ウェスティン・スィレイベイ・リゾート&スパ プーケット滞在記

旅行に役立つ知識
この記事は約6分で読めます。

6月雨季のプーケットにすっかり魅了されてしまい、10月に再び訪れることになりました。

前回はハイアットリージェンシプーケット(Hyatt Regency Phuket)への滞在でしたが、今回はウェスティン・スィレイベイ・リゾート&スパ プーケット(Westin Siray Bay Resort&Spa,Phuket)への滞在です。


前日からMarriott Bonvoyアプリでアップグレードの交渉をしておきましたので、有償ですが1bedroomの SALA VILLAにして頂きました。


スポンサーリンク

SALA POOL VILLA

微笑みの国、タイ。

スタッフのホスピタリティとウェルカムドリンクで癒されます。

海はすぐそばに、素晴らしい解放感のあるロビー兼レストラン。


レストランの横を通り、ヴィラへ。

VILLAへのアプローチに素敵な滞在への期待が膨らみ、気分は一気に高揚します!!


通常は1bedroom SALA POOL VILLAの定員は2人です。

今回はアップグレードということもあり、幼稚園児の息子は「添い寝」なのでOKでした。

(結局、エクストラベッドが入っていましたが、、、)


期待しつつお部屋に入ると、、、お手紙、ウェルカムフルーツやお菓子にケーキまで。


もち米にマンゴーをのせたものは有名ですね。

おいしく頂きました。


ヴィラのリビング・ミニキッチン・ベッドルーム

ウェスティンと言えばグリーンリーフを思い浮かべるのは私だけでしょうか。

グリーンリーフ柄のカーペットが敷かれていて、木を使ったインテリアは落ち着いた雰囲気です。


ミニキッチンにはお水がたくさん用意されています。

デスクのサイズは大きくありませんが、シンプルで機能的なデザインとなっています。


ヴィラ備え付けのベッドはシモンズのヘヴンリーベッド。

この日は横にちょこんとエクストラベッドが入れてありました。


ベッドにはアニバーサリー仕様のタオルアートが施されていました。

こうした演出はとても嬉しいものですね。

キレイなタオルアートを崩すのがもったいない気持ちになってしまいます。


ヴィラの浴室と専用プール

シャワールームからは外の緑が見えてとても癒される造りになっています。

ウェスティンが誇るヘヴンリーバスですから湯量・温度ともに快適です。


アメニティはもちろんウェスティンオリジナルの、いつもの「WHITE TEA」です。

バスタブは丸くてちょうどいい大きさで、長く浸かっていました。


外へ出るとテラスにはデイベッドにもなる大きなソファがあります。


小さめですが部屋にプールがあるというのはとても贅沢です。

少しお水が冷たかったですが入らなくともリゾート感を味わうのに問題なし。

草が少し茂っていて邪魔ですが、海が見えるというだけでリラックスできますね。


パブリックプール

ウェスティン・スィレイベイ・リゾート&スパ プーケットには3つのパブリックプールがあります。

可愛いタオルセットを持ってパブリックプールへいってみましょう。


3つのプール

このプールはホライゾンプールといいます。

近くに小さなキッズクラブがあり、息子は度々通っていました。


こちらはスプラッシュプールで高い位置にあります。


こちらはプレゴプール。

ジャクジーが気持ちよくて、ついつい長居しました。

3つのパブリックプールの中で、私はジャクジーのあるプレゴプールがお気に入りです。

スイムアップバーではいつもピニャコラーダを飲みます。


スポンサーリンク

サンセットディナー

夕刻になるとホテルの至るところに明かりが灯り始めます。

テラス席は温かみのある素敵な雰囲気になります。


あまりにも美しいサンセットなので、外を見ながら食事のできるホテルのレストラン「Seasonal Taste」で頂くことにしました。


タイ料理はもちろん、豪快に提供されたチキンが美味しかったです。

とにかく私はヤムウンセンを食べます!

エリートの割引もありました、確かこちらは20%OFFでプレゴが30%OFFでした。


食事の途中でふと目をやれば素晴らしいサンセット。

これ以上ない至福の時です。


プーケットタウンへ

美しくライトアップされたプーケットタウンの時計塔。

ホテルからライムアヴェニューまでのタクシーは一律400THBで利用可能です。


滞在中は中華系タイ人によるベジタリアンフェスティバルの真っ最中。

子供からご老人まで白装束の集団が爆竹を派手に鳴らして、道路が真っ白になっていました。

調べましたら、かなり怖いお祭りのようですので割愛。

日本は平和です。


お目当ての Tu Kab Khao(トゥカップカオ)

プーケットらしいシノポルトギース様式の建物です。

シノポルトギース様式とは中国様式とコロニアル様式がミックスした建築方式のことを言います。


古い建物でとても目立っていて、中の雰囲気も抜群です。

人気店なので予約は必須、コンシェルジュにしてもらいましょう。


ブルーをアクセントにした店内はとてもお洒落。

お店の外にはロブスターが飾ってあります。


毎日食べても飽きないヤムウンセンや海老の炒め物からデザートまで頂きお腹いっぱいになりました。

お味は最高です。


帰りは金というお店でマッサージをしてもらいました。

6号店の男性がとても上手でしたよ。

1時間1000円程なので3時間ぐらい利用してしまいます。

他の日には、日本にもあるMKレストランで美味しいタイスキを食べました。

とても賑わっていました。


シャンパンブレックファスト

VILLA宿泊者およびマリオットのプラチナステータス以上の宿泊者は朝食会場が違います。

プールや海を望める場所でブッフェスタイルの朝食とスパークリングワインを頂けるのです。

(シャンパンではありません。)


品数が多すぎてお腹がはちきれそうになります。

そこへ泡を飲みますので、さらにお腹はパンパンに。


朝食会場からの眺望はこんな感じです。

利用者も限られるため、朝食会場はゆったり。

遠くまで続く海を眺められて最高です。


所狭しと並んだお料理。

こちらにあってあちらに無いものはスモークサーモン(しっかり燻してあって、赤い色をしてて絶品でした)

あちらにあってこちらに無いものはヌードル、クレープ

あれもこれもと贅沢な朝食でした。


総評

プーケットの東側に位置するウェスティンスィレイベイは静かにゆっくりとした時間を愉しめるホテルです。


普通のお部屋でも50㎡ほどでゆったりした造りですが、スイートタイプのお部屋を予約してSALA POOL VILLAへの有償アップグレードをお願いしましたのが正解でした。

確か2000THB/nightでした。当日でも空いていればチェックインの際に交渉できると思います。


1日に何度かスコールはありますがすぐに止みます。

雨季は大変リーズナブルです。


この滞在で特に印象に残ったのはレストラン横のテラスから見るサンセットです。

空の色の移ろいをじっと眺めるのは私にとって最高の贅沢なのです。


プーケットオールドタウンへはそう遠くないですし、小さめですが商業施設もありますので何ら困ることはありません。

スタッフのホスピタリティは素晴らしいものでした。

再訪したいです。