SPGアメックスとアメックス・プラチナの特典比較

カードを活用するための知識
この記事は約9分で読めます。

SPGアメックスとアメックス・プラチナってホテル関連の特典で悩んでしまうカードです。

普通に考えれば豪華な特典がたくさん付帯されているアメックス・プラチナがお得なんですが、年会費が高いのでちょっと足踏みしちゃいますよね。


SPGアメックスも年会費のわりにホテルの優待や無料宿泊特典が手厚く、ポイントの使い勝手もいいので悩みどころです。

SPGアメックスとアメックス・プラチナでは「マリオットゴールド資格がもらえる」など重複する特典もあるので、さらに悩みどころです。


似ている特典をピックアップしつつ細かい違いを確認することで、「どちらカードのほうがコストパフォーマンスに優れているか」を考えるほうが合理的です。

今回はSPGアメックスとアメックス・プラチナの特典を比べつつ、年会費も含めてどちらがお得なのか検証します。

スポンサーリンク

SPGアメックスとアメックス・プラチナの年会費を確認

まずはそれぞれの年会費を確認しておきましょう。

  • SPGアメックスの年会費→31,000円+消費税
  • アメックス・プラチナの年会費→130,000円+消費税

アメックス・プラチナ・カードはSPGアメックスの3倍以上の年会費です。


SPGアメックスとアメックス・プラチナにはそれぞれ家族カードを発行することもできます。

それぞれの家族カード年会費も確認しておきましょう。

  • SPGアメックスの家族カード年会費→15,500円+消費税
  • アメックス・プラチナの家族カード年会費→0円

SPGアメックスは家族カード発行が有料です。一方、アメックス・プラチナは最大4枚まで家族カードが無料で発行できるというメリットがあります。


SPGアメックスとアメックス・プラチナを比べるなら、家族カードの活用も含めて検証したほうがよさそうです。


家族カードの年会費を含めて特典のお得度を比較

アメックスでは本人カードのほかに同一生計の親族等を対象に家族カードを発行できます。

家族カードを発行すると基本的に家族カード年会費(本会員の半額程度)が必要です。

また、付帯サービス(特に旅行保険の補償内容)も本会員に比べると制限された内容となっています。


アメックスをお得に使うための重大なヒントは「家族カード」に隠されています。

SPGアメックスとアメックス・プラチナの家族カード年会費と付帯サービスを比較してみると面白いことがわかります。


SPGアメックスの家族カード年会費とSPG特典

SPGアメックスでは家族カードを1枚発行可能です。SPGアメックスの家族カード発行には家族カード年会費(15,500円+税)が必要です。

本人カードと家族カードを合わせると年会費は46,500円+税です。


次にSPGアメックスの特典について確認しておきましょう。

SPGアメックスの本人カード会員はMarriott Bonvoyのゴールドになれます。

SPGアメックスを持っているだけでMarriott Bonvoy参加ホテルに泊まる時には、ホテル上級会員としての優遇を受けることができます。


2018年7月まではSPGゴールドの待遇が極めてお得な内容だったので、SPGアメックスの人気が沸騰していたんですよね。

ちなみに、2018年8月以降のゴールドエリートは以前のゴールドエリートに比べて優待内容が寂しくなってしまいました。


では家族カード会員はどうなんでしょうか。

実はこの点はとても残念な取扱いになっています。

なんと、SPGアメックスの家族カード会員はMarriott Bonvoyゴールドになれません。

つまり、家族カード会員はMarriott Bonvoy参加ホテルでは特に優待がないってことです。


アメックス・プラチナの家族カードは無料でSPG特典あり

アメックス・プラチナ・カードは家族カードを4枚まで無料で発行できます。

アメックス・プラチナの年会費は130,000円+税のままです。


もともとの年会費はとても高額なアメックス・プラチナですが、家族カードが最大4枚無料だとお得ですよね。


次にプラチナ・カードホルダー向けのMarriott Bonvoy特典について確認しておきましょう。

アメックス・プラチナ・カードはカード会員本人だけでなく、家族カード会員もゴールドエリートになれます。


アメックス・プラチナを持っているだけでMarriott Bonvoy参加ホテルにまったく泊まったことがなくても、本人と家族カード会員(合計で最大5名)がホテル上級会員としての優遇を受けることができるのです。

