アメックス・プラチナの家族カード特典がお得すぎる

カードを活用するための知識
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、じゅの(@platinum_2015)です。

圧倒的な年会費と豪華特典で知られているアメックス・プラチナ。

特典の全貌を把握するのも簡単ではありません。

頻繁に海外旅行に出かける人なら特典を活用する機会は多いですが、旅行に全く出かけない人には特典を活用する機会はほぼありません。


アメックスプ・プラチナ・カードを持っていても、特典を活せなければ無駄になってしまいます。

せっかくアメックス・プラチナを持つなら有効活用する方法を考えておきたいものです。

そこで注目したいのがアメックス・プラチナの家族カードです。

家族カードを発行しておけば、家族カード会員も本人会員と同様にアメックス・プラチナの手厚いサービスを利用することができます。


「年会費が高くても元が取れるなら問題ない!」という発想が大事です。


今回はアメックスプラチナの家族カード会員が利用できる「お得すぎる特典」について掘り下げます。

アメックス・プラチナの魅力は「コンシェルジュデスク」

アメックスと言えばコンシェルジュ。

コンシェルジュと言えばアメックス。

アメックス・プラチナ・コンシェルジュを活用すれば、かゆいところに手が届くサービスを体験することができます。


プラチナ・コンシェルジュとは

アメリカンエキスプレス・プラチナ・カードは、24時間365日いつでも電話で対応してくれるプラチナ・コンシェルジュデスクを設けています。

きめ細やかな応対と幅広い知識で私たちのリクエストに応えてくれる素晴らしいサービスです。


私も出張やプライベートの旅行、食事やプレゼントの手配でちょこちょこ利用していました。


アメリカンエキスプレスのコンシェルジュは旅行の手配を得意とします。

飛行機の乗り継ぎや新幹線・特急など鉄道の乗り換えなども細かく調べてくれます。

また、おすすめのホテルやレストランなど、こちらの好みを踏まえた提案もしてくれます。

担当者によって提案の内容に個性が現れたりするので、いい意味で人間くさいサービスです。


プラチナカードを持っていれば、いつでもコンシェルジュデスクの最適なサポートを受けることができるのです。


プラチナ・コンシェルジュデスクは本人と家族カード保有者が利用可能

プラチナ・コンシェルジュが使い放題となるのは本人会員だけではありません。

プラチナホルダー本人だけでなく、家族会員でもコンシェルジュが使い放題になります!!


奥さん、お子さん、おじいさん、おばあさんなど。家族カードは本会員の家族なら誰でも作れますね。

さらに、婚約者や内縁関係の人、同性カップルにも家族カードが作れます。

一般的なカードでは対応不可能な家族形態でも、家族会員として取り扱ってくれるあたりが魅力的ですね。


家族カードは無料で最大4枚まで発行可能

クレジットカードの家族カードを発行すると、家族カード分の年会費がかかります。

本人カードの年会費に比べれば安いですが、家族カードを複数発行すると金銭的負担も大きくなってしまいますよね。


たとえば、アメックス・グリーンはこんな感じです。

本会員の年会費  12,000円+消費税

家族カード年会費  6,000円+消費税


ちなみに、アメックス・ゴールドはこんな感じです。

本会員の年会費  29,000円+消費税

家族カード年会費 12,000円+消費税

ただし、アメックス・ゴールドは家族カード1枚目は無料発行なので2枚目から年会費がかかるようになります。


では、プラチナ・カードはどうでしょうか。

アメックス・プラチナ・カードの家族カードは「年会費無料で最大4枚まで発行可能」です。


家族カードを持っていれば、あなたの家族もプラチナ・カードの特典を利用することができます。

年会費130,000円+消費税。

最大4枚の家族カードを無料で発行すると、カード1枚当たり28,080円です。

家族カードをたくさん発行しておくと、年会費が相当割安ですよね!


高額年会費の代名詞のようなアメックス・プラチナ・カードが、実は最強付帯サービスを低価格で提供してくれる「お得カード」であることがわかります。


家族カードでも大満足できる利用価値の高い特典

アメックスプラチナカードにはたくさんの特典が用意されています。

あまりに豪華な特典なので、すべての特典を使いこなすには相当な財力と時間が必要になります。

余程の資産家でない限り時間もお金も使い放題とはならないでしょうから、普通の人がアメックスプラチナを使い倒すのは難しいのです。


ただ、アメックスプラチナカードの幅広い特典の中から「利用価値の高い特典」に絞って利用する方法を考えれば、年会費を回収できるほどの恩恵をうけることができます。


利用価値の高い特典に絞って使い倒す発想は家族カードでも同様です。

本会員だけでなく家族会員でもまったく同様のサービスが提供される特典を活用すれば、家族の中で最大5名がアメックスプラチナの手厚いサービスをいつでも利用できるようになります。

では、その一例を紹介しましょう。


プラチナコンシェルジュデスク

24時間365日、いつでも丁寧に要望を聴いてくれます。

旅行の手配やレストランの予約、お花やワインの贈り物なども電話一本でOK。


深夜でも、海外からでも「Noと言わないサービス」を提供してくれます。


ただし、無理難題を言ってはいけません。

全知全能ではないのであしからず。


マリオット・ボンヴォイ・ゴールド

マリオット系ホテルの上級会員資格である「マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート」になれます。


マリオットはシェラトンやリッツ・カールトンを含む巨大ホテルグループで、世界各国にラグジュアリーなホテルを多数展開しています。。

ゴールド会員にはメンバー限定価格での宿泊、レイトチェックアウトなどホテル滞在時の優待が受けられます。


通常ゴールドとなるためには1暦年内の対象となる宿泊が25泊に達する必要があります。


マリオットに25泊もすると、一体いくらかかると思います??

1泊2万円なら25泊で50万ですね。

家族4人がSPGゴールドになるには、通常200万円くらい必要ですね。

アメックス・プラチナはこれが全部無料です。


これによりマリオット系に宿泊の際は無償アップグレードやレイトチェックアウトなどの特典を受けられます。

SPGアメックスでマリオット・ゴールドになるのもいいですが、家族みんなでマリオット・ゴールドになりたいならアメックス・プラチナを利用する方がコスパ良好です。


アメックス・プラチナのお得度は数百万円の価値あり

アメックス・プラチナの特典はほかにもたくさんありますが、今回は普段使いにできるコンシェルジュデスクと、国内外の滞在に便利なマリオットに特化した特典を紹介しました。


単純計算ですが、家族カードを4枚発行すれば今回紹介したサービスだけでも数百万のお得を生み出す計算になります。


アメックス・プラチナの特典は、年会費130,000円+消費税が格安だと感じるくらい豪華な特典です。

本人だけでなく家族も出張や旅行に出かけることが多ければコンシェルジュとマリオットの特典はとても役に立ちますね。


家族カードは可能な限り発行しよう!

家族カードは急に発行することはできません。

1週間から2週間程度かかるので、必要なときにすぐに使えるように準備しておくことをおすすめします。


家族カードを作ったら、次の3つを実践しましょう。

  1. アメックスに決済を集中させましょう。
  2. ホテル優待など利用価値の高い特典を家族全体で使いこなしましょう。
  3. 貯まったポイントはマイルに変えましょう。

年会費は高いです。

しかし、よくよく考えたら割安です。

今回ご紹介した内容だけでも家族全体で毎年200万円程度お得なんですから。


家族全体で特典をフル活用できるって人には、思い切ってアメックス・プラチナを持ってほしいですね。

家族みんなで使えるプラチナカードは、きっと家族のアクティブな活動に力を発揮することでしょう。