JALダイナミックパッケージは直前予約で高級ホテル宿泊でもかなり割安って話

旅行に役立つ知識
この記事は約7分で読めます。

「次の連休こそどこか旅行へ行きたい!」と思いつつ、気が付けば連休が目前に迫っているという体たらくを繰り返しております。

ハッピーマンデーのおかげで3連休があちこちにあるので、小旅行なら気軽に出かけられます。

しかし、あまりにも連休が多いと「次の連休でいいやー」と思ってしまい、私の場合は毎回意気込みだけで終わってしまいます。

みなさんも旅行に出かけるなら、お得で快適な旅にしたいですよね!

そんな旅を求めている人に最適なのがJALダイナミックパッケージ。

長期休暇をとれる人にはますます便利で柔軟性のあるパッケージ旅行なので、選択の幅はかなり広め。今回は旅行に必須のJALダイナミックパッケージについてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

JALパックとダイナミックパッケージの違い

JALパックとJALダイナミックパッケージ、どちらも聞いてことがありますね。

多くの人がJALパックとJALダイナミックパッケージは同じものだと思い込んでいるようですが、けっこう大事な部分が違っていたりします。

まずはJALパックの仕組みを正しく理解して、使い方を考えていくことにしましょう。

JALパックとは

日本航空の公式ホームページ上では、JALパック=パッケージツアーと表現されています。

パッケージツアーとは、旅行業者が一般の人から参加者を募って、運送・宿泊・観光の料金を一括して集めておこなう団体旅行のことです。

本来のパッケージツアーは添乗員が同行して観光も予めコースが決められているイメージですが、最近は移動と宿泊だけで構成されているフリープランも増えています。

国内旅行のみでJALパックを利用する機会が多い人はオプショナルツアーを設定することもあまりないと思います。

このため、JALパックは移動と宿泊だけのセットのように思われてしまうのです。しかし、パッケージツアーは本来添乗員同行の集団旅行的なイメージだったのです。

JALダイナミックパッケージとは

簡単に言うと、ダイナミックパッケージ=パッケージツアーよりもかなり自由な設定を可能にした「個人旅行」に近いツアーです。

宿泊場所の設定も自由にできたり、滞在日数も大きく伸ばせたりします。もちろんオプショナルツアーを設定することもできます。

日本ではダイナミックパッケージが広く知られる前にパッケージツアーのシンプル化が進んだため、ダイナミックパッケージとの違いが分かりにくい状態を生んでしまったようです。

が、本来は考え方がまったく別のものです。

JALパックとダイナミックパッケージ、どちらがおすすめ?

旅行を計画するときによく似たプランを比較して選択するのは難しいものです。

結論を言うと、JALパックでもJALダイナミックパッケージでもどちらでもいいんですが、一応国内旅行で利用する場合の判断ポイントをいくらか示しておきたいと思います。

