セゾン・アメックスはアメックスの特典が使えてコスパがいい

カードを活用するための知識
この記事は約11分で読めます。

「アメックスプラチナよりセゾン・アメックスプラチナのほうがコスパいいよね!」

あるお金持ちがこんなことを言っていました。

お金持ちなんだから、アメックスプラチナを使い倒せるでしょうに。

プラチナカードの年会費14万が高くてコスパが悪いって言いたかったようです。

お金持ちは自分にとって役立つものには惜しみなくお金を払いますが、役に立たないものにはお金を出したくないって人が多いのです。

アメックスプラチナコンシェルジュも、プライオリティパスも、手厚い旅行保険も、ホテルメンバーシップも不要だっていう人もお金持ちにはたくさんいます。

すでに秘書を雇っているような人にはコンシェルジュ自体が無意味です。

高級ホテルの常連になっている人にはホテル上級会員資格なんかなくても最高の待遇が待っています。

いらないサービスは付帯するために高額な年会費を払う必要はないってことです。

コストパフォーマンスの高いクレジットカードがあれば、十分だってことです。

セゾン・アメックスは年会費が格安

セゾン・アメックスの最上級カード「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス」の年会費はたったの2万円+消費税です。

本家アメックスプラチナの6分の1以下。

セゾン・アメックスはアメックスプロパーのサービスも一部利用可能となっているんで、利用価値が高くなるわけです。

「コスパ=費用対効果」です。

同じサービスが格安で受けれるなら安いほうを選択するのが正解です。

クレジットカードは実用性が大事

クレジットカードは見せびらすための道具ではありません。

アメックスセンチュリオンだろうがアメックスプラチナだろうが、JALカードだろうが楽天カードだろうが、アコムカードだろうが、お金を払うための道具に過ぎません。

単なる決済ツールであるクレジットカードに、年会費に応じた特典がついていれば、日常生活や旅行先・出張先で役に立つ機会だってあります。

でも、絶対海外に行かない人が「海外旅行保険1億円」ついていても無駄です。

優秀な秘書をすでに専属で雇っている人ならコンシェルジュなど不要です。

カードの基本は決済ツール。年会費に応じて用意された付加価値の部分が「特典」です。もし特典を使いこなせないなら、最初から特典の控えめなカードを選択しておけばいいのです。

あまりに豪華な特典は、一般的な家計支出では使いこなすことは難しいものです。カードの特典を使いたい一心でお金を使うと、一気に家計が苦しくなることだってあり得ます。

あくまでも自分自身の暮らしを豊かにするための道具だということを念頭に置いて考えることが大事なんですね。

そんなことを考えながら、私は今まで偽アメックスと厳しい目で見ていたセゾン・アメックスについて少し理解を深めて利用価値を研究することにしました。

セゾン・アメックスとアメックスの違い

そもそもセゾン・アメックスとアメックスがどう違うのか理解しておかないといけません。それぞれのカードについて簡単に説明しておきます。

アメックス

アメリカン・エキスプレス・カードが自ら発行しているプロパーカードが「アメリカン・エキスプレス・カード」です。

世界中で百人隊長が描かれた券面デザインを採用しているため、一目見れば「アメックス」とわかります。国内でも海外でも知名度が高く「ステータスカード」と言われています。サービスも富裕層向けの特典が多く用意されているカードです。

「アメックスプロパー」とも言われたりしますが、航空会社やホテルグループとの提携カードなど種類も豊富です。もちろん、どのカードも豪華な付帯サービスが用意されているため高額な年会費が必要です。

アメックスプロパーカードは何を基準に選ぶべきか考えてみた
アメックスは個性的なカードフェイスがかっこいい高級感あふれるカードです。 アメックスのカードラインナップは幅広く、プロパーカードだけでなくANAやデルタといった航空会社やSPGなどのホテルと提携したカードも取り揃えています。 ...

