基本的にアメックスプラチナは不要

カードを活用するための知識
この記事は約6分で読めます。

アメックスは日本でいち早くステータスカードを発売したカード会社です。

「富裕層向けのラグジュアリーなブランド」というイメージをもっている人も多いでしょうね。

わたしもそんなイメージを持っていました。


ただ、実際はどうかということを考えてみると「案外誰でも持ってるカード」です。


それほど日本は世界の国々に比べて豊かな国だということです。

で、今回は「誰でも申し込めるようになったアメックス・プラチナ・カードが必要か」という疑問に答えを出しておこうと思います。


スポンサーリンク

アメックスプラチナの価値は「時間の節約」

さて、私はアメックスの丁寧で人間味あふれるデスク対応を高く評価しており、メインカードとして愛用しています。

アメックスの「提携カード」ではなく、一貫してプロパーカードを利用しています。

そしてこれからも、よほどの大改悪がない限りアメックスを利用したいと考えています。


私は「丁寧で人間味のある対応」こそアメックスの最大の魅力だと思っています。

その魅力に最も触れることができるのは、アメックス・プラチナ・コンシェルジュ。

細かな要望も聞いてくれて、思い出に残る旅や思い出に残る体験の手伝いをしてくれます。


コンシェルジュとのやりとりは記録されるため、何度も依頼をしているとホテルや食事の好みを把握してくれます。

そして、旅行の手配を何度もお願いしていると、そのうち好みに合った提案をバシッともらえるようになっていきます。


わたしもよくコンシェルジュデスクを利用していました。

当時はとにかく自分の時間を確保したかったので、デスクを利用することで得られる「時間の節約効果」はとてもありがたかったですね。


しかし、 最近は全国を飛び回る暮らしを抜け出してノンビリと地方都市で暮らしているためデスクに電話することはありません。

出かける機会が減ると飛行機や新幹線を使うこともなく、宿泊もほとんどありません。

自分の時間が増えると相談することがなくなり、自然にデスクと関わる事もなくなるのです。


多忙な暮らしを卒業すると時間はあります。

なので、たまに出かける個人旅行の手配もじっくり時間をかけて自分でできちゃいます。

忙しかったころは「お金払ってでも時間を節約したかった」ですが、今は時間があるので「お金を節約して暮らしをシンプルンにしたい」と思うようになったわけです。


お金を節約したい人にはアメックスプラチナ不要

アメックス・プラチナ・カードは高額な年会費を支払うことでホテル優待や上級会員資格を得られたり、手厚い保険を利用できるカード。

トラベル&エンターテイメントに特化したカードの代表格ともいえる豪華な付帯サービスは、利用者の満足度を高めてくれます。


アメックス・プラチナ・カードの特典はコンシェルジュを筆頭に優れたものが多くあります。

素晴らしい特典を活用するにはコンシェルジュを通じて旅行やレストランを手配して、実際に利用する必要があります。


アメックスプラチナの良さは「お金を使うこと」で感じる

アメックス・プラチナの特典って、ビジネスホテルや大衆居酒屋では効果薄いです。

ビジネスホテルや大衆居酒屋の予約でも依頼すればしっかり手配してもらえるので、単純に仕事が忙しいから予約だけコンシェルジュに依頼することもOK。


でもアメックス・プラチナを活かすには、高級ホテルに数日間滞在しつつ周辺の観光や食事も楽しむプランを描いてもらうのがいいと思います。

もちろんJTBとか日本旅行でも相談可能だと思いますが、アメックス・プラチナならではの蓄積データもあるはずなので任せてみる価値ありです。


ただし、アメックス・プラチナ・コンシェルジュに丸投げするには注意点が1つ。

それは宿泊も食事もある程度の価格帯以上の提案が行われる、ということ。


ハイクラスホテルに滞在しつつ、オシャレなレストランでお食事しつつ現地で思い出深い体験をしたいなら、費用はそれなりに高額になるでしょう。

でも、ホテルのアップグレードやレストラン優待なども期待できるので同じ内容を自分で手配するよりもトータル安上りになる可能性も高いので単純な損得では測れない面もあります。


確実に言えるのは、贅沢旅行を格安で楽しみたい!!と思っている人には不向きってことです。

もしホテルのアップグレードがなかったら「話が違うじゃねーか!」みたいに言う人もいますよね。

でも、アップグレードはあくまでもホテルの好意であって、こちらが要求するものではありません。


アメックス・プラチナ・コンシェルジュは優秀なので、要望を正しく伝えておけば常識的な範囲で期待に応えてくれます。

逆に「アメックス・プラチナは特別だ」と思い込んでいるとガッカリすることになるでしょう。

結局、手厚いサービスを提供してほしければ、それなりにお金払ってねってことです。

なので、プラチナ・コンシェルジュ経由でハイクラスホテルや高級レストランを利用するなら、それなりの出費は必要です。

スポンサーリンク

シンプルに考えればプラチナカードは不要

9か月半のブランク中、わたしはサボり続けて時間を持て余す毎日でした。

無駄に過ごした時間もたくさんあったと思います。しかし自分の思い一つで自由になる時間がたくさんあることは大きな喜びでした。


飛行機に乗りたくなれば自分で空席を調べて手配すればいい。

泊まりたくなったらマリオットの空室を調べればいい。

それも、どうやって手配すれば安上がりなのか考えながらです。


飛行機はやっぱりマイル、マリオットは公式サイトが最安ですけどね。


で、ふと気が付きました。

20代前半の頃は何でも自分で手配してたよね。

あの頃はお金なかったけど、工夫して贅沢もしたよね。


この記事を読んでいる人の中には、プラチナ・カードを作ろうか悩んでいる人もいるでしょう。

すでに持っているけど解約しようかと悩んでいる人もいるでしょう。

そんな人はシンプルに考えてみたら答えが見えてきます。


  • プラチナカードは魔法のカードではなく、時短カード。
  • プラチナカードは特別なカードではなく、お金を払えば利用できる。

時間があって、自分でどうにかできる人には基本的に必要ありません。

そして、お金を節約したい人には不要です。

これは断言します。


アメックス・プラチナ・カードは家族カードも含めて考えればお得なカードです。

しかし、維持費は高額。

さらに特典を活用するにはお金を使う必要があります。

本当に必要かどうか悩んでいる人は、次の5点もふまえて考えてみてください。

  • 年会費の元を取ろうなんて考えたらダメ
  • 使いこなすには出費がともなう
  • 万能カードではない
  • 持っているだけではステータスなし
  • すごく地味な色

いま挙げた5点をふまえて、それでもアメックス・プラチナを持ちたいなら突撃です。


最後にもう一度。

基本的にアメックス・プラチナは不要です。


日常生活に潤いをもたらすのは、ゆるーい暮らし。

お金を使いすぎず、人の目を気にせず、妙な対抗心を持たず生きるほうが実質幸せです。