SPGアメックスとスカイトラベラーを簡単に比較してみる

カードを活用するための知識
この記事は約7分で読めます。

マイルを貯めるのに役立つSPGアメックスとスカイトラベラー・カード。

どちらも「マイルが貯まるカード」として大人気ですが、両方を持つ意味は薄そうです。


アメックスは年会費がかさむので、「マイルが貯まるカード」という同じ特性を持ったカードの2枚持ちだとコストパフォーマンスが落ちてしまうんですよね。


お得にマイルを貯めたいけど、SPGアメックスとスカイトラベラーのどちらがいいのか決めかねている人も多いはずです。

そこで今回はマイルを貯めるならSPGアメックスとスカイトラベラーのどちらを選ぶのがいいか考えてみました。


「マイルを貯める」という点を重視して考えていますので、その他の特典は度外視です。

スポンサーリンク

SPGアメックスとスカイトラベラーの特徴を確認

SPGアメックスもスカイトラベラーも旅する人にうれしい特典が備わったカード。

アメックスのカードラインアップの中でも還元率が高いカードとして知られています。


上手に使いこなせば旅がどんどんお得になっていきます。


SPGアメックスとスカイトラベラーはどちらも旅行に強いカードですが、それぞれに個性があります。

まずは両者の違いを簡単に確認してみましょう。


SPGアメックスの特徴(マイル関連のみ)

マリオットのゴールドエリート資格と2年目以降の無料宿泊特典が備わったマイルも貯めやすいお宝カードがSPGアメックス。


SPGアメックスを利用しても、アメックスのメンバーシップリワードのポイントは貯まりません。

では、何が貯まるのか。

マリオットグループのポイントが貯まるんです。


SPGアメックスを使うと「カード利用100円につきマリオットのポイントが3ポイント」がもらえます。

マリットのポイントは、3ポイント=1マイルに交換可能です。

なので、SPGアメックスの還元率は通常1%ってことになります。


ここまでだと「普通」ですね。


しかし、SPGアメックスで貯めたポイントは世界各国の航空会社で展開されているマイレージサービスにポイント移行が可能。

アメックスのメンバーシップリワードでは移行できない航空会社でも問題ありません。

SPGアメックスで貯めたポイントはJALにも移行できるのです。


スカイトラベラーカードはアメックスのポイントを貯めるため「JALマイルへ移行不可」です。

SPGアメックスならマリオットのポイントを貯めるため、JALマイルへ移行することができるのです。


さらにマリオットポイントは60,000ポイントをまとめてマイルに移行すると、ボーナスマイルとして5,000マイルが付与されるというサービスもあります。

60,000ポイント=25,000マイルに交換可能ってことですから、還元率は1.25%です。


SPGアメックスを活用してJALマイルを貯めると、JALカードよりも効率よくマイルを貯めることができるのです!!


スカイトラベラーは航空券を買うとポイント3倍・5倍

アメックスのカードラインナップの中ではマニアックな存在ですが、飛行機や新幹線などを利用して旅行するのが大好きな人に手厚くポイント還元してくれる「旅行好きのためのカード」がスカイトラベラーです。


スカイトラベラーはアメックスメンバーシップリワードポイントが貯まるカードです。

アメックスのメンバーシップリワードポイントは「カード利用100円につき1ポイント付与」が基本なので、還元率は1%となります。


しかし、スカイトラベラーを使って航空券を買うと還元率は大幅に変わります。

提携航空会社28社の航空券を買うと通常ポイントの3倍か5倍のポイントが付与されるのです。


対象となる航空会社は次の通り。(五十音順)

アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、エア タヒチ ヌイ、ANA、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、バニラエア、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空


対象航空会社にANAやJALも入っていますね。

「ANAやJALの航空券を買うならANAカードやJALカードを利用するのが最もお得だ」と思い込んでいると、ものすごく損している可能性がありますよ!


