【事実】SPGアメックスが最もJALマイルを貯めやすい

カードを活用するための知識
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、じゅの(@platinum_2015)です。

持っているだけでハイクラスホテルでのVIP待遇が約束されるSPGアメックス。

ホテルステイの特典はとても魅力的ですが、飛行機を利用する人にとっても見逃せない特典があります。


SPGアメックスのポイントプログラムを活用すれば、JALマイレージバンクよりも効率的にJALマイルを稼ぐことができるのです。

旅行好きにとってホテルと飛行機の節約はとても重要。

今回はホテル特典だけでないSPGアメックスの魅力を掘り下げます。

SPGアメックスのポイント還元率

SPGアメックスはポイントプログラムが少し特殊です。

というのも、SPGアメックスはメンバーシップ・リワードの対象外。

その代わりにマリオット・ボンヴォイの対象になっています。


SPGアメックスは100円利用で3ポイント貯まる

SPGアメックスで決済すると、マリオット・ボンヴォイのポイントは100円につき3ポイントもらえます。

アメックス・グリーンやアメックス・ゴールドなどで決済すると、メンバーシップ・リワード・ポイントは100円につき1ポイントもらえます。

SPGアメックスのポイント還元率がとてもいい印象を持つ人もいますが、マリオット・ボンヴォイとメンバーシップ・リワードではポイントの価値が違います。


マリオット・ボンヴォイの3ポイント=アメックスの1ポイント


還元率はどちらも1%程度なので、SPGアメックスが飛びぬけて得ってことはありません。

しかし、これからご紹介する方法を使えば本家JALカードを大きく超える「JALマイル発生装置」としてお得感を発揮します。


SPGアメックスのポイントをお得にする方法

決済額100円で3ポイントもらえるSPGアメックス。

ポイントの使い道はいろいろありますが、お得なのは2択です。

  • マイルへ移行する
  • ホテル宿泊で利用する

ポイントを使って宿泊するなら、繁忙期で宿泊価格が高騰している時を狙えばOK。マリオットの場合は空室があればポイントでの宿泊を認めてくれるので利用しやすいのが魅力です。


マイルへ移行すると還元率は大きく跳ね上がるのでオススメ。還元率1%でポイントを貯めつつレバレッジをかけて大量のマイルを獲得すれば旅行がとても身近になります。


SPGアメックスはマイル交換時の還元率が優秀

SPGアメックスとアメックスプロパーのマイル移行時の還元率はざっくりとこんな感じ。

  • SPGアメックス   1%
  • アメックスプロパー 0.8%

マリオットのポイントは3ポイント=1マイルの交換レートです。

100円につき3ポイント付与されて3ポイント=1マイルで交換可能なので、還元率は1%ですね。


アメックスのポイントは100円につき1ポイント付与されます。

ここだけ見ると還元率は1%ですが、マイル移行時にはもうちょっと損します。

メンバーシップ・リワード・プラス加入時で1,250ポイント=1,000マイルなので、交換レートは80%になります。

つまり、マイル移行時の還元率は0.8%ってことですね。


また、メンバーシップ・リワードではJALマイルに移行することは不可能。

なのでアメックスのプロパーカードを使っている人はブリティッシュエアウェイズのAviosに交換してJAL国内線に乗ることになります。

この方法もJALマイルを使って国内線に乗るよりもお得だったりするのでオススメ。

わたしもいつもアメックスのポイントはBAマイルに移行しています。


SPGアメックスはマイル移行先が豊富

SPGアメックスではマイルの移行先が豊富です。

これはSPGアメックスのポイントプログラムがマリオット・ボンヴォイであるための利点です。


マリオット・ボンヴォイを活用するとJALとANAの両方が移行可能な航空会社となっています。

もちろん移行にかかるコストはなく、移行マイルの制限もありません。


アメックスのメンバーシップ・リワードでは国内航空会社のうちJALは移行不可。

そして、ANAには有料で移行可能(年間移行上限あり)となっています。


SPGアメックスを活用すればポイントを貯めつつ必要に応じてJALかANAのマイルに移行するってことも可能。

なので、JALもANAも利用するって人も使いやすいですよね。

でも、SPGアメックスの優秀さはこれだけにとどまりません。

SPGアメックスは「まとめてマイルに移行」でボーナス付与

ポイントをマイルに移行すると還元率がアメックスプロパーを凌駕するSPGアメックス。

ポイントをまとめてマイルへ移行すればボーナスマイルが加算されてお得度がさらに跳ね上がります!


