アメックス・スカイトラベラーの還元率が相当高いって話

カードを活用するための知識
この記事は約8分で読めます。

アメックスの数あるカードラインナップの中で旅行に特化したカードがあるのをご存知でしょうか。


旅行に特化したカードといえば「SPGアメックス」と思われがちですが、さらに旅行に特化した旅好き必携カードともいえる高還元率のアメックスのカードが存在します。

SPGアメックスがマリオットとSPGの合併により神カードと変貌する前はよく見かけましたが、最近は露出が減っています。


先日アメックス公式HPでカードの特徴を再確認してみたところ、けっこう優秀だなって思うカードがあったのでご紹介しておきます。


というわけで、今回はアメックスが誇る高還元率の旅行特化型カードの優等生「アメックス・スカイ・トラベラー・カード」についてのお話です。

旅行に関する還元率が非常に高く年会費もお手頃なので、上手に使えばかなりメリットがでてきますよ。

スポンサーリンク

スカイトラベラーカードの特徴

飛行機に乗るときだけでなく、旅行を愛する人にうれしい特典が用意されているのがスカイトラベラー。

SPGアメックスがホテルに特化しているカードであれば、スカイトラベラーは交通に特化した最強カードと言えます。


航空券を買うとポイント3倍

提携航空会社28社の航空券を買うと通常の3倍のポイントが付与されます。

対象となる航空会社は次の通り。(五十音順)


アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、エア タヒチ ヌイ、ANA、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空


ちゃんとJALもANAも入ってますね。


アメックスのメンバーシップリワードポイントは通常100円で1ポイントですが、スカイトラベラーカードを使って対象航空会社の航空券を買えば100円で3ポイントもらえます。

これだけで、相当な破壊力です。

ただし、JALパックのような航空会社のパッケージ旅行はポイント3倍付与の対象外ですからご注意ください。


旅行代理店で手配してもポイント3倍

スカイトラベラーは飛行機に乗らないって人にもうれしい特典が用意されています。

名前から航空系に特化してそうな雰囲気が漂っているスカイトラベラーですが、鉄道や高速バスの利用やホテル宿泊でもポイント3倍となることがあります。


国内旅行では新幹線や特急、高速バスを利用してお出かけすることも多々ありますよね。

そんな時にスカイトラベラーはポイント3倍付与という絶大な威力を発揮します。


絶大な威力とは、「提携旅行代理店で指定旅行商品を購入すると通常の3倍のポイントが付与される」という特典。

で、対象の旅行代理店と指定旅行商品は次の通り。


  • 日本旅行のウェブサイトおよび日本旅行の全店舗
    対象航空会社28社の航空券、パッケージツアー、前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金、JR・バスのチケットのご購入
  • アップルワールド(アメリカン・エキスプレスのカード会員様専用ウェブサイト)
    前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金