高額な年会費が格安に感じるほど破壊力のある特典ですよね。

スポンサーリンク

SPGアメックスとアメックスプラチナの「無料宿泊特典」の比較

SPGアメックスとアメックス・プラチナはどちらも旅行好きの人におすすめのカード。

どちらのカードにも「無料宿泊特典」が用意されていますが内容は大きく違います。


無料宿泊特典も比較しておかないとSPGアメックスとアメックス・プラチナのどっちがお得なカードなのか決められません。

SPGアメックスの無料宿泊特典

SPGアメックスを更新するたびに、世界各地のMarriott Bonvoy参加ホテルで利用できる1泊1室(2名まで)の無料宿泊特典が付与されます。

さらに、祝日や大規模なイベント開催期間中でも対象ホテルの特典対象の部屋に空室があれば無料宿泊特典を利用できる「除外日なし」という優れもの。


これはうれしいサービスですよね。

シェラトンホテルに土曜日に宿泊すると年会費分をすぐに回収できる感じですね。

無料宿泊には何らかの制限が付いていることが多いですが、SPGアメックスの無料宿泊特典にはブラックアウトと言われる「使えない日」がないのが極めて優秀な点です。

土日休みの人だと旅行日程も土日を中心に組み立てますね。


SPGアメックスの無料宿泊特典のようにブラックアウトなしだと、もっともホテルの宿泊代金が高額になりやすい時期に無料宿泊を利用できるためお得度が格段に上がります。


アメックスプラチナの無料宿泊特典「フリーステイギフト」

アメックス・プラチナを更新するたびに国内対象ホテルでで利用できる1泊1室(2名まで)の無料宿泊特典が付与されるサービスです。


残念ながら、祝日や大規模なイベント開催期間中など除外日の設定がされていることが多いので、利用したい時に利用できないってこともあります。

除外日があると、ものすごーく使いにくいんですよね。


対象となるホテルも年度ごとに変わりますが、だいた1泊20,000円程度のホテルが中心です。


アメックス・プラチナの無料宿泊特典はブラックアウトがあるので使い勝手が悪いです。しかし、家族カードを含めて考えれば評価ポイントもあります。


というのも、アメックス・プラチナのフリーステイギフトは本人が使わなくてもOK。

家族カード会員であればフリーステイギフトを利用してもいいことになっています。

土日休みだとフリーステイギフト使えないから、リタイアした両親に旅行をプレゼントするって感じで使うのもありですよね。

自分で使うだけじゃないってのも、なかなか使いやすいのかもしれません。


SPGアメックスとアメックス・プラチナの比較まとめ

今回比較したのはSPGアメックスとアメックス・プラチナの年会費・家族カード・ホテル無料宿泊特典の違いだけです。


家族カードと無料宿泊特典を比較すれば、SPGアメックスとアメックス・プラチナの損益分岐をイメージしやすくなります。

付帯サービスの豪華さを比較すれば、アメックス・プラチナが圧勝することは明らかです。

逆に、ランニングコストを比較すれば、SPGアメックスが圧勝することは明らかです。


では、実際にどちらを持つか決める際にはどのように判断していけばいいのでしょうか。

目先の年会費負担にとらわれずに損得を考えておきたいと思います。


少人数ならSPGアメックスがお得

SPGアメックスを持っていれば本人と同伴者1名はシェラトンやマリオットで優雅な滞在を楽しめます。

滞在が2人までならSPGアメックスの特典だけで何の不自由もありません。


旅行の頻度が少なく日常的にコンシェルジュデスクを利用することもないという独身や夫婦二人だけの家庭では、アメックス・プラチナの幅広いサービスがオーバースペックです。


家族カードも含めて豪華特典が満載のアメックス・プラチナは最強カードですが、使いこなせなければ無用の長物です。


独身時代に海外も国内も旅したいって人や夫婦二人でのんびり旅行したいって人はSPGアメックスを選択するのが正解です。

年会費31,000円+税を支払うだけでシェラトン・マリオット・リッツカールトンでの滞在がちょっと贅沢になるんですから、お得感は十分です!


アメックスの中でもとくにコストパフォーマンスに優れたSPGアメックス

新規入会キャンペーンもお得な内容になってるので、使ってみてもいいと思います。


家族で楽しむならアメックス・プラチナがお得

家族が増えておじいちゃんおばあちゃんも旅行大好きで、みんなで優雅な旅行に出かけたいって人にはアメックス・プラチナを選択するっていうのもいいんじゃないでしょうか。

家族カードにも本人カード会員と同じような豪華サービスが用意されているってのは、ほんとに心強いことです。


とても高額な年会費ですが、プラチナカードの付帯サービスは旅行関連だけでなく豪華な保険やコンシェルジュデスク、グルメ特典なども充実しています。

とくに「コンシェルジュデスクの優秀さ」は定評があります。

24時間365日有人対応の電話窓口ってコストかかりますが、アメックス・プラチナはしっかりとサービス提供してくれるんですよね。

コンシェルジュは一度使うとリピートしたくなります。


SPGアメックスとアメックス・プラチナのどちらがライフスタイルに合うかは人それぞれです。

多くの人はSPGアメックスを選べば十分満足できるんじゃないかと思います。

家族カードを有効活用したい人はアメックス・プラチナを選ぶと断然お得です。


どちらを選んでも間違いはありません。

SPGアメックスもアメックス・プラチナも、それぞれ魅力的な特典が用意されています。

家族構成や利用するシーンに合ったカードを選択して、年会費以上の大きなベネフィットを得られるようにしていきましょう。