Hotel-Story 1 Single or Not ?

耽美文集
この記事は約2分で読めます。

朝食をすませ、チェックアウト前ベッドに横たわりながら過ごす一人の時間。

後ろでギィとガラスドアの開く音。

真っ白な脚をバスローブからのぞかせながらタオルで無造作に髪をくるみ、バニティからあらわれては猫のように僕の隣に転がりこむマリカ。

シャンハイタンのシャワージェルの香りが濡れた肌からほのかに漂い、その合図で1人の主観世界が2人の客観社会に切り替わる。


寝室という閉じられた僕の内面にマリカが侵入してくる。

冷たい部屋に温度とスケールが与えられ、僕自身の姿も彼女の瞳に確認できる。


「 ね、次の週末ペニンシュラにしない?」

「新しい水着買ったからあそこのプールで久しぶりに泳ぎたいな。日比谷公園見ながらアイスティー飲みたい。」


[客体としての他者]が部屋にいて、その目で認識できる。

東京の建築設計事務所に勤める僕は、月一のホテル巡りが趣味だった。

1人泊が僕にとってのホテルステイの常識だったが、ひょんなことからアルバイトのマリカとつきあうことになる。


「あ、この水着、ホテルの公式インスタに映ってる微妙な子と被っちゃってるわ! 萎えるわ。。。でも水着レンタルするの嫌だし。。。もう一着買っていい?あ、これこれ!可愛くない?どう?」


ボーイ・ミーツ・ガールは世界観の反転もしくは割礼のようなものか。

セックスだってそう、相手の存在を前提とした[客観視力]の必要な社会的行為かも。


「ねぇ、もうその辺で[思想]にふけるのはおわりにして、さっさとこの日比谷公園向きのスイート、ポチッって。あっ朝食はビュッフェじゃなく今度もインルームにしよ。あー楽しみ!」


一人のほうが日常から抜け出してより深く集中した世界に入り込めるのではないかと思ったりもする。


だけど最近の僕のなかでは、多少の雑音まじりでも2人で過ごすことがホテルステイのスタンダードになりつつある…。



【ご支援のお願い】

今日もPLATINUMをご覧くださいましてありがとうございます。

PLATINUMは「美しい体験を届けるメディア」をめざしています。

商品販売を目的とした記事よりも、本当に美しいと思える体験や有益な情報を届けるための文章を書きたいと考えています。

PLATINUMは今後広告収入に頼らない運営に移行します。それに伴い「定期購読」の仕組みを利用して毎月300円のご支援をいただける方を募集することにしました。

PLATINUMの記事は書店の雑誌と同じように定期購読者でなくても読むことができます。それは読んだ方がPLATINUMを応援したいと感じたとき、定期購読という仕組みを使って毎月300円の支援を開始していただければよいと考えているからです。

定期購読のお支払いにはSquareのシンプルで安全な決済システムを採用しております。もちろん、定期購読解除の手続きも簡単におこなえます。

どうぞご安心ください。

趣旨にご賛同くださる紳士淑女の皆様のお力添えを心からお待ち申しあげております。



PLATINUMを【定期購読】

1か月300円


この記事を書いた人

Nori : さすらいの一級建築士兼ホテル案内人。2週に一度はホテルの空気を吸わないとメンタルバランスを崩すほどのホテル好きです。
なお、共著となるCocoはシャネラーとよく間違われますがエルメス推しです。

耽美文集
PLATINUM