セゾン・アメックス

クレディセゾンという信販会社がアメリカン・エキスプレス・カードと提携して発行している提携カードがセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードです。

アメックスプロパーと同じように百人隊長が描かれた券面デザインを採用しています。世界中で百人隊長が描かれているのはアメックスプロパーカードとセゾン・アメックスだけです。

サービスはセゾンカードをベースに一部アメックスのサービスを利用できるようになっていて実益重視といった感じです。また、年会費もアメックスプロパーに比べるとかなり控えめで、何年使っていても年会費が高すぎると感じにくいお手ごろ感にあふれています。

セゾン・アメックスでも利用できるアメックスの特典

アメリカンエキスプレスセレクト

「アメリカンエキスプレスセレクト」は、アメリカン・エキスプレス・カードが会員向けに用意している特典のひとつです。

レストランやホテル、リゾートなどで割引を受けることができます。ホテル、ダイニング、ショッピングの3つのカテゴリーがありますが、一流レストランで10%~20%の割引が受けられるほか、一流ホテルの宿泊では最大80%まで割引きが受けられます。

高級感あふれる空間で食事を楽しんだり、落ち着いたホテルでゆったりと滞在を満喫するにはかなり役立つサービスです。

そんなアメックス会員限定のサービスがセゾン・アメックスの利用者でも使えてしまうのは衝撃的なことです。

セゾン・アメックスは年会費がお手頃なので、ホテルやレストランの優待を使えば一瞬で回収できてしまいます。こんなにお得なサービスがセゾン・アメックスに解放されているとは、、、アメックスプロパーユーザーとしては複雑な気持ちになってしまいます。

スポンサーリンク

セゾン・アメックスとアメックスの年会費の違い

アメックスプロパーの特典が一部利用可能となっているセゾン・アメックスですが、年会費の違いがまた衝撃的なんですね。

アメックスプロパーユーザーとしては、さらに複雑な気持ちに。。。

アメックスの年会費

私がいつも使っているアメックスプロパーの年会費は割と高額です。

アメリカンエキスプレスカードは12,000円税別。

アメリカンエキスプレスゴールドカードは29,000円税別。

アメリカンエキスプレスプラチナカードは130,000円税別。

高いですね。さすがアメックスプロパーです。当然、年会費が高いだけあって付帯サービスもかなり充実しています。

使いこなせる人にとっては高額な年会費を支払ってもコストパフォーマンスの高いカードです。

セゾン・アメックスの年会費

もっとも年会費の安いセゾン・パール・アメックスは1,000円税別。

次に年会費の安いセゾン・ブルー・アメックスは3,000円税別。

セゾン・ゴールド・アメックスは10,000円税別。

セゾン・プラチナ・アメックスは20,000円税別。

プロパーに比べれば安すぎて、もはや泣きそうになります。とくにもっとも年会費の安いセゾン・パール・アメックスは初年度年会費無料で翌年度も1年に1回のカード利用があれば年会費無料になってしまいます。

これでアメリカンエキスプレスセレクトが使えるのは破格です。

セゾン・プラチナの惜しいところ

アメックスプロパーが年会費が高いだけのカードに見えてきそうなので、すこしアメックスプロパーに有利なお話を。

プラチナコンシェルジュ利用不可で家族カード有料

アメリカンエキスプレスプラチナカードは、24時間365日いつでも電話で対応してくれるプラチナコンシェルジュデスクを設けています。きめ細やかな応対と幅広い知識で私たちのリクエストに応えてくれる素晴らしいサービスです。

アメリカンエキスプレスのコンシェルジュは丁寧な応対と豊富な経験に基づいた提案を行うことに定評があります。そんなプラチナコンシェルジュデスクは、本人と家族カード保有者が利用可能なので、最大4枚まで無料で発行できる家族カードを作れば一家総出でコンシェルジュデスク使い放題になるのです。

これはとてもありがたいサービスです。

このプラチナコンシェルジュはアメックスプロパーのアメリカンエキスプレスプラチナカード保有者に提供されるサービスです。つまり、セゾン・プラチナ・アメックス保有者は利用することができません。

ちなみに、家族カードもセゾン・プラチナ・アメックスだと1枚あたり3,000円の年会費を請求されます。4枚作れば12,000円です。

年会費を比較すれば圧倒的にセゾン・アメックス有利ですが、あくまでもサービスの主体はセゾンカード。デスクも当然セゾンになります。

しかし、プラチナともなれば年会費の差は10万円以上。これだけの差があれば、コンシェルジュの利用頻度を考えて費用対効果を検証してもいいのではないでしょうか。

あちこちと飛行機や新幹線で飛び回ることの多い人は、10万円の価値を見出せるかもしれません。でも、旅行も出張もあまり行く機会がない人は年会費の無駄になってしまいます。

