アメックスは使えないところが多いというのは本当か

カードを活用するための知識
この記事は約6分で読めます。

現金で支払う習慣が根強い日本でも徐々にカード決済が中心となっていくんじゃないかと思ってますが、どうなんでしょう。

 

カード決済の弱点もあったりしますが、平常時には現金を扱うよりも早く安全で確実な決済方法ですからね。

ちょっと前までクレジットカードが使えなかった店も、いつの間にかカード決済ができるようになっていたりします。

 

これからは現金を有事の備えとして持っておきながら、平時はカード決済で暮らすのが当たり前になりそうな予感がします。

小さなお店でも簡単にカード決済を導入可能な仕組みもありますしね。

 

アメックスユーザーにとっても使えるお店が増えるのはうれしいことですが、今でも「アメックスは使えない店が多い」って言われます。

実際にアメックスをメインで使っていると使えないお店が多いと感じないんですが。

 

今回はアメックが使えるお店少ないって言うのは本当なのか、ちょっと考えてみたいと思います。


スポンサーリンク

アメックスはJCB加盟店でも使える

JCBの公式ホームページではJCB加盟店向けに「他社のカードの取り扱いも選べるようになるよ」って案内がされています。

 

通常はJCB加盟店はJCBカードしか決済できません。

VISAやMASTERとも加盟店契約していれば、それぞれのカードが利用できるようになります。

 

昔からVISAやMASTERは加盟店も多く使えない店は少なかったのですが、アメックスやダイナースは加盟店が少なく使えない店がたくさんありました。

 

そんな不便を解消するために「JCBとアメックスが加盟店を相互開放する」という作戦が取られたのです。

 

加盟店を解放すればJCB加盟店でもアメックスが利用できるようになります。

JCBはアメックスから手数料を取るので、他社ユーザーの決済でも利益を上げられるようになりますよね。

 

こうしたJCBとアメックス相互の利益が見込めるのが「加盟店開放」なのです。

 

アメックスが使えないJCB加盟店はあるのか

では、JCB加盟店であれば必ずアメックスが使えるのでしょうか??

実は加盟店開放をしていても、必ずしもJCB加盟店でアメックスが使えるとは限りません。

 

JCB加盟店でもアメックスが使えない店に遭遇すると、「えっ」てなります。

アメックス使えないと支払えませんからね、わたし。

で、なんでこんなことが起こるのかってことです。

 

どうやら、JCB加盟店はアメックスやダイナース・銀聯などの他社カードでの決済を取り扱うかを選択できるようになっているようです。

なので、JCB加盟店ならアメックス・ダイナース・銀聯が絶対使えると思い込むと危険です。

 

とはいえ、JCBは日本に本拠地を置く国際ブランドなので国内の加盟店は圧倒的多数。

むしろJCBが使えないお店は極めて少数ですし、アメックスが利用不可なお店も極めて少数です。

 

カード決済そのものが一切不可のお店でない限りだいたい利用可能だと思っても大丈夫なくらい、加盟店相互開放はアメックスユーザーの利便性を高めてくれています。

スポンサーリンク

アメックスが使えない時の対策

アメックスが使えると思っていたのに使用不可と言われると困りますよね。

支払ができませんっていうわけにもいきません。

 

そんな時は現金で支払うかサブカードで支払うしかありません。

私はJALカードも持って歩いてますから、万が一アメックスが使えないお店に遭遇してもどうにかなります。

 

一応、リスクヘッジの意味でVISAかMasterのカードを1枚持っておくほうが安全ですね。

 

 

そして事後対応として、私はアメックスが使えないって言われたお店には行かないことにしています。

滅多に言われないので、だいたい大丈夫ですが。

 

アメックスが使えないお店はアメックスユーザーに優しくありません。

お店にとってはカード決済の手数料の兼ね合いもあってアメックスが好ましくないのかもしれませんが、不便なお店にわざわざ足を運ぶ必要もありません。

 

よほどお気に入りのお店でない限り、カード決済が不可のお店やアメックスお断りのお店にこだわる必要はないですからね。

 

現金でしか支払えないお店でも、最近は楽天ペイやSquareを導入していってる店もあるわけです。

これからの時代、よほどの強みがない限りキャッシュレスでスムーズな決済が利用可能でないと備jネスチャンスが減少しちゃう気がしますけどね。

 

ま、その辺はお店とお客さんの考え方次第ですね。

 

海外でアメックスが使えない場合は我慢

日本国内では大丈夫なアメックスでも、海外では使えないお店は多数存在します。

アメックス加盟店でも「VISAかMasterは持ってないのか?」と言ってくるほどです。

 

この辺はアメックスブランドが世界的には「富裕層向けカード」であることのデメリットですね。

先進国の都市部のホテルなどは全く問題ないでしょうが、ちょっと田舎に行くとダメだったりします。

 

私の友人はベトナムではアメックスは使えないって言ってましたが、困ったことはないようです。

というのも、そもそも彼は途上国でアメックスが利用不可のお店に行かないんですよね。

 

滞在も食事も信頼性の高い先進国資本のところに限定していれば、アメックスが使えない場所にはいくこともないそうです。

 

メインはアメックスでもまったく問題ありません。

 

もし、どうしてもアメックスが使えないようなホテルやレストランに行く場合はサブカードで対応すればいいので。

 

 

 

アメックスが使えない店に当たらなければ問題なし

実際に使ってみるとアメックスが使えないお店って本当に少ないことがわかります。

私は7年間アメックスをメインカードとして使っていますが、今まで2回だけアメックス使用不可と言われました。

 

そのお店にはその後1回も行っていませんが、何にも困りません。

ホテルステイも食事も、アメックスが使えないところは極少数なのです。

 

万が一、アメックス使用不可に出くわした時にはサブカードを出せばいいですし。

あるいはいくらか現金を持っておけばいいですし。

 

現在の日本国内では「アメックスは使えない店が多い」というのは過去の話です。

楽天ペイやSquareのような決済ツールもさらに広がっていくことを考えれば、今後は小規模なお店でも問題なくアメックスで決済できるようになっていくことでしょう。

 

あまり心配することはありません。

アメックス+JALカードみたいな感じで異なる国際ブランドのカードを1枚ずつもっておけば、なお安心。

 

ただし、アメックス+JCBとか、アメックス+ダイナースとかはやめておいたほうがいいでしょう。

サブカードを持ってリスクヘッジするなら、VISAかMasterがオススメです。