通常の移行なら3ポイント→1マイルなので、60,000ポイント→20,000マイルになります。

これで還元率は1%ですね。


しかし、マリオット・ボンヴォイではポイントをまとめてマイルに移行するとボーナスマイルが付与されます。

ボーナスマイルは次のようなルールで付与されます。

  • 60,000ポイントの移行で5,000マイルのボーナス付与

つまり、60,000ポイント→25,000マイルになるってことです。

ボーナスマイルも含めると還元率は1.25%まで跳ね上がりますね。


アメックスのメンバーシップ・リワードではポイントをマイルに移行してもボーナスマイルが付与されることはありません。

ボーナスマイルを考慮するとアメックスプロパーとSPGアメックスの還元率には大きな差ができてしまいます。

  • SPGアメックス   1.25%
  • アメックスプロパー  0.80%

これだけの差ができると、マイルを貯めるにはSPGアメックスが圧倒的に有利ってことが明らかですね。


JALマイルを貯めるならSPGアメックスが最強?

ホテルグループとの提携カードなのに航空系に強いSPGアメックス。

謎めいたカードですが、これもマリオット・ボンヴォイのおかげです。


本家JALカードですら還元率1%なのに、どうしてSPGアメックスで還元率1.25%になるのか本当に意味不明です。

JALマイルを貯めるなら、JALカードではなくSPGアメックスでいいと思います。

JAL国内線をメインに使う人ならBAマイルに移行して国内短距離路線の特典航空券を獲得したらいいですし、海外路線を利用したいならJALマイルに移行したらいいですよね。


SPGアメックスを活用することでブリティッシュエアとJALのマイレージサービスを上手に使い分けながら、もっともお得な方法で特典航空券を手配することも可能になります。

マイルの移行先が多彩なマリオットリワードと紐付けされているからこそ、こんな思いがけない「お得現象」が生まれるんですね。

SPGアメックスはJALカードを持つ意味を問い直すくらいのインパクトを持った「JALマイル獲得の最強カード」です。


SPGアメックスの年会費は高いか安いか

マイルを貯めるには相当役立つSPGアメックスですが、いいことばかりではありません。

アメックスなのである程度の「年会費」が必要です。

世の中にあふれかえる年会費無料のカードに比べると、アメックスの年会費は明らかに高額です。

しかし、還元率の高さや付帯サービスの充実ぶりを考えれば、むしろ年会費は安いと思います。


SPGアメックスは2年目の更新後、無料宿泊がプレゼントされます。

初年度は無料宿泊特典がありませんが、カードを活用してポイントを貯めれば初年度年会費もすぐ回収できる水準です。

入会キャンペーンなどでボーナスポイントをがっつり貯めることができれば、年会費以上のメリットを受けることができます。


とりあえず60,000ポイントを貯めましょう。

そしてマイルに移行です。

すると25,000マイルが手に入ります。


JALマイルが25,000マイルあれば台湾往復が無料ですね。

アメックスプロパーに比べると新規入会キャンペーンも淡白な印象ですが、マイルを貯めやすいポイント制度や2年目以降のホテル無料宿泊を織り込めば十分元が取れるカードです。

あえて言うなら、ハイクラスホテルに泊まりたくない人には不要。


ホテルも宿泊もパック旅行で楽しむって人にはスカイトラベラー・カードを使うほうがいいですよ。


ホテルステイも楽しみながら、JALマイルも貯めたいって人にはSPGアメックスが最適。

そして、JALマイルだけではなくANAマイルも貯めたいって人にもSPGアメックスはオススメ。

航空系カードを上回る還元率とホテル優待という武器を備えたカードは優秀の一言に尽きます。

そして年会費も31,000円+消費税。

サービスの充実ぶりと使いやすさを考えれば年会費は格安です。

SPGアメックスのサービスを活かせるライフスタイルなら、持っておいても損はありませんよ!