【事実】SEIKOはダサいけどコスパがいい時計【日本人なら国産推し】

オシャレを楽しむための知識
この記事は約9分で読めます。
こんにちは、じゅの(@platinum_2015)です。

昨日の続きです。重ねていいますが、私はSEIKOの腕時計を愛用しており、SEIKOの時計作りの技術には感心しています。

そのうえで、セイコー腕時計のラインナップに対して思うことをお話ししておきたいと思います。


技術は確かなセイコーですが、実に惜しい時計メーカーです。

しかし日本人である以上、日本人が一生懸命作った時計をもっと使いたい!!


ロレックスが高級だと騒いでいる人たちは無視して、技術面でも価格面でも実に魅力的だけどちょっとデザインが残念なセイコー腕時計オススメラインナップもご紹介してみたいと思います。

グランドセイコーは高級時計か?

セイコーの腕時計はピンからキリまで実に多様なラインが用意されています。

最近は高価格帯の販売にも力を入れているようで、ビジネスマンの間でもグランドセイコーを着用する人がジワジワと増えてきましたね。


「時計といえばオメガ・ロレックス」

こんなイメージが一般的ですよね。


おそらく「グランドセイコー=高級時計」と広く認知が得られたのは最近のことです。

でも、グランドセイコーって本当に「高級時計」なんでしょうか?


世界には「真の高級時計」といえる超高価格帯の時計がたくさんあります。

価格は手ごろな物でも数百万、上を見ればきりがありませんが億までいっちゃうものだってあります。


そういった本当に途方もない金額で取引される時計に比べれば、オメガもロレックスもグランドセイコーも「庶民的な実用時計」の域を抜けることができません。


では、最近徐々にブランド認知度が向上してきた「グランドセイコー」は大した時計ではないのかっていうとそんなことはありません。

グランドセイコーにはグランドセイコーの魅力があります。


グランドセイコーは最高の実用時計

「世界のSEIKO最高級ライン=グランドセイコー」ではありません。

セイコーの最高級ラインはあくまでも「クレドール」です。


時計の精度や認知度なんて関係ありません。

高級な素材を使ってラグジュアリーな時計として販売されているのは「クレドール」のラインナップです。


グランドセイコーと同等の価格帯の物もありますが、宝石・貴金属を使ったものや特殊な装飾加工がされたモデルになると価格は一気に跳ね上がります。

クレドールの高価格帯になると仕事で使うというよりも趣味の領域になってきます。


グランドセイコーは普段使いの高品質時計

クレドールに比べるとずいぶんお手頃な価格帯で最高級品が買えるグランドセイコー。

最も高価なものでも200万程度で買えてしまいます。


さすがに200万円のグランドセイコーを着けて会社に行くサラリーマンは少数派ですが、自動巻きのSSモデルなら50万円程度でも十分いいものが購入できます。


50万円くらいだとロレックスとあまり変わらない価格帯ですね。


セイコーの時計はすべて自社で部品を作っているため製品の品質に対する信頼は全く問題ありません。

そればかりか、「ロレックス=高級」と思い込んでいる人達からの反感を買うこともありません。


時計を見られても「SEIKO」のインデックスが目に入れば、「高級な時計つけやがって!!」と思われることもありません。

もしかしたら、ロレックスしか知らない人たちには「へー、セイコーなんだぁ」と上から目線の言葉をかけられるかもしれませんね。


でもグランドセイコーの品質は間違いないので、まったく気にする必要はありません。

やっかみを回避できるうえ丈夫で狂わず、適度な高級感を備えているグランドセイコーはビジネスマンに重宝される「最高の実用時計」です。


ま、そうは言っても高いです。

50万も時計にお金かけても仕方いないって考える人もいますし、もう少し手ごろな価格帯の時計を何本か所有したいって人もいます。


あるいは、腕時計をレンタルで楽しむって発想も最近は広がりつつあります。


グランドセイコーに限らず良い時計はどうしても高額になります。

楽しみ方によっては、もう少しセイコーらしい「安くて地味にいい時計」を狙うのもありかなって思います。

高価なものを買っても、人と同じではつまらないですからね。


セイコープレザージュはコスパ最強の時計

プレザージュはプレステージ・ハイグレード・ベーシックの3つにグレードが分かれていますが、決して高級ではありません。


もっとも安価なものは3万円代、もっとも高価なものでも30万円程度と控えめな価格設定となっています。

ムーブメントは自動巻きで、シンプルな3針からクロノグラフまで幅広いデザインの時計を取り揃え、国内で製造しています。

価格がかなり安いので、精度に不安があるかも知れませんが心配無用。


プレザージュの3針の自動巻きモデルだとグランドセイコーの10分の1の値段で買えてしまします。

では、値段が10分の1だから時計として使い物にならないほど適当な仕上げなのかというと決してそんなことは有りません。

プレザージュは価格と品質のバランスに納得できる時計です。


グランドセイコーとプレザージュの精度の違い

グランドセイコーのムーブメント9Sメカニカルの平均日差は+5秒から-3秒。

プレザージュのムーブメントは一番安い4Rの日差でも+45秒から-35秒。


1分以内なら良くない??と私は思います。

どうしても遅れるのが嫌だっていうならクォーツ時計や電波時計にしたらいいんです。


機械式時計は絶対に日差が生じます。

これは仕方がないことです。

しかし、支障をきたすような狂いがなければ多少の日差は許容範囲と捉えることもできます。


もしろ毎日時間合わせする作業も「アナログの不完全さ」として楽しんだらいいのです。


50万円の時計で日差+45秒から-35秒なら不良品じゃないかと怒ってしまいますが、4Rムーブメントが使われているプレザージュのベーシックラインは最安3万3千円(税別)~最高6万円(税別)です。

