アメックスプラチナの「NOと言わないコンシェルジュ」の実態

カードを活用するための知識
この記事は約8分で読めます。

アメックスプラチナカードは、使いきれないほどのベネフィットを備えたカードです。

アメックスプラチナカードホルダーのさまざまな要望に24時間対応してくれるコンシェルジュは「NOと言わない」とウワサされるほど頼りになる存在です。

 

年会費13万+消費税という庶民には高すぎる年会費ですが、コンシェルジュデスクを活用するだけで圧倒的なお得感が生まれるに違いありません。

 

何しろアメックス・ゴールドでは味わえない別格の24時間有人の電話対応ですからね。

今回はアメックスプラチナコンシェルジュがどんな形でメンバーの要望に「NOと言わない」のかをご紹介しておきたいと思います。

アメックスプラチナコンシェルジュはたまにNOと言う

アメックスプラチナコンシェルジュについて、誤解がないようにはっきり言っておきます。

 

「できないことはどうやってもできません。」

 

プラチナカード会員なら電話一本で富士山を買うことができたり、するわけがありません。

プラチナカード会員なら電話一本でパークハイアットホテルを今すぐ貸切、できるわけありません。

 

プラチナコンシェルジュは、アメリカンエキスプレスが提携する各種サービスの中から顧客のニーズに合わせて最適な提案をしてくれるんです。

 

プラチナカード会員が荒唐無稽な無理難題を言っても対応できないのは当然です。

アメックスプラチナコンシェルジュデスクはホテルや航空会社との提携プログラムを活用し、会員の要望を実現するための最善の提案を考えてくれます。

 

コンシェルジュと頻繁に意思疎通を行いながら自分の好みをシッカリと伝えることができていれば、提案される内容もアレンジが加えられるようになり驚きと満足を得られるようになります。

もちろん、それだけの対応をしてもらうには頻繁にコンシェルジュを活用する必要があります。

当然ですが、たくさんお金を使わないといけないってことですね。

 

海外旅行だけでなく国内旅行やちょっとした食事会など、いろんな場面でコンタクトを取っていけば「全知全能ではないけれど、神様ほどありがたい存在」になるのです。

スポンサーリンク

居酒屋も二次会も新幹線自由席も予約はコンシェルジュに依頼

プラチナコンシェルジュへのお願いだからと言って、堅苦しく捉えないほうがいいんです。

 

高級ホテルでのディナー予約じゃなくてもいいんです。

ビジネスホテルのシングルルームの予約でもいいんです。

新幹線の自由席だっていいんです。

飛行機も特便でいいんです。

 

アメックスだから高級なところで使わないといけないって決まりなんかありません。

 

普段の暮らしの中で活用できる場面があればどんどん使っていきましょう。

サービスはしっかり使ったもの勝ちですからね。

 

私は恥じらいもなくカジュアルなお食事会の予約(=居酒屋)をお願いしています。

飛行機は特便普通席の手配をお願いしています。

 

別に何にも言われませんから、大丈夫ですよ。

 

二次会したいから泡草ビューホテルのバーを予約

私が東京で中国地方の方と食事をしていたときのこと。

その日の食事会にはなかなか東京に出てくることのない方も何人かいました。「東京らしさ」を感じてもらえる場所で二次会できたらいいぁということで、アメックスプラチナコンシェルジュに電話してみました。

 

夜8時過ぎ。平日とはいえ、いい時間帯です。

 

コンシェルジュデスクには、「30分後にスカイツリーの見えるバーに6名で行きたい!!」とリクエスト。

 

食事会は上野だったので、こちらも錦糸町か浅草のホテルで想定しています。

 

コンシェルジュデスクからは「浅草ビューホテルならお近くでご移動も早いかと」と即答。

そして、空席を確認してもらうことに。

 

電話をつないだまま別回線でホテルに確認してくれます。

コンシェルジュとホテルのお話が済めば、「お席をお取りできます。眺めの良いお席をリクエストしておきます。」との返事がきます。

 

その日はそのまま浅草ビューホテルに向かいバーでゆったり。

浅草ビューホテルは浅草寺とスカイツリーを同時に見れる立地で、同行者も大喜びでした。

 

別の飲み会ではANAインターコンチネンタルのバーを予約

この時は二次会の場所を「ANAインターコンチネンタルホテルのバーで」との希望があり、予約のみお願いすることに。

 

自分で電話するよりも、時間のある時に予めデスクに依頼しておくと楽なんですよね。

ホテル側の時間に合わせて自分で連絡するよりも、コンシェルジュに希望を細かく伝えておくほうが話が簡単です。

 