これは優秀です。

日本国内で飛行機を利用しない旅行を楽しむときも、ポイントがザクザク貯まる仕組みになってますね。


日本旅行のパッケージツアーなら「新幹線とホテルがセットになったプラン」も豊富に用意されているので割安に旅行できます。

パッケージ旅行が割安なうえ、ポイントが通常の3倍もらえるという大盤振る舞いです。



アメックスとスカイトラベラーのお得度を比較

アメックスの一般的なカードとスカイトラベラーカードでは付与されるポイントやお得度にどれくらいの差が生じるのでしょうか。

日本旅行で10万円の国内パッケージツアーを手配する場合を例に比較してみましょう。


通常のアメックスのポイント付与数

アメックスグリーン・アメックスゴールド・アメックスプラチナでは航空券を買おうが旅行代理店で手配しようが100円につき1ポイントしか付与されません。

還元率は1%です。


日本旅行で10万円のパッケージツアーを利用したら、1,000ポイントもらえます。

1,000ポイントをマイルに交換した場合、交換レートは80%ですから800マイルとなります。

1マイル当たり2円とすれば、約1,600円が還元されたということになります。


スカイトラベラーのポイント付与数

一方、スカイトラベラーでは日本旅行のパッケージツアーの代金を支払うと100円につき3ポイント付与されます。

10万円のパッケージツアーを利用したら、3,000ポイントもらえます。


3,000ポイントをマイルに交換した場合、交換レートは100%ですから3,000マイルとなります。

1マイル当たり2円とすれば、約6,000円が還元されたということになります。

この差は無視できませんね。


マイルへの交換レートの差が大きい

一般的なアメックスとスカイトラベラーではポイント付与数に大きな違いがありますが、他にも還元率に大きな影響を与える部分があります。


それは、ポイントからマイルへの交換レートです。


アメックスのメンバーシップリワードではマイル交換レートが80%となっています。

一方のスカイトラベラーではマイル交換レートが100%となっています。


ポイント数で3倍の差があるうえに、ポイントからマイルへ交換する際にも20%の差があるんですよね。

10万円の旅行代金を支払った場合で比較すると、スカイトラベラーで決済したほうが約4,400円もお得になります。

スポンサーリンク


スカイトラベラーカードは年会費が安い

旅行代金の決済によるポイント付与がとても大きいことがわかったところで、さらにお得な情報を。

実は、スカイトラベラーは年会費がアメックスグリーンよりも安いんです。


アメックスグリーンは年会費12,960円(税込)ですが、スカイトラベラーは年会費10,800円(税込)なんですよね。

ポイントがザクザク貯まって年会費が安いとくれば、お得感が半端ないですね。


もちろん、無料ポーターサービスなど一部のサービスが利用できないために年会費が安くなっているんですが。

ポイントをマイルに変えて活用したい場合には、ランニングコストを抑えることも重要です。


スカイトラベラーはメンバーシップリワードプラスが不要

アメックスのカードは基本的にポイント還元率を高くするためにメンバーシップリワードプラスに加入しておく必要があります。


アメックスグリーンやアメックスゴールドを使っている人は年間3,240円の費用を払ってメンバーシップリワードプラスに加入しておかないと、マイルへの移行時に還元率が非常に悪くなってしまします。


メンバーシップリワードプラスに加入している場合は1,250ポイントを1,000マイルに交換できますが、未加入の場合は2,000ポイントを1,000マイルにしか交換できません。

コストがかかってしまいますが、ポイントをマイルに交換する年には必ず加入しておかないといけませんね。


一方、スカイトラベラーカードはメンバーシップリワードプラスに加入できません。

交通に特化しているスカイトラベラーは、常に「1,000ポイント=1,000マイル」で交換可能です!

アメックス・グリーンよりも安い年会費で旅行時のポイント獲得が大きく、さらに交換レートも優れているのはうれしい限りですね。


入会時と毎年付与のボーナスポイントが優秀

スカイトラベラーのことを書いているとアメックスプロパーが還元率悪くて損してるような気がしてきました。

もうこうなったら、さらにダメ押しのスカイトラベラー特典も書いてしまいます。


スカイ・トラベラー・カードは航空系カードなので、ANAアメックスのように入会時と毎年更新時のボーナスポイント付与があります。

ボーナスポイントが付与される条件は「年会費が期日通り支払われること」となっていますが、アメックスユーザーに年会費滞納する人なんていないですよね。


なので、ホルダーは毎年ボーナスポイントがもらえます。

入会時には「カード入会に感謝を込めて3,000ポイント」がもらえます。

そして、毎年更新時には「カード継続に感謝を込めて1,000ポイント」がもらえます。


入会ボーナスポイントはマイル移行時に3,000マイルになります。

1マイル2円として約6,000円の価値があります。

毎年更新時のボーナスポイントはマイル移行時に1,000マイルとなります。

1マイル2円として約2,000円の価値があります。


入会初年度から年会費は必要ですが、ボーナスポイントとしての還元を考えれば割安な年会費負担でボーナスポイントを獲得し続けることができるってことです。

アメックス・グリーンアメックス・ゴールドには毎年更新時のボーナスはありません。

マイルを貯めることに特化して考えれば、スカイトラベラーは相当優秀なカードです。

JAL派の人はメンバーシップリワードのポイントをブリティッシュエアウェイズのAviosに移行して使えばお得すぎますね。

まとめ

アメックススカイトラベラーカードの還元率は相当高い水準です。

日常の決済でも100円につき1ポイント付与ですから、陸マイラーには便利なカードですよね。

もちろんポイントは無期限で貯めることができます。


航空会社のマイルは有効期限があるため、有効期限のないクレジットカードのポイントとして貯めていき、必要な時にマイルへ交換すればいいんです。


スカイ・トラベラー・カードは旅行好きな人が「次の旅行をもっとお得に楽しむための還元策」が付いているカードです。

飛行機に乗らない旅行が多いって人も、日本旅行のパッケージツアーを利用することでポイントを貯め続けることができます。


アメックスの中でも年会費が抑え目なのがさらに好印象です。

アメックスのラインナップの中でも最も旅行に特化してコスパに優れたカードであるスカイ・トラベラー・カードは活用しないともったいないレベルです。

もっと旅を楽しみたいなら、持っておくべき1枚ではないでしょうか。