【JRHM】ホテルグランヴィア岡山で遊ぶ【ランチと館内散策】

旅行に役立つ知識
この記事は約8分で読めます。

今年はホテルで遊ぶことにしました。

宿泊だけでなく普段使い的にホテルを利用するのです。

ホテルグランヴィア岡山は開業25周年を迎えた岡山駅直結のホテル。

優美な白いタイル張りの建物は岡山駅前のシンボルでもあります。

駅前の再整備にあわせて作られたホテルで、岡山の玄関口にふさわしい豪華な設えです。


ホテルグランヴィア岡山は駅直結で利便性が良好。

レストランや喫茶も充実しているほか、プールやタイ式マッサージに写真室など幅広い施設が充実しており、泊まる機能以外も有能なのです。


スポンサーリンク

ホテルグランヴィア岡山の玄関口

ホテルグランヴィア岡山の入り口は4つ。

正面玄関はホテルの西側。車寄せやパーキングがあります。この他にさんすて岡山からつながる2階の入り口、駅前広場に面した入り口、地下駐車場の入り口があります。


ちなみに正面玄関はこんな感じ。

ホテルグランヴィア岡山のサッシは金色。

華やかさが漂います。

タクシーも正面玄関で乗り降り。


駅前広場に面した入り口はこんな感じ。

やっぱり金色で華やか。


いまは25周年記念バージョンのラッピングが金色で追加されており、華やかさ増し増し。

入り口のひさしはわりと低いので、やや圧迫感がある。けど、嫌いではない。


ホテルグランヴィア岡山のロビー

わたしはたいてい地下駐車場、あるいは駅前広場側の入り口からホテルに入ります。

駅前広場側から入ると右手にチラッと25と書いたものが視界には入ってくる。

25周年記念の装飾がクルクル回っている。

さらに進むとロビーの全容が明らかに。


なんかの木が生えています。

この木に囲まれたところにソファを配置。

豪華な絨毯が敷かれていますが、もちろん土足OKです。


毛足が長く踏み心地がよい。

新幹線のグリーン車より豪華な絨毯。


ロビーの真ん中にはキレイなお花も生けてあります。

テーブルも大理石。

なかなかいい感じです。


ロビーの向こうにフロント。

いつもは賑やかなフロントも閑散。

大理石を惜しみなく使ったロビー、フロント周りは柔らかく光を返しています。

声もまばら。

小さな物音すら聞こえてしまう。

美しいロビーに足らないものは、かつての賑わいです。


スポンサーリンク

ホテルグランヴィア岡山でカジュアルなランチ

いつもはホテルの2階にある重慶飯店を利用しますが、今回は久々に最上階へ。

19階にはフランス料理、鉄板焼、メインバー、ダイニングバーがある。

この中で一番気楽に行けるのはダイニングバー。今回はそこでランチ。


ダイニング&バー アプローズ

エレベーターで19階に向かう。

エレベーターホールから右の奥へ進むとアプローズがある。

入り口で検温と消毒を済ませて店内へ進む。


ランチタイム終盤の13時過ぎとはいえ、広い店内は閑散としてほぼ貸切。

駅前のホテル最上階にあるレストランを貸切状態で利用できるなんて、最高の贅沢。


コロナのせいかランチメニューはかなり限定されており、カレーか肉料理のセットメニューのみ。

今回は複数人で訪れたのでどちらもオーダーしてみる。


岡山カレーセット

カレーのセット内容はオードブルとサラダ、カレー、デザート、コーヒーだけのシンプルな構成。

おかわり自由のソフトドリンクもついており、希望すればすぐに新しい飲み物を持って来てくれる。


なぜかライスにローリエが刺さっています。

さほど辛くないですが、香辛料が調合されたカレー。

大きめのお肉がゴロゴロ入ってボリューム感も良。

このカレーには付属品がある。


桃のなんとか。

甘いジャムのようなもので、好みでカレーに混ぜて食べる。

かなり甘みが強いので、全部入れなくても大丈夫。


肉盛りランチ

セット内容はオードブルとサラダ、肉三種のステーキ、ライス、コーヒーだけのシンプルな構成。

おかわり自由のソフトドリンクもついているが、デザートはない。


チキン、ポーク、ビーフが盛られた鉄板。

このメニューより1000円高いコースを選ぶと肉のおかわり自由となる。


付け合わせのポテトも美味。

カレーを頼んだ人にも気を遣ってポテトを一皿出してくれた。

