【重要】クレジットカードやローンの審査に通らない主な原因

お金の運用やローンの知識
この記事は約7分で読めます。

ローンの審査に通らない人には必ず何か問題があります。

そして問題の多くは解決できます。

通常はローンが利用できなくて困っていても、「審査に落ちてしまう理由」を教えてもらうことはできません。

ローンを利用できない理由がわからなければ、何も対策を講じることが出来ませんよね。


そこで今回は、銀行のローンやクレジットカードの審査に落ちてしまって理由もわからず困っている人に「ヒント」を示します。

細かい審査は金融機関やカード会社で違いますが、基本的にここに書いてあることがクリアできていれば問題なしです。


金融機関では「お金を確実に返してくれるか」を判定しています。

住宅ローン・自動車ローン・教育ローン・フリーローン・カードローンなど金融機関が取り扱う全てのローンで審査が行われています。


今回ご紹介する基準はローンの審査を受けようとする段階でクリアしておいたほうがいいものばかりです。

もしクリアできていないものがあった場合は審査に通過するのも困難です。

どうにかならないかと相談したい場合は、こっそりDMくだされば詳細を聞いてアドバイスさせてもらいます。(←いまのところ無料です)

では、さっそく確認していきましょう。


スポンサーリンク

安定した収入があること

お金を借りるときに一番重要なのは、「お金を返す能力=年収」です。

ある程度の水準で安定した収入があれば、生活に困ることもありません。

しかし、収入が大きく変動したり不安定だと将来の生活すら危ういと思われるでしょう。


最近はパートやアルバイトでもお金を借りることが出来るローン商品もあります。

しかし、基本的に「パート・アルバイト=不安定」という印象はぬぐえませんし、収入の水準も高いとは言えません。

では、いったいどんな収入なら安定収入と言えるのでしょうか。

ローン利用には年収150万円以上が最低ライン

借入する金額や返済年数にもよりますが、多くの金融機関では年収150万円以上を融資申込の条件としているようです。


「安定した収入=最低でも年収150万円以上」

ここは絶対にクリアしておきたいところです。

申込条件に満たない場合は申込を受け付けてもらえないことがあります。


住宅購入なら年収350万円以上は必要

少額で返済も比較的短い無担保ローンなら年収150万円以上がベースとなってきますが、住宅ローンだとハードルはかなり高くなります。


住宅購入に伴って必要となる資金は高額なので申込額も大きくなります。

3000万円程度の住宅ローンを利用したい場合には、どんなに少なくても年収350万円以上は必要だと考えておくべきです。


雇用が安定している

収入の安定性と同様に重要なのが雇用の安定性です。

最近はパートで働く人も増えているのでローンの相談時にも雇用形態が正社員でない事例も多くあります。

雇用は「継続して勤務できる可能性が高いものほど有利」です。

わかりやすく言えば、解雇されにくい人が有利ということ。


4年勤務しているパート社員よりも、1年しか勤務していない正社員のほうが有利です。

正社員の雇用は大変固く守られており、パート・アルバイトのように契約更新を停止されることがありません。

正社員は定年に達するまでずっと勤務できる雇用形態なのです。


銀行によっては雇用形態別で融資できる金額の上限が違ったりしますので、自分自身の雇用形態にあった申込内容になっているか確認する必要があります。

また、雇用の安定性を判断する際には勤続年数も重視されます。

基本的に勤続年数は1年以上ないと申込条件に引っかかりますから注意しましょう。


返済金を安定して支払えるかを判定する要素として大きなウエイトを占めるのは年収・雇用です。

正社員として複数年勤務していて年収150万円以上であれば、門前払いされることはありません。


一日も返済が遅れていないこと

これは常識というか、できない人は帰ってくださいレベルです。

ローン契約は「借りたお金を〇年かけて毎月〇日に分割してお支払します」という約束をするものです。

銀行は約束を守らない人が大嫌いです。


決めたとおりにお金を返してくれなければ、銀行は督促しないといけません。

督促はコストがかかるので延滞利息をもらっても儲かりません。

銀行は儲からない仕事をしたくないのです。


たまに、「何日か遅れたけどすぐ返済したから大丈夫」という人もいますが、返済日に引き落としができなかったというのは極めて重大な事態です。

まったく大丈夫ではありません。


また、銀行は融資の審査を行う際に外部信用情報機関(KSC・CIC・JICC)へ信用情報照会を行います。

返済に遅れがないかをチェックするためです。

もし、この作業によって他のローン返済に異常があるとわかれば、融資を受けるのは極めて難しくなります。


たとえば、月末の返済日に残高不足となり翌月に返済した場合や数か月連続で返済が遅れている場合、過去に破産や民事再生など法的に借金を整理した経過がある場合は基本的に審査を通過できません。

