ホテルグランヴィア岡山滞在記【ジュニアスイート編】

旅行にまつわる話
この記事は約3分で読めます。

ホテルグランヴィア岡山は身近なホテル。

白く高いビルは四半世紀にわたって岡山の駅前を見守っています。


このホテルにはいろんなお部屋があるけれど、リニューアルフロア以外は少し古さが目立ってしまいます。それはスイートルームにも言えることです。


今回はリニューアルされていないホテルグランヴィア岡山のジュニアスイートに滞在。

古いけれど美しい造形が散りばめられたホテルグランヴィアをお楽しみください。


グランヴィアステイの始まり

車を地下駐車場に停めてロビーに上がったのは15時半ごろ。

平日のためでしょうか、人はまばらで思いのほか静かです。

久しぶりのチェックインにわたしの心は少し躍っていました。


今回のお部屋は最上階グランヴィアフロアにあるジュニアスイート。

グランヴィアフロアにはロイヤルスイート・エグゼクティブスイート・ジュニアスイートのほか、ツインやダブル・シングルのお部屋もあります。


エレベーターホールから右に進むと、廊下は途中でカーブ。

ホテルグランヴィア岡山は「くの字型」の建物で、各階のコーナー部分には「コーナーツイン」というお部屋が用意されています。

カーブの先、左手にはロイヤルスイートの荘厳な扉。


ジュニアスイートの扉はその先にある「普通の扉」です。


グランヴィアフロア・ジュニアスイート

荷物を運んでくれた案内係がお部屋の案内をしてくれます。

扉を開けると、また扉。しかも歳月の経過を感じさせる扉。

金色を使いがちなところもグランヴィアらしくてステキです。


扉を開けるとリビング。

オシャレな雰囲気が出ているけれど絶妙に使いにくい配置です。


大きなテレビのほかに、とくに何もないあたりがグランヴィアの潔さ。

ちゃんとグランヴィアマークのお水が2本。

コーヒーメーカーもあるので、何もないというのは言いすぎました。


ベッドはシモンズ製で寝心地は良好。

読書灯は真ん中からニョキっと生えています。


窓際のスタンドライトは良い色の光を返しています。


古いけれど美しい設えを楽しむ

都会の煌びやかなホテルと同じような「ジュニアスイート」をイメージすると、ここは期待外れでしょう。どうしてもここは設備の古さが否めないのです。


しかし、古いからダメなのではありません。

ホテルグランヴィア岡山の設えは、細かいところが美しいのです。


大理石や真鍮、ガラスをうまく用いた細工は主張することなく点在します。


ウエットエリアの磨き上げられた大理石とステンレス。

ふっくらと仕上げられたタオル。


ベッドに寝そべると、美しい造形が目に移ります。


金色の照明は内側に光を集めて天井に照り返します。

白々とした光が柔らかく落ちてくる様子は宇宙船のようであり、幾何学の楽しみです。


寝室に置かれた操作盤も、奥に潜む電話機も、古いけれど悪くないのです。

これらが最新鋭の物に置き換わるとしたら、少し悲しく感じるかもしれません。


わたしは美的な造形をいくつ発見できるだろうかと、楽しみながらお部屋を見ていました。

自然光の入り方も、飾られたアート作品も、お部屋の造形も、美しいと思えるものを見つけました。


ホテルステイの楽しみは美に触れること。

お部屋のようすを楽しんだあとは「美食」に触れることとなりますが。

それはまた次回といたしましょう。





【ご支援のお願い】

ご覧くださいましてありがとうございます。

「広告のない美しい記事」をお楽しみいただけたでしょうか。

わたしたちには広告収入がありません。その代わりに、「毎月300円の定期購読」によりライター報酬やブログ維持費等のご支援をお願いしています。


定期購読のお支払いにはSquareの安全な決済システムを採用しており、定期購読を解除する手続きも簡単です。

これからもサイトのコンテンツを通じて美的体験を共有していきたいと思います。

皆様のお力添えを心からお待ち申しあげております。



定期購読の手続きはこちら


この記事を書いた人

PLATINUM主宰
無理せずゆるく生きるのが幸せだと思っています。
なので、身の丈にあったお金の使い方を勧めています。
そして、ちょっと幸せになれるお得な情報も書いてます。
コメントやお問い合わせはtwitterのDMでお寄せください。
twitter ⇒ @platinum_2015

PLATINUMをフォローする
旅行にまつわる話
ジュノモンテ