使えば使うほど割安感を感じていけるのがアメックスプロパーといった感じですね。

セゾン・プラチナの素晴らしいところ

コンシェルジュを除くサービスは、セゾン・プラチナ・アメックスでも手厚いものが提供されています。

ホテルやレンタカーなど旅行を楽しむために必要なサービスを優待価格で利用できるなど、年会費と比較しても圧倒的なメリットがあります。

  • カードデスク・サービス(24時間)
  • ハイヤー送迎サービスご優待
  • スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド
  • ミニメイド・サービス(家事代行サービス)
  • 永久不滅ポイント
  • SAISON MILE CLUB

用意されたサービスを一部掲載しましたが、余暇を楽しむためのサービスが一通り用意されている感じです。ただ、やはりカードデスク・サービスは対応できるオーダーの幅が明確にされていて、柔軟性に欠ける印象です。

この辺りは本家アメックスプラチナカードと年会費が段違いに安いので仕方がないところです。

アメックスプロパーは敷居が高い

アメックスは昔から富裕層をターゲットにしています。そのため、お金持ちのカードという印象が付いています。

富裕層向けの豪華な付帯サービスがたくさん用意されているため、アメックスプロパーを保有するだけで年間数万円のコストがかかります。

付帯サービスを利用する機会が多ければ、高額な年会費を払っても十分満足できるでしょう。しかし、付帯サービスをほとんど利用しなければ年会費を払っただけで終わってしまいます。

自分自身のライフスタイルを見極めながら最適なカードを選択する必要があるのです。

アメックスが単なる決済用カードではなく、旅行や余暇の充実に力を発揮するカードであることを考えれば明らかです。アメックスの提案するライフスタイルに近い方には親しみやすく、ライフスタイルが異なる方には敷居の高いカードと言えますね。

と言いつつ、アメックスの提供するサービスが活用できるかどうかって、試してみないとわからないのも事実です。

ためしにアメックスの最高に心地いいサービスを体験して、できればプラチナカードまでめざしたいって人に朗報です!!

なんとアメックゴールドカードが初年度年会費無料で利用できるキャンペーン中なんです。

本来なら3万円ですよ。

これは試しに使ってみるのもありですね。

旅行やレストランでのお食事の機会が多い人やこれからそんな暮らしを楽しんでみたいって人には最適なカードです。

こんなにお得なら利用しないなんてもったいないですね。

アメックスを味わうだけならセゾン・アメックスで十分

あえて敷居の高いアメックスプロパーを選ぶ必要はありません。

アメックスの使用感をちょっと試しながら、自分自身に合っているか考えることも大切。

試してみてアメックスのサービスが素晴らしいと感じればプロパーカードに変えてもいいし、セゾンアメックスのコスパに惚れてしまえばそのまま使えばいいのです。

アメックスもセゾン・アメックスもプラチナカードはインビテーション(招待)制になっています。

もし、これからプラチナカードを持ってみたいなと考えている場合は自分自身のライフスタイルと合致するかよく検証することをおすすめします。

そして、アメックスプロパー出なければならないのか、あるいはセゾン・アメックスで十分なのか見極める必要があります。

幸運なことに、今ならセゾン・アメックスは初年度年会費無料で手に入れることができます。パールでもブルーでも、そしてゴールドでも、初年度年会費無料です。

プロパーだと敷居が高いかもと感じるなら、試しにセゾン・アメックスを使ってみるのがいいでしょう。

プラチナへの入り口、初年度年会費無料のセゾンゴールド・アメリカン・エクスプレスカードから。

まとめ

アメックスプロパーにはフルサービスの魅力が、セゾン・アメックスにはいいとこ取りの魅力がそれぞれあります。

最後は使う人のライフルタイルや価値観に適合するかどうかです。必要なものには十分お金をかけ、不要なものにはなるべくお金をかけないのがお金持ちの鉄則です。

もし、暮らしのなかでアメックスプラチナコンシェルジュを使う場面が想像できないなら、セゾン・プラチナアメックスをめざすほうが現実的でもっとも効率がいいかもしれません。

お金持ちの発した言葉から、いろいろと考えされられた「セゾン・アメックスはアメックスの特典が使えてコスパがいいという話」でした。