普段から返済金やクレジットカードの引き落としなど全ての支払いを期日通りに終えていることを確認するようにしておきましょう。


もし延滞が原因でローン審査に落ちているようなら、半年から1年程度は期日通りに返済を続けましょう。

厳しい言い方ですが、どんな理由であっても正常に返済していない人がお金を借りる権利などありません。


スポンサーリンク

収入に対する返済金の割合が一定以下であること

ローンの審査でもっとも重要なのは「安定した収入」ですが、さらに判定要素があります。

それは、「収入のうちどれだけ返済金に充当されているか」を表す返済比率という数値です。


全てのローンの返済金合計÷年収=返済比率


一般的には「年収に占めるすべての返済金の割合が30%水準」というのが目安。

この数値は収入が多ければ多いほど有利になります。

銀行の審査では返済比率30%~40%程度が上限とされていることが多いので、参考にしてください。


金利や保証料を高くすることで条件を緩和して融資を打診してくる場合もありますが、おすすめしません。

住宅ローンでもない限り30%水準は死守ラインで、住宅ローンだったとしてもなるべく越えたくないラインです。

年収の30%が返済金だとどんな生活になるのか

年収の30%と言っても、ベースとなる年収水準によって負担感は大きく変わってきます。

年収300万円の人も年収500万円の人も年収1000万円の人も、すべて年収の30%が返済金だとすると次の通りです。

  • 年収300万円・・・90万円
  • 年収500万円・・・150万円
  • 年収1000万円・・・300万円

返済金を支払った後の残金はこんな感じになります。

  • 年収300万円・・・210万円
  • 年収500万円・・・350万円
  • 年収1000万円・・・700万円

税金や社会保険料などは一切無視していますが、年収が低い人にとっては30%水準でもかなり厳しい生活を強いられることが想像できます。


収入に対する返済金の割合が問題になりやすいのは、住宅ローンの審査を行う時です。

申込額が数千万円で年収が350万円だと、相当長期の返済プランにしなければ審査に通過しません。

年収を自分の力で跳ね上げるのは不可能に近いことですから、年収に応じた返済金の限界値をあらかじめ想定しながら申し込みを検討するほうが安全です。


ローンを借りる際には無理のない生活をイメージすることが大事

ローンを利用するためには審査が必要です。

よくありがちな「審査に落ちる要素」をご紹介しましたが、銀行やクレジット会社はいろんな情報をもとに融資の可否を決めています。

ここで紹介したことがすべてではありません。


しかし確実にいえることは、生活に悪い影響を及ぼさない範囲であればお金を借りることは難しくないということです。

当然年収は多いほうが審査に通りやすくなります。

大きな会社に勤めているほうが審査に通りやすくなります。

つまり、銀行は安定した人にお金を貸したがるのです。


カードローンを際限なく使っていたのでは、生活苦に陥るのは目に見えています。

無理矢理審査を通した住宅ローンは、何年かすると必ず家計の重しになります。


お金のことを考えるときには、将来のなりたい自分を思い描くことが一番大事です。

ローンに追われる人生よりも、ちょっと我慢しながら心穏やかに暮らすほうが幸せだと思います。

借入希望額を考える際も、今の実力を把握して無理なく返せる返済プランをイメージしておくことが不可欠です。


もし審査に落ちてしまったと落ち込んでいるのであれば、これから先のために今の自分自身を見直すチャンスができたと捉えて身の回りを点検してみるのもいいでしょう。

そして、身の回りの問題点が解決したら自信を持って審査を受けてみてください。

きっと何のストレスもなくすんなり審査に通るでしょう。