同じプレザージュでもプレステージラインになると6Rムーブメントが使用され精度も日差+25秒から-15秒に改善します。最安6万円(税別)~最高25万円(税別)です。


十分な性能ではないかと思いますよ。

使っていて実害はないでしょう。

少なくとも、私は秒単位の生活をしないので、まったく困りません。


プレザージュがいいと思う3つのポイント

グランドセイコーと比較したのが悪いんですが、精度のくだりでプレザージュの印象はかなり悪化したかもしれませんね。

でもね、プレザージュは見れば見るほどいいと思いますよ。


コスパ最強で案外しっかり作ってあるおすすめライン「プレザージュ」の評価ポイントを3つ挙げておきたいと思います。


プレザージュはお手頃価格で買いやすい

価格と品質のバランスが一番大事です。

もし、プレザージュの価格帯があと5万高ければ評価できません。


時計としての仕上がりは価格相応のものですが、国産腕時計ですべての部品を自社生産しているセイコーの機械式腕時計がたった3万円ちょっとで買えるのはお得です。

セイコーの素晴らしいところは、低価格帯もちゃんと作るという生真面目さ。


3万円ちょいの時計は、ミヨタ製の変なムーブメント載せた機械式時計よりよっぽど価値があります。

へたなアパレル系のファッション時計なんか買うより上手なお金の使い方ができますね。


そして、プレザージュは価格が手ごろなので何本か違うタイプの時計を買ったりもできます。

50万円の時計を1本買うのもいいですが、手ごろな価格で高品質な時計を使い分けるほうがTPOをわきまえたスタイル作りには対応しやすくなります。


プレザージュはおとなしいデザイン

ラインナップの詳細はセイコーの公式HPで最新版を確認したほうがいですが、基本的に3針モデルが中心です。一部にクロノグラフもあります。


デザインはプレステージラインだと上品な印象が強くなりますが、ベーシックラインの低価格帯になるとセイコー特有の野暮ったさがにじみ出てきます。

しかし、しばらく見ていると不思議と目が慣れてきて違和感が薄れていくんですよね。


ただ、20代前半にはちょっとハードル高いかもしれません。
なんとも言えませんが、プレステージライン3針モデルの革バンドあたりを選択しておけば渋い感じで着地できると思います。


正規品 SEIKO PRESAGE セイコープレザージュ SARX027 プレステージモデル 腕時計

もしかしたら、「おじいちゃんの時計みたい」って言われるかもしれません。

でも、みんな歳をとりますから。自分が気に入れば多少渋くてもOKですよ!


プレザージュは他の人とかぶらない

プレザージュってけっこう安く売られてるんですけど、なぜか着けている人を見かけないんですよね。

ネットでも量販店でも定価よりもかなり安く売られているので、正直な話プレザージュはかなりお買い得だと思います。


ロレックスやオメガやブライトリングなど、デザインもかっこ良くて高級なイメージが定着している時計だと年代を問わず人気があります。

人気があればあるほど、他の人とかぶりやすくなります。

とくにロレックス・オメガはかなり人気なのでやたらと見かけます。

クロノグラフだとスピードマスターだらけ。

3針だとオイスターだらけ。

3針を買うなら間違いなくシブいセイコープレザージュですよ。


クロノグラフだって、海外に負けてません。

セイコープレザージュのクロノグラフだったら基本的に人とかぶりません。


正規品 SEIKO PRESAGE セイコープレザージュ SARK013 プレステージライン ほうろうダイヤル 腕時計

よく見たら、割と丁寧に作ってありますしね。

こういう感じで個性を出していけたらいいんじゃないでしょうかね。

まぁ、時計が他の人とかぶっても気にしない人なら全然かまわないですが、やはり時計は個性を示せる部分。

そんなファッションアイテムが他の人とかぶるのって、私は嫌です。

どうしてもオメガやロレックスといった有名メーカーを着けてみたいと思ったら、ちょっとの間だけレンタルサービスを利用してみるのも賢いと思いますよ。

時計は気分に合わせて変えるのがおしゃれ

人から贈られた時計や初めて自分で買った時計は思い出深いものですよね。

時計はいつも自分のそばで時間を刻む道具です。

時間を重ねれば重ねるほど愛着もわいてきます。

仕事モードでフォーマルに決めるならシンプルな3針時計に革バンド。


正規品 SEIKO PRESAGE セイコープレザージュ SARX049 プレステージライン ほうろうダイヤル 腕時計
>

メタルバンドでちょっとスポーティーに。


正規品 SEIKO PRESAGE セイコープレザージュ SARW043 プレステージモデル 腕時計

ちょっと懐古主義なデザインで遊んでみたり。


正規品 SEIKO PRESAGE セイコープレザージュ SARX051 プレステージライン ほうろうダイヤル 腕時計

こんな感じで過ごす時間に合わせて時計を変えていくと楽しいかなって思います。

なかなか一度に買い揃えることはできませんが。

洋服は着替えます。でも時計は着替えない。

そんな中途半端なことせず、時計も着替えてみてはどうでしょう!

プレザージュならそんな贅沢なことだって可能になる価格帯。費用帯効果抜群の実用性とシーン対応力こそプレザージュの魅力です。

プレザージュの豊富なラインナップの中から、お気に入りをたくさん見つけてみませんか??

コメント