【最高傑作】アメックスの券面デザインはカッコいい【グリーンが断トツ】

カードを活用するための知識
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、じゅの(@platinum_2015)です。

カードのデザインは決済機能に全く影響を与えません。

どんなに変なデザインのカードでもクレジットカードとして問題なく利用できます。


わたしは美しいものが好きなので、カードのデザインにも好き嫌いがあります。

数あるカードの中で美しい券面と思えるものは少ないですが、アメックスのデザインは別格です。


百人隊長が描かれているだけで「アメックス」と認識できます。

アメックスほどわかりやすいデザインのカードも珍しいだろうと思います。

そのうえ、決して派手すぎないデザインなのです。


今回はアメックスの魅力のひとつである「美しいデザイン」について掘り下げます。


百人隊長のデザインが「アメックスの証」

アメリカン・エキスプレスの券面には基本的に「百人隊長」が描かれています。


百人隊長はカードの持ち主を守護するかのように、カード券面の真ん中に凛々しく描かれています。

ちなみに、百人隊長が描かれているカードは次の4種類です。

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナカード
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

百人隊長はアメックスホルダーの財布やカードケースの中でいつも顔をのぞかせています。

財布を開くたびに目に入る百人隊長がカッコいいのです。


日本国内では多数のクレジットカードが発行されています。

しかし、クレジットカードの券面に人物を描いたカードというのは見たことがありません。

券面中央に肖像画のように描かれた精悍な百人隊長こそ「アメックスの証」です。


百人隊長の顔は時代に合わせて少しずつ変化しています。

徐々にすっきりした顔になっている印象です。

大阪道頓堀のグリコおじさんの顔が変わるのと同じように、アメックスも地味に変化をつけています。


カードが更新された時に微かな変化に気が付くのもアメックスを持っている楽しみの一つなのです。


アメックスの券面はラメ加工で美しい

このあたりのカードはラメ入りで、キラキラしています。

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

アメックスは基本的にどのカードもキラッキラに輝いている印象ですが、プロパーカードのデザインとラメの組み合わせは本当にきれいですね。

決してギラギラと輝くのではなく、光を受けてキラリキラリと上品に反射する感じなので嫌味がありません。

グリーンは若々しい光を返し、ゴールドは落ち着きのある柔らかな光を返します。

そして、プラチナは白々とした光を清楚に返します。


普通はクレジットカードに美しさを感じることなんかほぼありません。

しかし、百人隊長の描かれた券面がそれぞれの色を含んだ光を反射するアメックスのカードは「美しい」の一言。


実際に手に取ってみると画像とは比較にならない美しさを感じることができます。

差し込む光の角度や時刻によって、反射は微妙に異なります。

アメックスホルダーだけが様々な表情を見せれてくれる美しいカードを使うことができるのです。


最も華やかでカッコいい「アメックス・グリーン」

アメックスの一般カードであるアメリカン・エキスプレス・カードは別格の美しさです。

アメックス・グリーンと言われたりするカードですが、文字通りグリーンの券面が高級感を感じさせます。

ややラメの入ったグリーンはアメックスのイメージそのもの。

若々しく華やかで、悪目立ちしません。


昔からアメックスと言えば「他社では見かけない緑色の券面」って認識している人もたくさんいます。

米ドル紙幣をイメージしたといわれる緑色の券面はとても「アメリカ的」です。


クレジットカードの券面を見ただけで、信頼感と安心感を連想させるデザイン。

こんな券面のカードって他にありません。

財布の中にそっと佇む緑色のカードがあれば、財布を開くたびに美しさにニヤニヤしてしまいますよ。


バブリーでカッコイイのはアメックスゴールド

カードデザインは基本的に一緒ですが、ゴールドカードは文字通り金色に光り輝いています。

ゴールドカードを日本で初めて発行したのはアメリカンエキスプレスなので、アメックスゴールドは元祖ゴールドカードですね。

バブル期にはアメックスゴールドを持っていることがステータスだったようですが、30年たった今の時代にゴールドカードを振り回してお金持ちアピールしても全く響きません。


しかし、古き良きアメックスの栄華を語るやや光を抑えた金色の券面は品格があります。


JALカードと比較しても色の違いがよくわかりますよね。

最近よく見かけるシャンパンゴールドみたいな明るい金色だとピカピカして品がありません。

アメックス・ゴールドはお決まりの百人隊長が鈍く輝く渋い券面ですから、大人な雰囲気が楽しめます。


プラチナカードは目立たないからカッコイイ

プラチナカードはアメックスが公式に存在を認めているカードの最高位です。

実際にはセンチュリオンカード(ブラックカード)があるので最高位ではないですが、付帯サービスや年会費はゴールドカードの遥か彼方をいく高級カード。

さぞかし煌びやかな券面なんだろうと思っていましたが、案外質素なんですよね。


白金といっても実際はシルバーとあまり変わらないので、「プラチナカード」という強い主張はありません。

カード券面に「PLATINUM」と書いてあるくらいで、その他はグリーンやゴールドと同じです。

見た目の華やかさを求める人にとっては期待外れかもしれませんね。

とはいえ、プラチナカードの全く目立たない「一般カード的な色彩」はステータスを主張する必要のない人にとっては好都合かもしれません。


あからさまに高ステータスカードですよ!!ってアピールしても悪目立ちするだけ。

高ステータスカードを持っている人達は「しかるべきところで、しかるべきサービスが受けられればいい」のです。

財布の中で「JAL普通カード」と区別もつかないくらい地味に輝くプラチナカードは、ひけらかさない美しさで余裕を感じさせますよ。


アメックスプロパーはデザインが同一で間違いなくカッコいい

アメックスの基本的なデザインは「百人隊長」です。

カード券面に描かれた古代ローマ兵士は信頼の証です。

財布の中で百人隊長がにらみを利かせている状態が日常になると、そこに百人隊長がいない日を想像することすら不安になってきます。


美しく洗練されたデザインのカードが確かなサービス品質で普段の決済にとどまらず幅広く暮らしをサポートしてくれていると思うと、心強いものです。


アメックスは一度使ってみるとライフスタイルに合うかどうかがはっきりわかるカードです。

かっこいいカードですが年会費は高額なので、作りたくても申込に踏み込めない人もいます。


でも、案外敷居は低いんですよね。

単純に「デザインがカッコイイから持ってみたい」って理由でもいいんじゃないでしょうか。

実際に使ってみると、簡単に年会費以上のメリットを受けることもできます。

美しいデザインに触れてみるもよし、実際に付帯サービスを使い倒してお得感を体験するもよし、楽しみ方はいろいろ考えられるカードといえるでしょう。


一度は特別に美しく高スペックなアメックスを手にしてみるのもいいんじゃないでしょうか。