【高確率】カード決済=借金という意識がないと貧乏になる

カードを活用するための知識
この記事は約6分で読めます。

わたしは生活費のほとんどをカード決済にしており、アメックスとJALカードを利用しています。

どちらのカードもマイルを獲得することを目的にしています。

いろんな支払いをカード決済にすれば、ハイペースでポイントやマイルが貯まっていきますよね。


カード決済でポイントやマイルが貯まるとお得です。

しかし、ポイントやマイルに釣られてカードを使いすぎてしまう人もいるようです。

とても便利なクレジットカードですが、使い方を間違えると貧乏生活に転落してしまうこともあります。

今回はカード決済によって貧乏生活に転落することがないように「カード決済=借金」という意識を持つことの大切さを掘り下げておきます。

スポンサーリンク

クレジットカードは「立替え払い=借金」

クレジットカードを利用するときに「お金を借りる意識」を持っている人は非常に少ないです。

改めて考えれば、現金を持っていなくてもクレジットカードでお買い物ができるって不思議ですよね。


基本的にお金を持っていない人は買い物できません。

しかし、クレジットカードを使えば現金がなくてもカード会社が代金を立替えてお店に払ってくれます。

カード利用者がカード会社に「手持ちのお金がないからお金貸して!」ってお願いしているのと同じですね。


カード払いで立替えてもらったお金は、カード会社が集計して1か月の利用分をまとめて請求されます。

利用者がカード会社から請求された金額を支払えば、借金を返した状態になります。


クレジットカードはローンの一種です。

借主はカード利用者、貸主はカード会社ですね。

立替え払いの精算を求められた場合は、口座引落日や入金日に遅れることなく1円も不足することなく支払わなければなりません。

もし支払いが遅れたら、信用情報に延滞履歴が記録されたり利用停止になるでしょう。

この点も一般的なローンと同じです。


「カード払い=借金」という意識で慎重に利用

カード払いは便利ですが「借金」という意識が薄いと危険な面があります。

たくさんお金を持っている人なら、翌月の請求額が高額でも問題ありません。

しかし、お金をあまり持っていない状態で限度額の上限までクレジットカード利用していると請求されても支払えない状態に陥ってしまいます。


ほとんどの人は計画的にカードを利用します。

しかし、旅行や買い物などでお金を使っていると思った以上に高額な利用になってしうまうこともありますよね。


カードの限度額は利用者の実力よりも多めに設定されているケースが多いため、調子に乗って無計画にカードを利用していると支払い不能に陥るリスクが隠れています。

クレジットカードは「信用で買う」のではありません。

あらかじめ設定された「ローン枠で買う」のです。

ローン枠は実力(支払能力)よりも少し大きめなので、利用限度額の上限まで利用していると請求が高額になり苦しい状態に陥るはずです。


借りれる金額と返せる金額は別なので、自分の支払能力以上の立替え払いにならないうように注意が必要です。


お金にルーズな人は「カード払い=借金」が理解できない

とても残念なことですが、クレジットカードの利用をきっかけに借金苦に陥る人って多いです。

わたしが以前相談にのった人も徐々にお金が回らなくなっていった人でした。

  • 派手な暮らしでカード利用を繰り返す
  • 毎月の一括払いがきつくなってリボ払いを利用
  • リボ払いがふくらみ銀行カードローンを利用
  • 返済日に入金できなくなりカードが利用停止
  • お金に困り果てる

ざっくりとした流れですが、派手な生活を続けているうちにカード利用が増加していったのが原因です。

決定的にダメなのはリボ払いに手を出しことですね。

カード利用分の翌月一括払いができない時点で、使い過ぎていることに気が付くべきでした。


お金にルーズな人は計画性のあるお金の使い方を知りません。

何かしらの理由をつけて「お金を使うこと」を正当化します。


支払い方法が現金のみなら、カード決済のようにお金を使うこともないかもしれません。

しかし、クレジットカードに与えられた「利用可能額」を過信してカード決済を続けると実力以上のローンを背負うことになります。


カード決済が原因でお金を回らなくなる人はたくさんいます。

そして、彼らの多くはクレジットカードが借金であることに気が付いていません。


「リボ払いや翌月一括払いのカード利用はありますか?」と質問すれば、「あります。」と回答してくれますが。

「それもローンの一種ですよ。」と言うと、「え!そうなんですか?」と反応します。


お金にルーズな人はカード決済を借金とも思わず、便利な決済ツールだと思っています。

冷静に考えればわかることでも、お金にルーズな人は理解できません。

「カード決済=借金」という事実を理解していれば、カードの恐ろしさも理解できます。

利便性と恐ろしさを理解すれば「過度なカード利用は控えないといけない」と思いますよね。


カードは正しく無理なく利用するもの

ポイントやマイルが貯まるクレジットカード。

世の中には無数のカードが存在しますが、基本は一緒です。

「カード払い=借金」です。


クレジットカードは年会費、決済手数料や利息収入で利益を上げるビジネス。

なので、たくさん年会費を払ってほしいし、たくさん利用してもらいたいし、リボ払いで利息もたんまり払ってほしいはずです。


だとすれば、あの手この手を使ってカードの利用を促しますよね。

その手法の1つが「ポイントやマイルなどの還元」です。

いつもより多くポイントやマイルが貯まるキャンペーンを展開したり、リボ払いに登録したらボーナスポイントくれたり、さまざまな手法で利用を促してきます。


カード会社にも収益を上げてもらわないといけないので、キャンペーンを展開することが悪いとは思いません。

しかし、利用者は過剰に利用するとカード残高が膨らみ取り返しのつかない状態になってしまうおそれがあることを意識する必要があります。


カード決済で得られるポイントやマイルはあくまで副産物です。

ポイントやマイルを獲得するために、余計な支出を重ねていては意味がありません。

お金はとても大切です。

目先のお得感に目を奪われて無駄遣いしてはいけません。


現金決済からカード決済に変えるのはまったく問題ありません。

しかし、カード決済は借金であることを忘れてはいけません。

便利だからといって使いすぎてはいけません。

もし、正しくカードを利用できる自信がなければ、無理してカードを利用しなくてもいいのです。

ポイントやマイルが欲しいからと、無理にカード決済を増やす必要もないのです。


「カード払い=借金」という意識を持ち、生活に支障の出ない範囲で利用することが大切。

そして、利用に応じて無理なくポイントやマイルを貯めていくことが大切です。

考え方を間違えると貧乏一直線です。

カードは慎重に利用しましょう。