イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古滞在記

旅行に役立つ知識
この記事は約10分で読めます。

沖縄本島のはるか西南にある伊良部島。

美しいサンゴ礁の島に建つ豪華なホテル。

「イラフSUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古」です。


サンゴ礁の海と青い空を望むロケーショ ンに贅沢な空間が広がります。

今回はバースデーのひとときを過ごした体験をお届けします。

スポンサーリンク

バースデーフライト

関西空港から宮古空港までは約2時間。

久々の飛行機を愉しみます。


機内食はこんな雰囲気で旅の気分も盛り上がります。

  • 鯖照り焼き
  • 鶏団子海老
  • かに風味蒲鉾天ぷら
  • 栗甘露煮
  • 蓮根甘酢漬け
  • 揚げ出し豆腐
  • 春雨中華サラダ
  • 三色ご飯

スパークリングワインと共に美味しくいただきました。


沖縄便はほぼ満席。

今回はバースデーフライトだったのでフライトログをお願いしてみました。

とてもCAさんも忙しかったと思いますが、快く引き受けてくださいました。


バースデーフライトでフライトログをもらうのは生まれて初めてのこと。

とてもうれしいです。


宮古空港にはホテルの方が迎えにきてくださり、車で伊良部大橋を渡ります。

透き通った海が続き、とても美しい景色です。


橋の途中で停まってもらい写真を撮りました。

宮古島に訪れたことはありましたが離島に行くのは初めて。

伊良部島と宮古島は橋でつながっていますが、また違う雰囲気がしました。


イラフSUIのエントランス・ロビー【感動の青】

世界中のluxury collection hotelsにはそれぞれのホテルモチーフがあります。

イラフSUIは沖縄の龍で、宮古の方言で天蛇(てぃんぱう)と言うそうです。


ホテルに着きました。扉の向こうは…

素晴らしい青。

思わずiPhoneを持って外へ飛び出しました。


この日は11月なのに30℃もある真夏日で、海はキラキラ輝いていました。

これが伊良部ブルー、深い青でとても綺麗です。


ロビーはこのようになっていて、ソファでチェックインをします。


青いシーサーとウェルカモドリンクのハーブ水。


イラフSUIのお部屋【コーラルスイート】

イラフSUIには2つのトップスイートがあります。

今回の滞在ではホテルのご厚意でどちらのお部屋にも1泊ずつさせてもらうことになりました。


このホテルではスタンダードルームも45㎡でテラス付きなど、広めの造りになっています。


昼の顔

コーラルスイートの特徴は「海を一望できるテラスとジャクジー」です。

お部屋は103㎡、ジェットバス・バルコニー 80㎡。

とにかく圧巻の広さです。


リビング・ベッドルーム

広いリビングからはテラスと青い海が見えます。


お部屋に入るとまずはミニキッチンとPOPなダイニングテーブルがあります。


ミニキッチンでは、濃い黄色が目を引く陶器がアクセントになっています。


ウェルカムフルーツとお菓子。
南国を感じられます。


この長細い瓢箪のようなオブジェがとても気に入りました。

理由は単純で、自宅にあるお気に入りの加湿器と同じ形をしているからです。


この瓢箪たちの反対側にはモノトーンを基調としたソファセットが置かれています。

モノトーンが好みなので落ち着きます。


続いてベッドルーム。

淡いテイストでシンプルに纏められています。


ウェットエリア

ベッドルームの右手奥にウェットエリアがあります。

もちろんダブルボウル。

ドライヤーはレプロナイザー。

アメニティはBYREDO。

和風の箱は京都嵐山の翠嵐にあったものと色違いで、中には歯ブラシなどが入っています。

(ちなみに翠嵐は黒い箱)


コロンと可愛らしいバスタブ。

こちらからも海は見えますが、ここは使用せずテラスのジャクジーに長く入りました。


ジャグジー

外へ出ると先程載せたジャクジー。

テラスの先端には海を一望できるパラソル付きのチェアがあります。


どーんと突き出た、この絶景を独り占めできるようなテラス。


ここで次の日の朝食後にお昼寝しました。

1時間程でしょうか、海風が心地よくて至福の時間でした。


夜の顔

広いリビングの真ん中にあるテーブル。

たくさんの木の脚で支えられたテーブルにライトが当たり、とてもいい雰囲気。


やっぱりこのオブジェ兼照明が好き。

昼は外の景色の素晴らしさを邪魔することのない室内空間。

夜には照明やオブジェたちが独特の表情をのぞかせて趣が変わります。


スポンサーリンク

シャンパンディライトと緋色の水鏡サンセット

息を呑むような美しさ。

ヴーヴのグラスがとても映えます。


シャンパンディライト。

17:30から1時間、ヴーヴクリコがフリーフローで楽しめます。


ゴーヤチップスなどのおつまみも出ます。

プールサイドにいるとスタッフが頃合いを見計らっておかわりを注ぎにきてくれます。


プールが水鏡となって緋色のサンセットを映し出します。

こじんまりしたホテルなのに圧倒されました。

そして、ただただ感動。

美しい。


お誕生日にこんな素敵なサンセットが見られて幸せです。


陽が落ちた後はプールの青が翡翠色に変化。

これもまた幻想的です。


バースデーディナー

ホテル内レストランTIN’INにて沖縄の食材をふんだん使ったコース。

AMUSE

宮古島産セーイカのセビーチェ
月桃香る自家製豆腐 石垣島のくうすみそ添え 豆腐ようとフォアグラのテリーヌ

APPETIZER

佐良浜港水揚げの鰹のミキュイ

スモークサーモンとシークワーサー香るビーツのサラダ添え

FISH DISH

宮古島産水揚げのサオール 秋野菜のみぞれ風仕上げ

MEAT DISH

沖縄県産和牛サーロイン アボカドのワカモレとスパイス香るケッカソース

NOODLE

マイヤーレモンのアロマ香る水雲と島野菜の冷製麺

DESSERT

ハーブ香る宮古島アロエのジュレとドラゴンフルーツとヨーグルトのソルベ

BIRTHDAY CAKE ♡ 沢山のありがとう


特に美味しかったのがセーイカのセビーチェと冷製の沖縄そばです。

炭水化物が大好きな私は沖縄そばをおかわりしてお腹がいっぱいです。

バースディケーキは部屋に持ち帰ることにしました。


お部屋に戻るとサプライズが!

