シェラトン沖縄サンマリーナリゾート滞在記【クリスマス編】

旅行に役立つ知識
この記事は約9分で読めます。

2019年12月のこと。

3泊ほどで行ける旅先を探し、マイルを使って飛んでいける沖縄に決定。

ちょうどマリオットのステータスもあり、友人からも良いホテルだと聞いていた「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」に滞在することにしました。


今年はgotoトラベルでどうなっているかは知りませんが、2019年12月の滞在はとてもリーズナブルで空いていました。

今回は子連れ目線に重点を置いて綴ってみようと思います。

スポンサーリンク

クリスマスシーズンのイルミネーション

クリスマスらしいライトアップがされていて、敷地の入り口からエントランスまでキラキラでとってもキレイ。建物全体がまるでツリーのようです。



もうこれだけでも幸せな気持ちになります。

そして夜でも外にはスタッフが必ずいてくれて息子に声をかけてくれました。


部屋の様子[オーシャンメゾネット]



予約は最安値のお部屋でしたが、メインタワーにあるオーシャンメゾネットにアップグレード。

螺旋階段が特徴的なお部屋で、息子は大騒ぎです。


白を基調とした室内に赤紫の螺旋階段が映えてアクセントになっています。

壁には沖縄の伝統柄をデザインしたタペストリーが掛けられています。

家具は木目のはっきりしたブラウンで統一されており、リゾート感を演出しています。


2階には裸足で過ごせるように琉球畳が敷き詰められています。

敷かれていたお布団はふかふかです。

(息子がダイブしてゴロゴロする前にパチリ。)


「ママのお仕事だからね」と物心ついた時から言ってあるので、部屋に入っても邪魔をしないでまずは撮影をさせてくれるので助かります。


ウェルカムスイーツはお馴染みの紅芋タルトやちんすこうなど。

沖縄っぽいです。


テラスにはチェアとテーブル。

こちらで飲むオリオンビールは格別でした。


お部屋からの眺望はもちろん美しく澄んだ青い海。

建物が白いのでさらに青が映えますね。


お風呂は洗い場のあるタイプですが、いたってシンプルな浴室です。

洗面台にはタイルが貼られており、かわいく軽快な印象です。


ホテルには大浴場もあるので、広いお風呂でくつろぎたい場合はそちらを利用するほうがよいでしょう。


クローゼットは珍しいオープンタイプ。

お洋服屋さんみたいな掛け方をするものでした。


引き出しにはワッフル地の肌触りのいいパジャマがあります。

そして、子ども用の小さなパジャマ、スリッパと歯ブラシセット。

子ども用パジャマを着せると本当に可愛らしいのでオススメです。


開放的な館内の様子

大きなツリーがあり、クリスマス気分を盛り上げてくれます。


こんなにユニークでポップなグランドピアノも置いてあります。

水盤の上の道を歩くようになっていて、リゾートらしいです。



ちょっとした椅子もリゾート感があってお洒落です。

館内は大きな吹き抜けになっているので開放感にあふれています。

どこかで見た光景だなとしばらく考え込んでモヤモヤしましたが、グアムのウェスティンによく似ていることに気づいてスッキリしました。


ハッピーアワーとサンセット

夕暮れまでの時間を豊かに過ごせるのもシェラトン沖縄マリーナリゾートの魅力です。

滞在中にステキなバーでのくつろぎと、美しい自然の営みを体感しておきたいものです。


サンセットバー&テラスのハッピーアワー

条件を満たせば「サンセットバー&テラスでのフリードリンク」も付きます。

対象者とサービス時間はこんな感じです。

  • 対象者  サウスタワー宿泊者とプラチナ以上のエリート会員
  • 時間帯  17時~18時

こちらで提供されるのは、オリオン生ビールやスタンダードなカクテルにハイボール、ソフトドリンクなどです。


日の長い沖縄が暮れてくる頃。

ガラス越しにオレンジ色が見え、グラスが輝いてとても素敵な大人の時間。

サンセットバー&テラスは子ども連れでも入れます。

息子はひたすらウーロン茶ばかり飲んでいました。


50代後半とお見受けしたご夫婦が手を繋いで来られて仲良くワインを召し上がってらして、とても素敵で憧れてしまいました。


オリオンビールの後はワインを。

いい色をしていますね。


翡翠色に輝くカウンターがとても綺麗です。

私は結構飲めるほうですので次々とオーダー。

南国なのでマリブパインを一番よく飲みました。


沖縄の美しいサンセット

ふと気づくと空はオレンジ色から朱色へと。

慌てて外へ出ると、文句のつけようのないサンセットを観ることができました。


空を真っ赤に染めながらまん丸の太陽が沈んでいきました。

私には堪らない時間です。


スポンサーリンク

ぬちぐすい(ウェルネス&スパ)とプール


ウェルネス&スパ ぬちぐすい

「ぬちぐすい」とはホテル内にあるスパです。

通常は有料で、大人3,500円、子供(6-12歳)1,000円。

サウスタワー宿泊者とプラチナ以上のエリート会員なら無料で利用可能です。


施設やサービス内容はこんな感じです。

  • 大浴場&サウナフィットネス
  • ジム屋内プール
  • ガーデンプール(季節営業)
  • ウォータースライダー(季節営業)