JALパックのような「航空会社のパッケージ旅行」はポイント3倍付与の対象外なので要注意ですが、航空券の購入なら航空会社提携カードを利用するよりも還元率は良好。


パック旅行を使う際はJALカードのような提携カードを使い、航空券のみを購入する際はスカイトラベラーを使うのが最善です。



スカイトラベラーには年会費が手ごろで元を取りやすいスカイ・トラベラー・カードと、年会費が高いけど利用頻度が高い人には断然お得なスカイ・トラベラー・プレミア・カードの2種類が用意されています。


ポイントの付与率はスカイトラベラー・カードなら3倍、スカイトラベラー・プレミア・カードなら5倍です。



ポイントの付与率だけで選ぶのではなく費用対効果で選ぶのが賢明ですが、個人的にはスカイ・トラベラー・カードで低コスト運用するのがいいと思います。


スポンサーリンク


SPGアメックスとスカイトラベラーはどちらがマイルを貯めやすいか

SPGアメックスとスカイトラベラーの特徴を「マイル関連のみ」で比較してますが、かなり違いがありますよね。


アメックスのカードはライフスタイルに合わせて選択しないと年会費分を取り戻せないこともあります。

特にSPGアメックスやスカイトラベラーのように旅行に特化したカードは、「旅行しない人には不要なカード」ともいえます。


マイルを貯める人はある程度旅行する人でしょうから、どちらを選んでも大丈夫かもしれません。

しかし、旅行に出かける頻度によってSPGアメックスとスカイトラベラーのどちらを利用するのが有利なのか見極めておく必要があります。


SPGアメックスは日常決済中心の人向け

SPGアメックスなら「60,000ポイントをまとめてマイルに交換するだけ」で還元率が1.25%に上昇します。


旅行関連のカード利用が少なくても日常生活を通じてポイントをこまめに貯めることでマイル移行時のボーナスを獲得することができるのが最大の特徴です。


SPGアメックスはポイント付与時ではなく、ポイントからマイルへの移行時に還元率を跳ね上げることができるので「あらゆる支払い」にSPGアメックスを活用することが大前提になります。


もちろんマリオットグループを利用した際のボーナスポイントも見逃せないですが、日ごろのお買い物で積み上げて「移行時のボーナスでマイルを稼ぐのがオススメ」です。

あと、どうしてもJALマイルを貯めたい人はSPGアメックスでないとダメです。



スカイトラベラー・カードはよく飛行機に乗る人向け

スカイトラベラー・カードは航空会社での航空券購入や日本旅行での旅行商品購入で大きくポイントを貯めることができます。


日ごろから旅行などで飛行機を利用する機会が多い人なら、短い期間でも大量マイルを貯めることが可能です。


さらに、スカイ・トラベラー・カードはカード更新ごとにボーナスポイントがもらえるので汎用性の高い航空系カードとして長く使うことも可能。

メンバーシップリワードポイントの有効期限も最初から無期限なので、ゆっくり貯めることもできます。


飛行機利用が多い人や、パック旅行は日本旅行でしか予約しない人には問答無用でスカイトラベラー・カードがオススメです。



無難なSPGアメックスと破壊力絶大なスカイトラベラー

SPGアメックスもスカイトラベラーも、マイルを貯めるには最強クラスのカード。

ただし、何度も言うように「ライフスタイルに合ったカード」を選ばないとマイルの貯まるスピードが遅くなってしまいます。


単純に旅行関連の還元率だとスカイトラベラーが圧勝ですよ。

しかし、毎日旅行する人はほとんどいません。

むしろ、カードは日常生活費の支払いに利用する人がほとんどです。

無難にマイルを貯めたい人はSPGアメックスが鉄板です。



世界を飛び回りながらマイルを貯めたい人はスカイ・トラベラー・カードが最強です。


今回はどちらを選んでもハズレがないオススメカードを比較してみました。
アメックスの優れたサービスを活用できるSPGアメックススカイ・トラベラー・カードは、お得な旅を楽しみたい人なら持っておきたい1枚です。
ランニングコストも含めてあなたにとって最適な1枚を選んでみてくださいね!