今日ここに来ることを知っていた友人がデザートプレートとこのホテルのシグネチャーフローズンカクテルを差し入れしてくれました。

粋ですね、とても嬉しかったです。


イラフの朝食【和食編】

ミーバイの塩麹焼が絶品でした。

卵焼きにはアーサーが入っていて良い風味。

サラダ・フルーツとジュースはブッフェスタイルです。

とてもヘルシーで美味しい朝食に満足しました。


スポンサーリンク

イラフSUIのお部屋【ミヤコ ガーデンスイート】

このスイートの特徴は「ホテル唯一の温水プール」という点。

お部屋119㎡、プール・ガーデン 156㎡という広さを誇ります。


14時にルームチェンジをしました。

この写真を見ると良くわかるのですが、建物の1階がミヤコガーデンスイート、2階がレストランとレセプション、3階が前日のイラフコーラルスイートという造りになっています。


エントランス・リビング・ベッドルーム

お部屋に入るとまずミニキッチンがあります。

奥になにやら。


枯山水を想わせるオブジェ。


リビングルームは青を基調としたイタリア製の家具でまとめられています。

私の好きな瓢箪型の照明もありました。


真ん中の白い陶器の台と青い陶器の椅子が不思議なセットでした。


ダイニングルームの照明はイラフコーラルスイートと同じで可愛らしいです。

照明がテーブルにグッと近いのが好みです。


ベッドはツイン。


部屋の片隅にも木の温もりがあります。


ウェットエリア

ベッドルームの両サイドにはそれぞれクローゼットとウェットエリアがあります。

大きなジャクジーバス。

窓の右側は開きます。


プール

さあ外へでましょう。

とても大きなテーブルとソファがあります。

生憎の天気で濡れていて座れませんでした。


そして温水プール。

こちらは加温できるので温度を上げていただき、あっという間に38℃ぐらいに。

お風呂状態で泳げました。


上がると寒いので、体が火照るまでプールに浸かったまま。

結局は暑い~ということに。

前の日は30℃でテラス、この日は曇り時々雨なので温水プールでちょうど良かったです。


プールから海のほうへ降りていくとガゼボがあります。

他の部屋から横は丸見えですが、カーテンがあるので大丈夫です。

お天気のいい日にはこちらでお昼寝するのが気持ちよさそうですね。


優しいゴーヤチャンプルーに癒される午後

前日のウェルカムフルーツをカットして頂きました。 スターフルーツが可愛らしいです。


小腹が空いたのでレストランへ。

ゴーヤチャンプルーを作っていただきました。

こちらはハーフポーションです。


お肉の入ってないもので、少し甘味があって優しい味がしました。

とても印象に残ったので自宅で再現してみました。


お隣の席ではディナーのセッティングがされていました。

グラスが綺麗です。


ロビーではバスソルト作りを体験することができます。


塩を入れ、好きなハーブ(月桃・レモングラス・グァバ)を選んで入れ、オイルを10滴垂らして混ぜます。


オリジナルのバスソルトが出来ていいお土産になりました。


こうして午後はのんびりと過ごしました。


再びディナー

昨日と同じTIN’INにて前日と違うメニューを出していただきました。

AMUSE

雲に見立てたトマトのムース

バーニャフレッダ

APPETIZER

鴨肉のコンフィー サラダ仕立て

FISH DISH

ミーバイのスチーム 島ラッキョウとフーチバのグラチネ

MAIN DISH

仔羊のロースト

RICE DISH

アーサージューシー

DESSERT

黒糖ムース


私の好きな鴨と仔羊の両方を食べられてとても満足なコースでした。

白いムースがどうしてトマト味なのかが不思議で仕方ないけれど美味しい。

そしてまたまたアーサーのお粥をおかわりしてしまいましたら、前日の友人からのサプライズの続きが出てきました。


量が多いと思って今日にしてくださったそうで、またまたお腹がはちきれそう。

嬉しさいっぱいでした。


真夜中のプール

ディナーの後、部屋に戻るとお腹がいっぱいで眠気がきてそのままバタンキュー。

真夜中に目覚めてひとりお風呂に入ったり、写真をとって寛いでいました。



イラフの朝食【洋食編】

2日目の朝食はアーサーのオムレツが絶品でした。

私はこれにマヨネーズをつけるのが好きなので持ってきて頂きました。

マヨネーズにシークワァーサーの汁を少し入れたら美味しいと思います。


総評

○お部屋

素敵な2つのスイートに滞在させていただき、それぞれのテラスで美しい伊良部ブルーや風、島を全部感じられたように思います。

冬にもかかわらずプールに入れたので良かったです。


○お食事

沖縄の食材を使い優しいお味に調理されたものは私の口にとても合いました。

一番美味しいと思ったのは…

朝食ではミーバイ、ランチのゴーヤーチャンプルー、ディナーはトマトのムースです。


○魅力

シャンパンディライトの時のサンセットに圧倒されました。


水鏡に映った緋色の夕日をずっと忘れることはないでしょう。

SPECIAL THANKS TO …♡