3泊以上するとサンセットクルーズ・グラスボート・ロケットボートのいずれかひとつを選んでた意見することができます。(←エリート会員は対象なのかは不明)


屋内プールは温水で、ジャクジーもあるのでゆっくり楽しめます。

監視員さんが常についているので、子ども連れでも安心して利用できます。


大浴場は撮影不可。

明るくて清潔な脱衣所とパウダールームに、ブロア&ジェットのついたお風呂でした。

タオルやアメニティは全て大浴場に置いてあるので手ぶらで行けます。


子ども用アクティビティや施設

滞在中、息子はジンベイザメに色を塗る体験をしました。(←有料)

オレンジ色のジンベイザメに・・・ いいお土産になります。


ミニカーのサーキットゲームもあります。(←有料)

大浴場からお部屋への通り道にゲームコーナーがあります。

息子はマインクラフトにはまってしまい、なかなかお部屋に帰りませんでした。


その他、ビリヤードや卓球、サッカーゲーム、小さい子用のボールプールや滑り台などもずっと開いているので子供を遊ばせるのには全く困りません。



館内では子どもと一緒に楽しめるプロジェクションマッピングおこなわれます。

ホテルの大きな吹き抜けを使ったもので、ソファに寝そべりながら鑑賞できます。

子どもにも人気なプロジェクションマッピングは毎晩開催されています。


ダイニングルーム[センス]での食事

ホテル内には複数のレストランがありますが、今回の滞在では朝食・夕食ともにダイニングルーム「センス」を利用しました。

営業時間はこんな感じで、ランチ営業もあります。

  • 朝食 7時~10時
  • 昼食 11時30分~14時
  • 夕食 18時~22時

朝食の様子

沖縄そば、アーサのオムレツ、もずくなど沖縄料理に富んだブッフェで満足でした。

アーサのオムレツにマヨネーズをつけて頂くのが私流です。


強いて言えば海ぶどうやお刺身があれば、なお良いなと思いました。


ディナーの様子

滞在中はホテルでの夕食は1回。

ホテル外の周辺店舗で夕食をいただきましたが、質と価格の両面でシェラトン圧勝でした。


滞在時は冬メニュー。

前菜とデザートはブッフェ、メインディッシュを複数のメニューからひとつ選ぶ形式でした。

前菜と言ってもメイン料理になるほどのお料理の数々。

かなりお腹いっぱいになります。


メインにはお肉料理と魚料理が用意されていましたが、私は「お魚のしゃぶしゃぶ」を選びました。


料金は大人4000円++ 子供(6-12歳)2300円++ 

幼児(3-5歳)1300円++ シニア(65歳以上)2800円++

++はサービス料と税


プラチナエリート以上は30%オフなので、お外で食べるより美味しくて満足なディナーとなりました。


シェラトン沖縄サンマリーナリゾート周辺の観光スポット

ホテル周辺にも観光スポットがあります。

沖縄の豊かな海を感じつつおいしい料理にも触れたい方は、ホテルを拠点に観光スポットに足を運んでみてはいかがでしょうか。

美ら海水族館

美ら海水族館は定番ですね。

ジンベイザメはいつ見ても立派でした。


チンアナゴさんも可愛らしいですよ。


あとは近くのイルカショーを観ました。

12月は空いていていいですね。

夏にも行ったことがありますが、暑過ぎてもう水族館へ辿り着くのも大変です。(ミニバスは利用すべし。)


沖縄こどもの国

こちらは沖縄市にある「沖縄こどもの国」です。

ワンダーミュージアムでは、粉雪に見せた泡が舞い上がるというとても幻想的なクリスマスイベントがあり、子供達は皆歓声を上げていました。


ここには動物園もあり、うさぎやモルモットに餌をあげる体験もできます。


沖縄そばの店「なかむらそば」

沖縄そばを食べないわけにはいきません。

初日のホテル到着前に行ったのは「なかむらそば」さん。

恩納村にあるお店です。


アーサそばは絶品でした!

ホテルでも沖縄そばを食べましたが、断然おいしいのは「なかむらそば」さんです。


次からはここで沖縄そばを食べることにします。


総評

12月の沖縄は暑くもなく寒くもなく快適です。

夜は少し冷えるので上着は必要。

東京で言うと10月中旬~下旬の洋服を持って行くとよいと思います。


2020年はgotoトラベルで混雑してると思います。

私が滞在したときには外国人(台湾とアメリカ軍の方)と日本人が半々で、修学旅行の団体さんもいたのですがそれでも空いていて快適そのものでした。


このホテルの遊び場の多さを考えると、特に子連れにとっては最高なのではないでしょうか。

プロジェクションマッピングとイルミネーションはカップル旅行にもオススメです。


ホテルのディナーは高くなりがちですが、こちらでは家族3人で1万円ほどで大変リーズナブル。

コンビニのような売店もあるのでホテル内でずっと過ごしても大丈夫です。


そしてリゾートに一番大切な眺望と海。

シェラトン沖縄マリーナリゾートからの眺望はとても美しく、心に響くものでした。

沈みゆく夕日の美しさも、広い海に暮れてゆく空も思い出深いものでした。

またあの美しい場所に、息子を連れて再訪したいと思います。