史のあるゴールドカードです。

ちなみに、女性へのアンケートでは「男性が持っていたらカッコいいゴールドカード」として常に人気のあるカード。


 私も様々な人にアメリカンエキスプレスについて色々伺いましたが、多くの人が「憧れのゴールドカード」という御意見を沢山頂きました。


以上でアメックス・ゴールドの紹介は終了!

やはりなんですが、アメックス・ゴールドは「使いこなすのが難しいカード」だと思います。

年会費を考えると、他にも同レベルの年会費のゴールドカードと比較すると「積極的にお勧めするのは難しいのかな?」と思ってしまうのが私です。


が、それでも多くの人が強く憧れるカードである事は間違いありません。

もし「もう一声があればなぁ」と思う方がいましたら、こちらのアメックス・ゴールドはいかがですか?


こちらはホテルのザ・ペニンシュラ東京と提携して発行されるゴールドカードです。

年会費は通常のアメックス・ゴールドと変わらないのですが、提携カードという事でペニンシュラでの手厚い優待があります。


これらのペニンシュラでの優待に加えて先に紹介したゴールドの特典を使えるのであれば、私個人はこちらをお勧めしたいと思っております。


ですが、ペニンシュラは国内では東京にしかありませんので、そこがデメリットかもしれませんね。

今回の記事はここまでにさせて頂きます!また会う日までー!!