JALパックがオススメになる条件

  1. 旅行日程が1ヶ月以上先
  2. 旅行日程が最大8日間以内(行先によって最大日数は異なる)
  3. 飛行機は同一区間の往復しかしない

 JALダイナミックパッケージがオススメになる条件

  1. 旅行日程が直前まで確定できない
  2. 旅行日程が8日以上14日以内
  3. 飛行機は同一区間の往復以外を考えたい

私も今まで、JALパックとダイナミックパッケージのどちらを利用するかでかなり悩んだこともありました。

ただ、私の場合そもそも悩む必要がなかったくらいのレベルです。

毎回飛行機に乗るのは岡山ー羽田の往復だったので、、、考える余地はあまりないんですよね。

JALパックとJALダイナミックパッケージのどちらを使うかは、「旅の自由度」を高めたいかどうかで決まります。

たとえば、往復ではない移動で考えてみましょう。

福岡で博多ラーメンを食べて一泊し、翌日長崎を観光して飛行機で帰京する場合です。

このような「往路の到着空港と復路の出発空港が異なるプラン」を設定できるのはJALダイナミックパッケージです。

もし、旅行日程を考えていて近隣の観光地もついでに周りたいと思ったときにはとても便利ですね。

JALパックとJALダイナミックパッケージのどちらがいいか。

傾向としては、出発の前日まで予約可能でツアー内容も自由に細かく設定できるJALダイナミックパッケージのほうが使い勝手がいいのかなぁという感じです。

スポンサーリンク

JALダイナミックパッケージを使うとどれくらいお得になるのか計算

JALダイナミックパッケージを利用した旅行は、飛行機を宿泊がセットになってお得だと宣伝していますが、ほんとに得なんでしょうか。

まさか、得なように見せて全然変わらない価格だったりして。と疑う気持ちをお持ちの方もいることでしょう。

そんな皆さんの疑問を解決するべく、先日私が宿泊した東京マリオットホテルに宿泊するプランで検証してみることにします。

比較条件

  • 旅程は8月2日に出発する1泊2日
  • 飛行機は伊丹ー羽田間普通席利用
  • 往路はJAL116便、復路はJAL131便

<JALダイナミックパッケージ利用>

まず飛行機の選択です。復路は料金が高い時間帯です。

JALダイナミックパッケージは空席状況に応じて航空券の料金が変動します。価格の変動幅は特便の料金設定よりもやや大きく変動するようです。

ホテルはあらかじめ東京マリオットホテルを指定していたので、搭乗する飛行機を指定すれば航空券+宿泊の料金が下の写真のように表示されます。

朝食なしプランなら57,400円で伊丹ー羽田の往復とデラックスキングに泊まれるようです。

<JAL便・ホテルを別途手配>

こちらもまず飛行機の選択です。前日の予約までお得に購入できる特便を利用します。

今回の旅程では特便割引1-タイプCを利用です。往復の運賃は28,180円です。

次にホテルの予約です。自分でホテルを予約しようと思えば一休やトリバゴで検索してみるのがいいと思います。たまに限定セールをやってたりしますから、思わぬ掘り出し物を手に入れることもできるかもしれません。

今回発見したのは、JALダイナミックパッケージで利用できるお部屋と同じ条件の朝食付きプランです。サービス料・税込みで35,640円です。

総額、63,820円ですね。

JALダイナミックパッケージのほうが得だった!

改めて比べてみると、見逃せないくらいの差額が発生するものです。

今回はキャンセルポリシーに若干の違いはありますが、提供されるサービスの価格に主眼を置いて比較しています。

価格だけを比較すると、今回のパターンはJALダイナミックパッケージのほうが3,000円ほどお得なようです。

また、JALダイナミックパッケージならJALマイルも手に入るため実質的なお得度はかなりのものではないかと思われます。

格安旅行会社はおすすめしません

格安旅行会社はあちこちにありますから、なにもJALパックやJALダイナミックパッケージなんか選ばなくてもいいでしょ!っと言う人もいるでしょう。

それも一つの選択肢です。

が、私はおすすめしません。私は絶対使いません。

旅は不慣れな土地に足を運ぶことです。行先はホームタウンではありません。国内ならまだいいですが、海外になると頼りの綱は旅行会社かカード会社です。

旅には多少のリスクが付き物ですから、万が一の対応力がなければ不安が付きまといます。

なにが起きても自分でどうにかできる人には無関係な話ですが、多くの人にとってトラブルは自力で解決できない重大問題ではないでしょうか。

格安旅行はなるべく避けることをおすすめします。

そして詳しい理由はこちらにまとめてありますので、合わせてご覧ください。

格安旅行会社よりJALパックのほうがお得で安全じゃないかって話
格安旅行会社の登場で海外旅行も手軽なレジャーになっていますね。韓国や台湾など、場所によっては国内旅行よりもずっと手軽な金額で楽しめますから、学生のうちにお小遣いを貯めて海外に出かけておこうという人もたくさんいる時代です。若いうちに世界を知る

まとめ

JALの航空券と宿泊をセットで考えるなら、とにかくJALダイナミックパッケージを調べてみるのが得策です。

なにより安心なのがJALの子会社が運営している点です。

万が一のトラブルにもしっかりとしたサポートがとられ、安心して旅を続けることができます。というか、そもそもトラブルに巻き込まれるリスクが低いですが。

底値を拾っていかなくても、十分納得のできるお値打ち価格も魅力的です。

あなたのお住まいに地域から、東京・大阪・九州・沖縄・北海道までちょっと贅沢な旅を楽しめる魅力的なパッケージがたくさん用意されています。


さらに、ちょくちょく開催されるタイムセールで予約すると驚きの価格で旅行可能!!

かなり直前でもお得に予約できるのが素晴らしすぎて、私もよく利用していますよ。

なおかつ、マイルはJALカードユーザーならザクザク貯まるうれしい仕組み。

こんなうまい話を信じてもいいんです。だって、JALグループのちゃんとした会社が運営してますから!!

憧れのハイクラスホテルにゆったり滞在する素敵な週末を過ごしたいなら要チェックです!!