【ダサい人】クールビズは「ジャケパン」の着こなしを理解していないと失敗する

オシャレを楽しむための知識
この記事は約5分で読めます。

ダサいサラリーマンが大量発生してしまうクールビズ。

いくら偉い人でも、服装がダサいと救いようがありません。

日本人のおじさんって、どうしてあんなにダサくなるんでしょうかね。


実はその答えはとても単純でして、「ジャケパンの着回し」をまったく理解していないから。

そんな難しいテクニックは必要ないので、工夫してきれいな服装を心掛けてほしいものです。


今回はクールビズでダサいと思われないように「最低限注意するポイント」を掘り下げておきます。

ここをクリアしておけば、基本的に装いで変な感じになることは避けられますよ。

スポンサーリンク

クールビズに普段のスーツを使うと確実にダサくなる

おじさんがのダサい着こなしで最も大きな原因となっているのは、「スーツにノーネクタイ」です。

普段のスーツスタイルからネクタイだけ取ってもオシャレにはなりませんが、おじさんは高確率で夏物のスーツにノーネクタイで現れます。


では、スーツにノーネクタイなら必ずダサくなるのかと言えば間違いです。

スタイルを決定する要素を正しく理解しておけば、ダサい着こなしを避けることができます。


スーツにノーネクタイがダサくなる原因は「肩パッド」

スーツの表情を決定する大きな要素に「肩パッド」があります。

基本的にビジネス用のスーツは肩パッドが入っています。


肩パッドが厚いものは構築的な表情となり、フォーマル感が強くなっていきます。

逆に肩パッドが薄いものは柔らかい表情となり、カジュアル感が強くなっていきます。


クールビズは暑い夏を涼しく過ごすためのスタイルなので、全体的に軽快な印象をまとわせることが大事。

肩パッドがしっかり入っている上着を使ってしまうと、どうしてもフォーマル感が出てしまいます。

おじさんがクールビズで失敗する原因は「肩パッド」を無視したスタイリングにあります。


スーツにノーネクタイを貫きたいと思うなら、最初から肩パッドが最薄か不使用のものを選ぶことを強くお勧めします。


ジャケパンスタイルを取り入れるとダサくない

オシャレなクールビズのためにスーツをすべて買い替えると大変な出費です。

なるべく節約しながらオシャレ度をアップすることができればうれしいですよね。

夏でもスーツを着続けるという強いこだわりがなければ、「ジャケパン」で過ごしてみることをおすすめします。


ジャケパンはジャケット+パンツなので、別々に購入可能。

上手に工夫すれば格安でカッコいいスタイルを作れますよ!


スポンサーリンク

基本は紺無地のジャケット+グレーのパンツで着まわす

このスタイルで失敗する人は基本的にいません。

必要なジャケットはこんな感じです。↓↓

【期間10%OFF】ビジネスジャケット/メンズ/春夏/blazer’s bank.com/ウールホップサックジャケット/Fabric by REDA/ ネイビー/ザ・スーツカンパニー

紺色無地のジャケットは着用シーンを選ばない万能選手です。

選ぶ際のポイントは次の3点です。

  • ウエストが適度に絞ってあること
  • 着丈を短めに仕上げてあること
  • 胸や肩に使用する芯地(肩パッドなど)が極力少ないこと

ジャケットが丸みのあるフォルムであれば体にしっかりとフィットします。

ポイントとして挙げた3点を満たしていれば、柔らかく快適な着心地で軽快感も表現できるジャケットが手に入りますよ。


ちなみにパンツはウールにこだわる必要はありません。

細身のチノパンでも大丈夫ですが、職場の雰囲気によってはNGな場合もあります。


鉄板はウールのちょい細めなライトグレーのパンツ。

これを持ってくれば誰でも上品で軽快な雰囲気を演出できます。


立場のあるおじさんなら品格のあるスタイルが最重要なので、濃いめのグレーでシックにまとめるほうがいいでしょう。

もしパンツを何本か用意できるなら、グレー系で揃えつつ「無地」に加えて「ストライプ」や「チェック」のパンツを取り入れましょう。

上品コーデをマンネリ化させずに着まわすことができますよ!


やりすぎ注意なジャケパンの注意点

最も上品なのは「無地」のトーン違いを着ますおじさんですが、かなりマニアックなのでそのうち挑戦しましょう。


たまに明るい紺ジャケ(←ドラえもんみたいな色)を着ているカッコいいおじさんもいますが、かなり難易度が上がるのでとりあえずマネするのはやめましょう。


ジャケットとパンツの色のバランスが大事です。

ジャケパンに慣れていない人は冒険せず、濃紺のジャケット+ミディアムグレーのパンツ(ともに無地)でまとめることをおすすめします。


クールビスで上品さを失わないための心がけ

日本人は顔立ちも体格も控えめなので、派手な装いに負けてしまいます。

できる限りトーンを抑えた控えめなコーデを意識すると「妙な幼さ」が出てこないので着こなしが成功しやすくなります。

クールビズを実践するうえで「控えめコーデ」は常に意識しておくことをおすすめします。


また次の3点は絶対守ってほしい「上品さを失わないための心がけ」です。

これを守っていれば基本的に服装でダサいと思われることはありません。

  • ジャケットやパンツは必ずジャストサイズにすること
  • ワイシャツはシンプルなものを選ぶこと
  • 使う色は3色までに抑えること

ジャケットやパンツのサイズ感は超重要です。

どんなに高価な服でも、サイズ感があっていなければダサくて仕方ありません。

安物でもいいので、サイズがぴったりのものを選びましょう。


また、上品な装いを保つには「ワイシャツのデザイン」にも注意が必要です。

あくまでも控えめなデザインで大人しくまとめるのが上品。

襟とか袖に変な装飾が施されているワイシャツは論外です。


最後にジャケパンコーデでやりがちな失敗に色遣いがあります。

3色でまとめると基本的に上品な装いが作れます。

ちなみに、白と黒は色数から除外してOKです。


この3つを意識しておけば失敗することはありません。

基本的な発想は「よりシンプルに装う」です。

クールビズを楽しみ、爽快なビジネスシーンを演出できるように装ってこそ「素敵なおじさん」です。

この夏はいつもの夏物スーツはクローゼットに押し込んでジャケパンスタイルでオシャレおじさんになってみましょう!