JALカードの解約やカード種類の変更は電話が便利って話

カードを活用するための知識
この記事は約5分で読めます。

おすすめばっかりしていては、JALカード作らせたいだけだと思われてしまうので今回は趣向をかえたお話で行きたいと思います。

 

クレジットカードは未来永劫ずっと同じものを使い続けるってもんでもありません。

暮らしの変化に合わせて利用するカードも変化していくと思います。

 

独身時代に旅行三昧だった人も結婚したらめったに旅行なんて出かけられませんよね。

出張でJALばっかり乗ってた人も部署や担当が変われば出張自体がなくなってしまうこともありますよね。

そんなライフスタイルの変化に合わせてJALカードを解約したり、種類変更したりってことも想定されます。

今回はJALカードの解約や種類変更をストレスなく簡単に済ませるための方法を説明します。

スポンサーリンク

JALカードの解約手続きは電話か書面の二通り

JALカードのHP上では二通りの解約方法が明示されています。

どちらが便利かは人それぞれですが、どうしても書面でないと嫌だって人でない限り電話で解約を申し出るほうが簡単かと。

 

でも、人それぞれなんで一応両方を。

 

1.お客さまサービスセンターへ電話して解約する方法

音声ガイダンスにそって解約可能です。

もっともスマートで簡単なのはオペレーターにつないでもらって解約を申し出る方法です。

 

音声ガイダンスに従って自動音声ガイダンスサービス番号3の退会に関するお問い合わせを選べばすぐに担当者につないでくれます。

 

解約にあたって不明な点も直接確認することができるため、安心です。

 

たとえば、カード更新月に解約する場合の年会費の取り扱いとか、JALカード解約後のマイレージバンクの取り扱いとか、事前にJALカード側に確認しておいたほうがいいことは解約に関する問い合わせと一緒にしてしまうのが便利です。

 

もし、解約しないほうがいいと思えば継続利用もできますし。

 

不明なことを明確にしてから判断したいって人や、手続き自体を急いでいる人には機動性の高いオペレーターとの通話による解約がおすすめです。

 

2.JALカード退会届を提出して解約する方法

JALカード会員専用のオンラインサービス「MyJALCARD」にアクセスしてJALカード退会届を郵送してもらうか、お客さまサービスセンターに電話して自動音声ガイダンスサービス番号1の各種用紙のご請求からJALカード退会届の郵送してもらえば書面による退会の申込が可能です。

 

書類をやりとりする必要があるので、用紙請求から解約手続きの完了まで2週間程度かかることを前提に時間的な余裕がある場合に選択肢となりうる手続きです。

 

オペレーターから引き止められたりすることが嫌だって人にもオススメできますね。

スポンサーリンク

 

JALカードの種類変更手続きも電話か書面で完了

ゴールドカードからCLUB‐Aカード、CLUB‐Aカードから普通カードという感じにカードのブランドは変更せずに種類のみを変更する手続きも解約と同じように音声ガイダンスか書面で対応可能です。

 

ただ、この手続きはオペレーターと話をしたほうが簡単でいいと思います。

 

というのも、JALカードはカード種類だけでなく日常の買い物や飛行機利用時にマイル獲得の効率がアップする「ショッピングマイル・プレミアム」や「ツアー・プレミアム」といったサービスが付属しています。

 

もし、こうしたサービスに加入しているのなら、これからのカード利用見込みも踏まえて有料の追加サービスに加入しても元が取れるのか考えてみる必要もあります。

 

オペレーターと会話しながら判断することで、必要最小限でもっともコストパフォーマンスのいいJALカードへと種類変更することができます。

 

JALカードの年会費発生時期は要確認

解約を考える時期ってだいたい年会費が発生するころですよね。

カード券面に書いてある有効期限の月が基本的には年会費発生前に解約できる最後の月ってことになります。

 

たとえば、カード有効期限が2020年12月ってなっている場合、12月末までに解約すれば年会費は発生しないのです。

 

ただ、注意が必要な部分もあります。

 

12月末がJALカードの休業日だった場合は、その前の営業日までに解約する必要があります。

これが案外盲点です。

 

万が一、12月29日までに解約が完了していなければ、年会費もう一年分支払って解約しても返金なしってことになってしまいます。

 

解約に限らず、カード種類変更に伴う年会費の変更がある場合も同様に締日が設定されています。

大事なお金を無駄に使わないよう、注意して手続きを進めたほうがいいですね。

まとめ

JALカードは年に数回空の旅を楽しんでいる人や、出張であちこち飛び回る人には最適なカード。

しかし、ライフスタイルが変化したらまったくマイルもたまらない年会費が地味に高いカードと化してしまいます。

 

そんな時は思い切って解約やカード種類変更も視野に入れて、自分自身の暮らしに最も役立つカードを利用することを考えるべきだと思います。

 

サービスは必要なものが揃っていれば十分です。

 

いまのライフスタイルに照らし合わせて最適なJALカードを見つけるか、あるいはいったん別のカードを使ってみるか。

お金と時間の使い方をちょっと考えながら、カード更新月は手持ちのカードラインナップを検討してみるのもいいですよ。