ホテルグランヴィア岡山のスタッフ、優しさが伝わってくる。


岡山カレーセットのデザート

フルーツをのせたヨーグルトプリンの上に泡立てたワインをかけている。

横のほうにシャーベットもついている。


泡立てるのが大変らしく、「ちょっと待ってくださいね」と言っていたのが人間らしくてよい。

この日はわたしたちのためだけに苦労して泡立ててくれたのだから。


コーヒーはなんの変哲もない普通のものが出てくる。

しかしグランヴィア印のスティックシュガーが出てくるのでよい。


ロビーラウンジでのティータイム

ホテルグランヴィア岡山の1階には喫茶もある。

軽食で済ませたいときや、おやつタイムならこちらに行くのもよいのです。


ロビーラウンジ ルミエール

わたしはルミエールもお気に入り。

岡山駅前広場に面しているので解放感もありつつ静かに過ごすことができる。


装飾はアール・デコを取り入れつつ明るい色調でまとめられている。

ランプ類はわたしの好み。


ルミエールではいわゆる喫茶メニューが中心なので、コーヒーや紅茶を楽しみつつケーキや軽食をいただく感じ。

ルミエールではトアルコトラジャのコーヒー、ロンネフェルトの紅茶が提供されているので味は間違いないのです。


フレンチトースト

ルミエールではケーキやトーストのセットメニューがある。

昼下がりに小腹が空いた時は便利。

価格帯はだいたい1500円前後と良心的な印象。


わりとおすすめなのはフレンチトーストです。

フレンチトーストは大きなお皿に載せられて登場。

クリーム・ベリーソース・メープルシロップが付いているので好みの味を堪能。


紅茶はロンネフェルトのアールグレイ。

アールグレイだけでなく、アッサムなど数種類から選択できるのはうれしい点。

ロンネフェルトの紅茶は香りが芳しく、余韻も続くので好み。


ティーカップはノリタケ。

花柄と金彩の中に小さな緑色が効いている。

すべてのカトラリーにグランヴィアマークの刻印が施されているのも良。


スポンサーリンク

JRHMのレストラン特典

JRホテルメンバーズにはいくつか特典がある。

今回のようにレストランで食事するだけでも特典対象になるので地味に助かるのです。


ランチだと金額的に控えめですが、しっかりJRHMの恩恵を受けていきたいところ。

会計の際はJRホテルメンバーズの会員証を提示が必須。

ホテルグランヴィア岡山のレストランだとこんな感じで優遇されます。

  • 飲食代が10%割引
  • JRHMポイントが5%付与

税抜き・サービス料込みの価格に対して上記の割引とポイント付与が行われる。


ホテルグランヴィア岡山2階にある「重慶飯店」のみポイントが付与されないので注意。


グランヴィア岡山を散策して思うこと

ホテルグランヴィア岡山はレストランが揃っていて普段使いにも便利。

高島屋でお買い物してグランヴィアでお食事する流れがお気に入りです。

開業から25年経って古さもチラホラ見えるホテルだけど、スタッフもフレンドリーで優しい。


都会のホテルみたいにキラキラしたお料理は出ないけれど、普段からちょっと立ち寄るのにちょうどいい。

鉄板焼の備彩、和食の吉備膳、中華の重慶飯店、メインバーのリーダーズ。

どこも良心的な価格とほどよいサービスなのでオススメ。

あいにくグランヴィアのフレンチは未踏。

今度宿泊ついでに食べてみてもいいかなと。


帰りは2階に寄ってみた。

エレベーターホールから右手にいくとすばらしい作品を見学できるのです。

ちなみにエレベーターホールには備前焼の壺が飾ってあり岡山らしさをアピール。


藤原雄先生の備前焼で作られた巨大な作品「宴」は2階の奥からそっとロビーを見渡している。

ここはフロントの真上に位置する。


岡山は陰陽、東西、四国の交差点。

人や荷物が行き交う街。


岡山の玄関口に建つホテルグランヴィア岡山はまさに人々の集う場所。

このホテルがいつまでも喜びの場であるように願わずにはいられません。


作品を見て帰るとき、少しロビーを俯瞰した。

人が少ないロビーはやはり寂しげ。


開業25年の記念すべき1年がこんなに静かになるとは夢にも思わなかった。

街に賑わいが戻り多くの出会いが生まれ、再び「宴」が開かれる場所になることを願ってやまみません。