【警告】消費者金融を使う人は確実に不幸になる

お金の運用やローンの知識
この記事は約5分で読めます。

最近やたらと消費者金融(サラ金)の広告を見かけます。

サラ金は利用者を借金漬けにしてしまう極悪な金融機関なのですが、広告でイメージアップに成功して幅広い顧客層を抱えているようです。


アコム・アイフル・プロミス・モビットなどの利用者は単純にアホだと思います。

異常に高い金利でお金を借りて、返済に困るなんて。


しかし、アホな人をだまして金儲けするなんて極悪非道です。

血の通った人間のすることではありません。


今回はサラ金の餌食になって人生を棒に振る人を少しでも減らせるように注意喚起したいと思います。

スポンサーリンク

消費者金融と銀行の違いを理解しよう

「お金を借りられるならサラ金でも銀行でも同じだろう。」

こんな発想だと痛い目を見ます。

サラ金と銀行では利用条件も大きくことなるので、しっかり理解しておきましょう。


サラ金のローンは審査の難易度が低く金利が高い

この表は銀行系ローン(信金・信組なども含む)とサラ金ローンの審査・金利・担保について比較したものです。

 銀 行  サラ金 
 審 査  厳しい ゆるい
 金 利 低 め 高 め
 担 保 基本不要 基本不要

個人がお金を借りるには銀行や信用金庫・信用組合などを利用するのが一般的ですが、銀行などの審査は基準も厳しく希望通りの金額が借りれないことも。

お金が借りれないならローン利用を諦めるのが賢明ですが、どうしてもお金を借りたいと考える人も一定数います。

そんな人は審査がゆるいサラ金を利用してお金を借りてしまいます。


サラ金は審査がゆるいので信用力の乏しい人でもお金を借りやすくなります。

しかし、サラ金から見れば借主の信用力が乏しければ「貸したお金を回収できないリスク」も大きくなります。

そのため、あらかじめ高い金利で儲けを大きくして十分な利益を確保するようにしているのです。


サラ金でお金を借りると返せなくなる可能性大

お金に困っている人は「どうしてもお金を借りたい!」と血眼になっているため、多少金利が高くてもサラ金を利用します。


最初のうちは少額な利用であっても、お金が底をつくと新たなローンで補う悪循環に陥り大きな借金になってしまうこともあります。


カードローンの複数利用は極めて危険

ローンの種類はさまざまですが、返済に行き詰まる人はかなりの確率でカードローンを利用しています。

カードローンは金融機関にとって利益率の高い激アツ商品で、一度使うと全部返すのが相当大変な仕組みになっています。


カードローンは限度額の範囲内で繰り返し利用できるので、毎月返済していても新たな借入を繰り返すと残高がなかなか減りません。

限度額の上限まで借りてしまうと毎月返済額よりも少ない金額しか借入できなくなるため、限度額を増やすか新たなカードローンを契約してしまう人も。


ローンの返済に追われてローンを利用するという負のスパイラルに落ちると、基本的に助かることはなくジワジワと地獄に落ちていきます。


まずは銀行に見放され、サラ金で借りまくったら返済に追われます。

そしてサラ金からの新たな借入もできなくなって見放されます。

返せなくなっても督促は鬼のように行われるので、精神的にも参っていきます。

そのうち催告書とか届き始めて、信用失墜者の烙印を押されて終了です。


どうにか返済しているうちは危機感がないかもしれませんが、複数のカードローンを利用している人は基本的にアウト。

普通預金口座の貸越も、銀行系クレジットカードのローン枠もダメなやつです。

銀行系カードローンだろうとサラ金だろうと、複数のカードローンを利用している人は実力以上にお金の使い過ぎた無計画な人なのです。


スポンサーリンク

お金を借りる場合は銀行を活用するべき

お金を借りる時に大事なのは、有利な条件で融資を引き出すことです。

とくに大事なのは「金利」ですね。

金利とはお金を調達するときのコストです。コストを抑えることができれば返済も楽になるのです。


例えば100万円を借りて5年で返す場合、金利が異なると毎月の返済金額と5年間の総返済額は次の表のようになります。

 金利 返済金額   総返済額 
  2%  17,527円  1,051,665円
  5% 18,871円  1,132,270円

自動車を購入する時に銀行のローンを利用すれば金利2%程度でしょう。

しかし、ディーラーローンを利用すれば金利5%程度(国産車・キャンペーン等なしの場合)は覚悟しておいたほうがいいでしょう。


こうした金利の差はあらゆるローンで発生します。

審査が厳しい銀行のローンは金利が低くなり、審査がゆるい信販やサラ金では金利が高くなるのです。


ただし、銀行系でもカードローンやフリーローンは金利が高いので利用しないように注意しましょう。


使い道をはっきり申告できないなら借りない方がいい

銀行では使い道が明確になっているローンの金利が低く設定されています。

住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなどを利用するなら断然銀行を利用すべきです。

ところが、使い道がぼんやりすると住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどを利用することはできなくなります。


使い道が明らかにできない場合は、基本的にカードローンやフリーローンといわれる商品を利用するしかありません。

これらの商品は金利がとても高い傾向なので、あえて利用することに価値を見出すことはできません。


何に使うのかを申告して必要書類を提出すれば低金利でローンが利用できるのに、あえてカードローンやフリーローンを利用したいと考えるのは不自然です。

カードローンやフリーローンを使う人は「人に言いにくい使い道」にお金を使っていることがほとんど。

ギャンブルや無計画な買い物、他の金融機関のローン返済、遊興費などですね。


使い道も決まっていないお金を借りようとする人は基本的にアホです。

金利が高くても新たなローンで返済して「きちんと返済している」と思い込んでいます。救いようのないアホです。


金利をコストと認識し、必要な時に必要な金額を借り、計画性をもって返済することがローン利用の大前提。

「サラ金で遊ぶお金を借りてます!」なんて言えませんよね。

人様に言えないような使い道でお金を借りるなんて言語道断です。

実力以上の派手な生活は絶対に行き詰まり、破綻します。


安易にお金を借りてはいけません。

銀行の審査で落ちたら諦めましょう。

諦めきれずにサラ金に手を出したら最後だと、心に刻み込んでおくことをおすすめします。