ハイアットリージェンシープーケット滞在記

旅行に役立つ知識
この記事は約6分で読めます。

私はアジアへ行ったことがありませんでした。

どこか気軽に行けるところで小綺麗な場所はないかと探していたところ、プーケットが候補に挙がりました。

旅の計画はホテルチョイスから始めるスタイルなので、次の点を重視してホテルを決定することに。

  1. 5日ほど滞在できそうで綺麗なホテル
  2. クラブラウンジがある
  3. プーケットの中心地であるパトンまでそう遠くない場所

この条件を満たすホテルが「ハイアットリージェンシープーケットのクラブルーム」でした。


プーケットに向かうため初めてLCCに搭乗。

エアアジアで成田からまずはドンムアン空港まで飛びました。

スワンナプームと違ってLCC専用ですから、夜中に着いてもプライオリティパスで入れるラウンジはすべて閉まっていました。

仕方なくファミリーマートでフォースープを買ったのですが、これがとっても美味しい。

初タイご飯となりました。


スポンサーリンク

到着⇒ラウンジ


ドンムアン空港からプーケットへトランジットし、タクシーに乗ってホテルには朝の6:30に着きました。

すぐにスタッフが来て、おもてなしをしてくれました。


ウェルカムドリンクは少し甘いジュース。

さっそく南国気分に浸ります。


リージェンシークラブ

ラッキーなことに10:30にはお部屋に入れるとのことで、それまではクラブラウンジで朝食をどうぞと言っていただき、カートに乗ってリージェンシークラブへ。

朝食

6月は雨季でもあり朝早いので誰もいなくて、貸し切り状態で快適に過ごすことができました。


朝食の卵料理はオーダー式、他はブッフェのスタイルです。

私はいつもサニーサイドアップを2eggsでお願いします。煮豆を添えて。



アジアらしいお粥や炒め物、フルーツにチーズ、パンが豊富にありました。

ラウンジでも充分な食事が摂れます。


カクテルタイム


気の利くスタッフが世話を焼いてくれる居心地のいい空間で、スパークリングワインをいただきながらプール越しの夕暮れを見るのは至福の時。


アペタイザーからご飯ものやパスタまであり、夕食にも充分なほどフードが充実しています。

初日はラウンジでお腹がいっぱいになりました。


インフィニティプール

クラブラウンジ内にはアダルトオンリーのインフィニティプールがあります。


石で作られたチェアがとても印象的で高い場所にあるので開放的。

好きな飲み物を持ってこちらでゆったり過ごす時間は贅沢そのもの。


クラブルーム客室


ベッドはツイン。

アニバーサリーと伝えていたのでベッドにはお花のデコレーションがあり、素敵でした。

しばらくするとHappy anniversary! とチョコを持ってきてくださいました。

バスルームはガラス張りになっていて開放的です。

モノトーンにまとめられたバスルームは機能的で、ダブルボウルなのもポイントが高いです。

映画Mr.&Mrs.Smithの影響でダブルボウルにしたぐらい私には重要なのです。

バスタブは浅めながらも足を延ばしてゆったり入れるので悪くありません。

シャワーはハンドとレインの両方がありました。

アメニティには歯ブラシもあり、欧米とは違うのだなと感じました。


デイベッドにもなりそうな丸い大きなソファがあり、バルコニーからの眺めはプールを見渡せるオーシャンビューです。




ハイアットリージェンシープーケットの朝食

ラウンジばかりではなく1階にあるレストランへ行ってみました。

朝食はブッフェスタイルです。



私のお気に入りはヌードル。毎日少しずつお味が違いました。


エッグステーションもあります。

ご飯ものや野菜炒め、カレーや点心まであり、食べきれるのかと思うほどに並んだお皿。

美味しいですから全てお腹の中に入ってしまい、贅沢な朝食になりました。


スポンサーリンク

シグネチャーレストラン~SUNSET GRILL


ディナーはホテルの外ばかりではなく、ホテル内の一番高い場所にあるレストランへ。


他に客はいなくて貸し切り状態。

スタッフも大勢いたので、至れり尽くせりでした。



5つ星ホテルにしてはそんなに高くない価格設定なのも魅力です。

食前酒のカンパリソーダはサービスで、レストランの名前の通り素敵なサンセットを観ながらのスタートです。



アミューズのまぐろのタルタルもサービス。バゲットは山盛りです。

南国へ行くと必ず飲むピニャコラーダは、ココナッツ丸ごと出てきました。



海老やあんこうのグリーンカレー、マグロのグリルをいただきましたがどのお料理も美味しくてとても満足しました。


最後にはプティフールまでサービス。

チップを入れて3000THBでチェックしました。


プール

雨季なので空いていてカバナも無料で有難いです。

時々無料のジュースが配られ、お腹が空いてもボタンが有ってフルサービスなのでのんびり過ごすことができました。



1日のうち2~3度、サーっとスコールが降るのみで問題ありません。

こちらもラウンジ同様インフィニティプールになっていてとても大きいです。子供用の浅い場所もあります。



キッズクラブ~CAMP HYATT


海外のハイクラスホテルにはたいていキッズクラブがあります。

ハイアットリージェンシープーケットのキッズクラブはSUNSET GRILLのそばにあります。

見晴らしは最高でオープン時間は9:00-19:00です。


小さな子供から小学生まで遊べるようになっています。

うちの子は当時幼稚園児でしたがwiiのボウリングにはまってしまい、タイに駐在しているアメリカ人の同い年ぐらいの子と仲良く遊んでいました。まだ預けてしまうには早い年齢です。


そして有料ですが息子がキャンドル作りをしました。

好きな色の砂を重ねて貝殻を入れると、スタッフが熱したジェリーを入れてくれます。

とてもいい思い出になりました。

こちらはチェックアウト後も使わせていただけて飛行機の時間までゆっくりできました。


総評

雨季だったので客が少なく快適。スコールは降るが一瞬。

ハイアットですのでスタッフのホスピタリティは一流でした。微笑みの国、タイ。


このホテルの滞在をいいものにするには、クラブラウンジアクセスがマストです。


アダルトオンリーのお部屋ですが、テラスにジャクジーのついたお部屋が見えましたのでカップルにはそちらがよろしいかもしれません。


初めてのアジア旅行はのんびりしつつもハイセンスなホテルステイでとても素敵な思い出となりました。