プラチナコンシェルジュデスクには「ANAインターコンチネンタルホテルのバーに5名で午後9時ごろ行きたい」と伝え、「可能なら景色の良い席を」とリクエスト。

 

しばらくして、「午後9時から5名様でお取りできました。お席のリクエストもお伝えしております。」との連絡。

 

ホテルに行ってみると眺望の良い窓近くのボックス席を用意してくれていました。

同行の女性たちも高層階から見える東京の夜景にご満悦の様子。当然のようにお酒も進む進む。

会計は、まぁそれなりに素敵なものになりました。。。

 

コンシェルジュに依頼する最大のメリット

プラチナコンシェルジュは旅行や食事の手配、プレゼントの手配などいろんな場面でカードホルダーに代わって動いてくれる存在です。

 

全知全能ではないので限界はありますが、無理難題を解決するために存在しているわけではないので節度を持って活用したいものです。

プラチナコンシェルジュにお願いすればホテルのアップグレードなどちょっとした特典も付いてきたりしますが、最大のメリットは「自分でやらなくていい」ってことだと思います。

 

忙しく飛び回るビジネスマンやエグゼクティブにとってはとてもありがたいサービスですよね。

 

調べたり予約する時間や手間を丸投げできるのが最高にいい

プラチナカード会員は「自分で予約しなくてもいい」のです。

 

お店の営業時間に合わせて自分で電話をかけるのって、ストレスじゃないですか??

最近はネット予約も出てきましたが、複数のお店を比較して自分で連絡して予約をするのって地味に時間のかかる作業でした。

 

仕事してる人だとなおさらです。

 

コンシェルジュを活用すれば、昼休憩に希望のお店や来店日時・人数・予算を伝え、予約をお願いしておくだけです。

 

人気店で予約がとりにくい場合には、第2候補を伝えておいてもいいでしょう。

 

お店に電話がつながるまで、コンシェルジュがあなたの代わりにスピーディーに対応してくれます。予約結果はあとから電話やメールで教えてくれるようにしておけば、時間に縛られることも少なくなりますよね。

スポンサーリンク

 

時間を節約するのは「お金持ちの思考」

自分自身の年収を時給換算したことありますか??

 

ちょっとしたお店の予約に貴重な時間が延べ1時間かかったら、プラチナコンシェルジュに依頼するほうが低コストだったかもしれません。

 

アメックスを活用する人は合理的な発想でお金を使います。

 

自分の時間は自分の暮らしを豊かにするために使うのです。誰かに代わってもらえる細かい仕事は、遠慮なく代わってもらえばいいのです。

もちろん正当な対価を払わないといけませんが。

 

自分の時間当たりの稼ぎと比べて、代わりに対応してもらうためのコストが圧倒的に低ければ喜んで払うでしょう。

プラチナコンシェルジュは1日385円です。

 

こんな金額で秘書代わりの優秀なコンシェルジュが24時間サポートしてくれるって安くないですか??

家族カードを最大4枚作ればさらに割安じゃないですか??

こういう魅力的なサービスをしっかり使って自分自身の時間を大切に使えたら最高ですね。

 

まとめ

アメックスプラチナコンシェルジュは会員の要望を最大限かなえようと努力してくれます。

しかし、こちらの要望を叶えられないこともあります。

 

要望が叶わない場合は、可能な限りの代替案を出してくれます。

 

希望のレストランが予約できなかった場合、近隣で評判の違うレストランを探してくれたりします。

ホテルが満室で確保できなかった場合も、近隣で同ランクのホテルを複数探して空室確認までしてくれます。

単なる「できません」では終わらないのがアメックスプラチナコンシェルジュです。

常に顧客の要望に耳を傾け、最大限期待に応えようとするのがアメックスです。

 

日ごろからコンシェルジュデスクとコミュニケーションを図り、好みを伝えていけば自然に自分の思い描くような提案をアメックスから出してきてくれるようになります。

 

信頼関係を作り、積み上げ、磨き上げる感じですね。

そして、だんだんと「NOと言わない」対応になってくるのです。

 

アメックスプラチナカードは招待制のカードなので、いきなり作るのは困難です。

しかし、アメックス・グリーンやアメックス・ゴールドを使いながらアメックスの独特なサービスを知れば、自分自身のライフスタイルや考え方も変わっていくことでしょう。

 

そしていつか、アメックスプラチナカードのインビテーションが届いたとき、迷わず申し込む人物になっているような気がします。