革靴をサドルソープで丸ごと水洗いしてみた話

オシャレを楽しむための知識
この記事は約6分で読めます。

一般的なビジネスシューズで使われているカーフだと表面加工もスムースにしてあるので水洗いもしやすい革と言えます。

 

一方、スエードは表面が起毛加工されているため、シミやムラになりやすく自分で水洗いを試みるのは無謀と言えるかもしれません。

 革も元々は動物の皮膚です。

私たちが毎日お風呂で体を洗うように革靴にも水洗いを施すことで、革靴に付着したホコリだけでなく、革の奥に染み込んだ汚れも水の力で浮かせ石鹸で雑菌ごと落とすことができます。

革靴を丸ごと石鹸を使って水洗いする手順

.1...

革靴を丸ごと石鹸を使って水洗いする手順

.0.0:$innercomp_mnfp1fsa.0.0">革靴を丸ごと石鹸を使って水洗いする手順

ブラッシングで靴全体の汚れ落とし

.1...

ブラッシングで靴全体の汚れ落とし

.0.i">ブラッシングで靴全体の汚れ落とし

まずは靴全体の汚れを落とします。
最初にブラシを使って表面に付着したホコリを落とします。強くこすりすぎず、払うように優しくブラッシングしましょう。

ホコリを落としたら、ステインリムーバーを使って前回のメンテナンスで塗った靴クリームを落とす作業です。モゥブレィ ステインリムーバーをよく振って柔らかい布に数滴染み込ませ、靴をなでるように拭いていきます。

布に汚れが移ってくるので、汚れたら布のきれいな部分を使うようにして、全体の余分なクリームを落とします。ここでも力を入れすぎないようにしましょう。

革靴を思い切り水に浸ける

.1...

革靴を思い切り水に浸ける

.0.i">革靴を思い切り水に浸ける

ブラッシングとステインリムーバーによって表面に付着している汚れは落とすことができましたね。

では、いよいよ革靴を水に浸けます。

まずバケツに水を汲みます。

そしてそこに靴全体をドボンと浸けます。

靴全体がまんべんなく浸かるようにしましょう。

全体に水を染み込ませないと、シミの原因になりますから要注意です。

革靴を石鹸で洗う

.1...

革靴を石鹸で洗う

.0.i">革靴を石鹸で洗う

水に浸けたら革靴専用の石鹸を使って洗浄します。

今回使うのは、 M.モゥブレィ サドルソープ 125ml 」です。

 

この石鹸はスムースレザー専用に作られています。一般的な革靴やカバンを洗う際にも使うことができます。

雨でできたシミや汗が原因の皮革内部に残った塩分をきれいに落として清潔な状態を保つことができます。

 

さらに、サドルソープはロウなど革を保護する成分が含まれているため「ボディーソープ」や「ハンドソープ」に比べて革に優しくできています。

 

大切な靴を長く履くためのメンテナンスなので、可能な限り専用のものを使いたいところです。

 

サドルソープを適量スポンジに取り、細かく泡立てます。

その状態で靴全体を細かく円を描くように優しく洗います、決して力を入れてゴシゴシしてはいけません。

 

靴全体を泡で優しく包み込んだら軽く水で流し、乾いたタオルで水分を取ります。

 

そのあと完全に乾燥するまで、風通しの良い日陰に干しておきましょう。

 

型崩れを防ぐためにシューキーパーを入れておいてもいいですが、もしもシューキーパーがない場合には新聞紙を詰め込んでおいてもいいでしょう。

 

これだけです。意外と簡単です。

スポンサーリンク

 

革靴を乾かしたらアニリンクリームで磨き上げて完成

デリケートクリームはラノリンという羊の毛に付着している分泌脂質(羊毛脂:ウールグリース)を精製したものを主成分としています。

 

かなりさらっとしたクリームなので革の奥深くまでスッと吸収されていきます。

これを使えばすっきりした革に潤いを与えることができますね。

さて、靴磨きです。

 アニリンクリームを少量布に取り、靴全体に薄く伸ばしていきます。

 仕上げ磨きの時にはブラシを手早く動かして、表面を摩擦しておきます。

 もちろん、ブラシをグリグリ押しつけながら磨き上げてはいけません。

 革をマッサージするように丁寧に磨き上げましょう。

 靴全体を磨き終えたら、トゥの部分にもう一工夫。古いストッキングを使ってトゥを磨き上げましょう。

靴のつま先がピッカピカなハイシャインになっていると見違えるように美しくなりますよ!!

革靴丸洗いのまとめ

いかがでしたか?

革靴だからと言ってあまり神経質にならず、素材の特徴を理解したうえで正しいケアを心がければ「水洗い」だってできることがおわかりいただけたでしょうか。

 

良い靴をいつまでも履き続けるためには、清潔な状態を保っていなければなりません。

靴を汚いまま放置すると、悪臭が発生するかもしれません。

 

大切な靴をいつまでも「お気に入りの一足」として愛用するために、水洗いというお手入れ方法にも必要に応じて挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

革靴の水洗いに使ったもの

[M.MOWBRAY] M.モゥブレィ サドルソープ 125ml / 皮革製品(表革)用 クリーニング石けん

水洗いは頻繁にするものではありません。基本は日々のお手入れが大事です。

毎日の簡単なブラッシングと月に1回か2回の靴磨きを続ければ、いつまでも美しい靴を履くことができます。

 

なるべく毎日ケアしてあげて、水洗いなどの大掛かりなメンテナンスは最小限にとどめておくようにしましょう。